真空管への誘い

キタサンの周りには真空管使用者、愛好家は多い。オーディオという趣味の嗜好性からいうと真空管はとても興味深いものがあるように思う。

以前このブログでも書いたがオーディオを知って約11年 最後試してみたいのがこの真空管である。一昨年パワーアンプを連続して修理に出し音楽が聴けない状況になった時 たまらずこの真空管アンプを修理が出来上がるまでの代用として購入した 自作の2~3万の中華製アンプだが今も布団部屋のアンプとして活躍?している。

この真空管アンプ キタサンが持っているような2~3万の低価格のものから云十万、云百万と価格差は大きい これは石のアンプでも言える事だが高ければ高いほど音がいいとは限らないようだ 真空管の音は石のアンプと比べ柔かいと言われているがそれは物によっても違うしむしろ透明感などは真空管アンプの方が際立っているものも沢山存在する。オーディオでもデジタル機器が多くなり そのハードで冷たい雰囲気から真空管のほのぼのする灯に癒しを求めるなど単純に音だけで選ぶのではなくその雰囲気、たたずまいなど別の要素で真空管を求める人もそれなりに多いように感じる。

そこでキタサンの場合 マニアではないので雰囲気重視! 音は良く分からない そもそもオーディオに正確さを求めていないので余り神経質に考えない。
アマトールを導入してから更にいい加減さが増したようだ…。QUAD44+405でもアマトールの音色に支配される それならば真空管であればどうなるのか試してみたい衝動に駆られた 布団部屋での中華真空管アンプではちょっと役不足の感あり さりとてオクターブや国内ではエアタイト クラスの高級真空管アンプはちょっと手が出ない それならばSPと同じイタリア製のアンプ ユニゾンリサーチではどうか? 色々調べてみたがそこそこの価格の物もあるようで そうして選んだのがこちら

b0323858_21383425.jpg
1995年発 シンプリーフォー 木目がやや黄色見がかっている後期型 販売店に聞くとトランス部分カバーの塗装が前期型だと熱で溶けてしまうとの事?後期型はその辺を改良しているのだそうだ 中古で所々擦り傷があるがまぁまぁ美品で状態も良いとの事 カバーがついていない分安くなっている 更に年度末セールで特価価格でお買い得品でもあった。

キタサン部屋の狭い環境でこれをどう使うか余り考えないで購入…基本はCDプレーヤーに接続して使おうと検討中 スピーカー間に置いてCDプレーヤーで再生か? そうなるとアナログは?QUADのアンプは?色々問題もある…結論から言うと音がどうこういう前に収納、スペースの問題 本来はもっとシンプルな機器類で構成すべき 例えばこのシンプリーフォーのようにセパレートではなくプリメインアンプを使うとかアナログ機器もモノ、ステレオそれぞれ専用にプレーヤーを用意したりとか場所を余り考えないで揃えたものだからいったん整理するべきであろう。

専用部屋ではない普通の生活の場 ここでご飯を食べたり本を読んだり…物がごちゃごちゃあっても仕方がない。
広い部屋のあるところに引っ越すつもりもないので無くすものを見つけなくては ただし真空管が本当に自分に合っているのかまだ分からない しばらくは聴いてそれからである。もし自分に合っているとしたらその時は諦めなければいけない事も出てくる…そう人生はトレードオフの関係なのである。

[PR]
# by kurama66644 | 2018-04-03 21:44 | オーディオ | Comments(6)

空気清浄器

花粉症の季節である。自分の子供の頃 花粉症なんて言葉もなかったが高校時代春先になると目が痛く鼻水が出て止まらない症状になった 周りにはそのような症状の人はいなく熱も特になかったので病院にも行かないでいた。酷い時には鼻水でティッシュが1箱1日で消費するほどであった 田舎が北海道の山奥だったので自然の中の草木のアレルギーだったのではないかと思う 上京して都会の空気を吸うようになり?その症状は無くなった…それでも数年に1回ぐらいの割合で5月頃連休が過ぎ つつじが咲くころになるとくしゃみと鼻水、そして目がかゆくなる時がある。スギ花粉ではなくブタクサ?かつつじに対するアレルギー、花粉症なのかいまだによく分からない。

今住んでいる部屋は日当たりが良くやたら乾燥するので加湿器をつけているが水が悪いせいか臭いが鼻につく 香りのエッセンスを数滴垂らして加湿しているが余り効果が無い 季節も春になり加湿器も必要なくなりつつあるが巷で評判の?空気清浄器とやらを購入してみた。人工的に空気をきれいにするなんて世の中も変わってきたと思いつつ何となくの衝動買いである(-_-;)

買ったのはシャープ製 プラズマクラスター搭載のスタンダード型 加湿器兼空気清浄器もあったが手入れが大変そうだったのでシンプルにこちらのものにした。
b0323858_07394418.jpg
最初は布団部屋に置いて試してみたがちょっとプラスティック臭さがあり部屋の空気は澄んできた感じはしたが こんなものか?という感想。
別に悪い製品ではないし価格からしてもっと高級品もあるが機能的にさほど変わらないようでお得感はあるように思った。空気が綺麗だというインジケーターがあり見た目も悪くないので善しとしよう 静音性もそれほど悪くない結構静かでじゃまにならない それよりも同じくシャープ製の冷蔵庫がもう17,8年経つからそちらの方のモーター音がうるさくてしょうがない(笑) 冷蔵庫が置いてあるところと音楽を聴く部屋がつながっているのでもろに聞こえる… クラッシックを聴かれる方の部屋でエアコンの音がじゃまになるので消して聴く方もおられるみたいだが うちなんかは騒音の塊でそういう方にはとても音楽を聴かせる環境ではないなぁ~ ルームチューニングや機器類の胆がノイズの除去と静音性とやたら騒いでいるが自分はそれほど拘らないのでとても静かな環境だと却って緊張して音楽が入ってこない。

[PR]
# by kurama66644 | 2018-04-01 07:44 | Comments(0)

MJQ

MJQのメンバーはもういない ドラムのコニー・ケイが94年に亡くなった時 事実上MJQは解散した。それまでも解散と結成を繰り返していたがメンバーがいなくなりそれも不可能になった。コニー・ケイが亡くなってからメンバーの一人であるヴァイブのミルト・ジャクソンはカルテットで来日し その演奏を聴きに行った。
演奏が終わってメンバーが引き揚げ たまたま自分も帰り際にミルトと会う事が出来思わず「ナイス タッチ」と声をかけると「ドウモ アリガトウ」と片言の日本語で返してくれた そうして握手をしてもらったのはよい思い出である。ミルトが亡くなったのは99年 最後の演奏を聴いてからだからもう20年以上経つ…

自分の年代、世代がモダンジャズの巨匠、ベテラン、レジェンドなど色々呼ばれ方はあるが直接演奏を聴く事が出来た最後の世代かと思う。80~90年代終わりまで彼らはまだ活動していた もちろん全盛期は過ぎていたがその円熟した演奏は健在であった 自分の家にはオーディオ装置が無かったのでそれならば直接聴いたほうがいいという事で聴きに行くことを主体としていたので本当にラッキーであったと思っている。

MJQの話に戻すがもうひとつのMJQも2回ほど聴いた事がある。それはマンハッタン ジャズ クィンテット そうアルファベットでは同じMJQである。
デビッド・マシューズを中心とした凄腕の5人組である。  今でこそ大ベテランの域でそれこそレジェンドと呼ばれているようだが その結成した当時は まがいもののジャズと自分の中では思っていた。スタジオミュージシャン上がりの演奏とちょっと馬鹿にして聴いていた節がある 綺麗で正確な音、暗さは少ない いやに気取ったジャズだと思っていたが 先日ユーミンのひこうき雲のアルバムとともにこのMJQの84年アルバムを何気に購入した 当時2800円、今売価が500円! 普通の中古だとこういう価格になる これが正当な感覚 それなのに云万円も半世紀前のオリジナル等はしてしまうのは本当に馬鹿げていると改めて思う。
b0323858_09061064.jpg
500円の中古のオリジナル しかしアマトールで聴くそれはとても素晴らしい音楽で感激してしまった。スタンダードのバップ曲はいささかチープな感じで深みはないが幻想の音楽として捉えると感慨深いものがある。確かこの年のスィングジャーナル金賞を取った作品でもあるので納得である ただ不思議な事にモダンジャズカルテット(旧MJQ)での生演奏とレコードではかなり違いがあるのにこの新MJQ(マンハッタン ジャズ クィンテット)では生とレコードの演奏にさほど違いはない。

録音技術が発達したのかそのエンジニアの感性が変わったのか それとも機材のせいかリアルに近いものは多くなってきた。今後益々その傾向は続くであろう 実を言うとその事が良い事であるのかちょっと分からない…なんというか達成感の違い 何でも簡単に手に入りお手軽に出来ると逆にしっぺ返しを食らい大切なものを見落としてしまうような気がしている。

[PR]
# by kurama66644 | 2018-03-31 09:42 | ジャズ | Comments(0)

内向きにする

スピーカーの振り角度を意識するなんてオーディオを始めた当初ぐらいであった。一昨年対向法なるスピーカー同士向い合せにするセッティングした時を除けば稀である。

スピーカーの位置は重要というセオリーでいけばこの振り角度も重要であるがキタサン部屋の様な間口の狭い所で細かい事を考えてもしょうがないと無頓着であった。

きっかけはやはりエレクタ・アマトール導入である。Minimaを置いてあった場所、振り角度のまま聴いていたが確かソナスの初期作品は視聴位置手前1mぐらい前に音の焦点が交差するような角度で置くと弦楽器の音が甘美に聴こえる云々と聞いた事がある。それまでスピーカーの角度は平行より若干内向きにするぐらいでかなり適当であった。
それを今回かなり内向きに変えてみた ハッキリ言うと内向きでも外向きでも「音楽」が聴こえてくれば善しで音は二の次である ただここはバイオリンの音、音色を意識して聴いてみたい きわめてオーディオ的アプローチである。 冒頭にも書いたがこの角度を変える試みはオーディオを始めた頃は結構行っていた 結局自分の駄耳ではよく分からなかったし特定の楽器の音のみ集中して聴くなんてことはそもそも無かった。

オフ会などでクラッシックはよくかかり聴いていたが皆とても美しく鳴らす…家じゃこんなきれいに鳴らせない というかバイオリンやチェロの鳴りに余り興味が無かったので意識しなかっただけかも? ともかくバイオリンの音源をいくつか聴いてみた。
b0323858_08093909.jpg
中には関係ないアルバムもあるが…ギターの音色も同じ弦楽器だし。

ソナスのSPの音色は柔かいとよくいうがこのアマトールは結構硬質な音色がする。アマトールだけではなくMinimaもそうだがソナスの初期作品は硬質でありクレモナ以降の中期作品以降が柔らかくなってきた。それにしても濃い音だ!アンプが真空管ではないがとても豊かな音の粒のようである そしてなにより美しい。
特にムターのバイオリンの音は麻薬的に感じる とても危険である(笑)

ところで内向きの話はどうなったの? もう内向きでも外向きでも関係なし!そういうオーディオ的試みはこの音色を聴くと全く無意味に感じる。



[PR]
# by kurama66644 | 2018-03-28 08:51 | クラッシック | Comments(2)

寝釈迦の音楽

キタサンは布団部屋では床で寝ころがりながら音楽を聴く

この布団部屋は音響的に余り好ましくなくオーディオ機器は置いているがそれまで余り音楽は聴かないでいた。
今年に入り使用頻度が低いオーディオ機器類を寄せ集めデスクトップオーディオなるものを始め そして最近ではエレクター・アマトールのスピーカー、QUADのCDプレーヤー等購入するなどオーディオ環境に変化が起きている。

オーディオを知ってちょうど11年目だが一昨年のQUADのアンプとソナスのMinimaに機器類を変えた辺りからこの趣味に対する自分のスタンスが分かったような気がする。
学生時代からラジオやラジカセ、ミニコンポで音楽は寝転んで聴いていた…その時は音ではなく音楽が聴こえていたと思う。オーディオを知ってからは装置を気に掛けるようになり部屋を気にする 出てくる音がどんな響きであるか気にする…特にオフ会を行うようになってから周りの影響が大きくなったようだ。(オフ会そのものは別に悪くはない)その影響を断ち切ったのが引っ越してきたこの布団部屋であり装置ではQUADのアンプやMinimaなど今まででは購入するなど思いもつかなかった機器類である。

以前オフ会で訪問したお宅でメインで使用しているオーディオより4畳半の広さで聴くミニコンポ?(スピーカーは小型でも10万位はする優れ物だったが)の方が自分には合っていて心に触れる音楽を鳴らしていると感じた事がある そこでも他人の家ながら失礼にも寝転がって聴いてしまった(笑)
装置も視聴環境もセッティング等も複雑にすればするほど(凝れば凝るほど)難しくなってくる。 それではシンプルイズベストなのだろうか? オーディオの趣味に関してはその複雑なパズルをひも解くその過程と結果が面白いのだと思う 現にそういう方は周りに沢山いる とても楽しそうだ。そこに音楽はあるのかどうかは又別の話 個人的には音楽があっても無くても構わないと思っている 自分は音楽を聴くのに複雑な思考を持ちたくないし高額な機器や作られた部屋も必要ない ただ複雑なパズルをひも解き日々悩みながら格闘しているオーディオファンの方をみるとそれだけでもオーディオの趣味は成り立つし心の充足はあると思っている。

アマトールを導入してMinimaはその傍らに置き時々交換して聴いている そしてMinima専用台として作ったスピーカースタンドを布団部屋に持って行きBONSAIスピーカーをそこに設置スタンド自体背が低くBONSAIスピーカーも小さいのでちょうど寝転んで聴くのに適度な高さだ。
安い真空管アンプと壊れかけたCDプレーヤー、昔のオートチェンジャーアナログプレーヤーでフルレンジ10cmのスピーカーを鳴らす
ゴロンと横になり右手で頭を支え寝ながら聴く姿は寝釈迦に似てなくもないが(-_-;)自分が音楽を聴く原風景でもある。そういえば足裏がムズムズしてきた…寝釈迦の足裏に描かれている宇宙観の文様がうずいたか?と思いきや単なる水虫であった…
b0323858_08143716.jpg


[PR]
# by kurama66644 | 2018-03-25 08:20 | Comments(2)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧