ジャズ喫茶の徒花

キタサンがジャズ喫茶に通っていたのが80年代からなので生粋のジャズ喫茶通いの団塊の世代からは若干遅めのスタートになる。
そもそもジャズに興味が無く歌謡曲の方が好みであったのがベースをやっていた友人から誘われジャズの味を知ることになる。最初は誘われてもいやいや付き合っていたが自分から行くようになったのが80年代終り頃でジャズ喫茶もだいぶ廃れた頃であった。

この頃はもうジャズ喫茶なんて流行っていなくジャズもひと昔のジャズではなくなっていた。今更ジャズ喫茶なんて商売としてもやっていけないのは明白な時であった それでもジャズ喫茶は時々通っていたがそれより生演奏のライブの方が面白かった。そうまだモダンジャズを築いた国内外の巨匠達が生きていたからそちらの方に行くことが多かったのである。

2000年を過ぎた頃 ジャズ喫茶は益々減っていた…モダンジャズの基礎を築いた人達も鬼籍に入り自分も演奏を聴きに行く機会も減ってきた そういう中2007年 新百合ヶ丘に近い場所でジャズ喫茶「LOST AND FOUND 」がオープンした。店主が女性ということも話題になった キタサンが気になったのはこの店名で いわゆる空港や駅にある忘れ物預かり所なる意味でもあるが 好きなテナーサックス奏者のクリフォード・ジョーダンもこれと同じタイトルの曲を作っている事と この女性店主が「忘れかけた物事を思い起こしてみませんか?」という思いで好きなオーディオとジャズを聴くお店を脱サラ?してまで作ったという意気に感ずるところが見えたからである。

ジャズ喫茶は長く通っていたとはいえオーディオの事は相変わらず疎く ようやくこの頃から自宅にオーディオ機器が揃うようになった。自宅からは結構遠いところであったがオープンしてからようやく1年後位にお伺いしたが最寄りの駅から歩いて20~30分ぐらいあり交通の便でも不便な場所にあった。これは家賃の問題もあり経費を抑えているので仕方がないとも思いつつ ようやく着いて中に入ると大きなホーンスピーカーがあり機材は詳しくわからないが(結構高額機器類だと思う)カリモクの黒い椅子が印象的でジャズ喫茶に似合わない?とても座り心地が良かったのを覚えている。珈琲にチョコレートがついてきたのも普通のジャズ喫茶にはないサービスで色々考えているのだろうなぁと素直な感想。ただし交通の便が悪い事や珈琲の値段もそれほど高くなかったようなので採算割れするのでは?とちょっと不安になった…。 二人ぐらい先客がおり一人は女性店主と軽く話していた もう一人は目をつむりじっくりジャズを聴いていたようだ。キタサンも余り店内をジロジロみるのも悪いと思い かかっている曲を黙って聴いていた。実はその時かかっていた曲というかアルバムは聴いたことがないようなものばかりで この女性店主 かなりマニアックな人で収集家なのかとも思ったが気軽に話しかけられる雰囲気でもなかったのでその辺りの事は聞かず1時間ぐらい滞在し帰りはバスで駅まで行った。

その後このジャズ喫茶には一度も行っていないがインターネット上でこの喫茶店の悪口が結構聞かれるようになった。おそらく叩くのは古株のジャズファンやジャズ喫茶ファンないしは関係者、オーディオ関係者ではないのかと想像する。女性店主も独自のオーディオに対する考え、ジャズに対する思いがあるのだろうが周りがあーでもないこーでもないと要らぬお節介をやく それに対してスルーすればよいのに女性店主も反論する そうして今でいう炎上という構図になっていたような気がする。 オーディオの事はその当時全然分からなかったので(今でも対して分からないが)そのジャズ喫茶の音が良いのか悪いのかも判断出来なかったがとても居心地が良かったのは確かであった かかっていた曲は決してBGM的なノリのものではなくハードっぽいのもあり個人的には好みでもあった。 それから3年後閉店のお知らせをお店のホームページで見た。せっかく好きなジャズとオーディオに囲まれ商売できたのに第三者が色々と意見(難癖も含まれる)を言って苦悩する日が続いていたのだろう 今はおそらく個人的な趣味として平穏に過ごされていると思う 徒花ではなく季節の美しい花に囲まれながら…。

b0323858_09110174.jpg
本文のジャズ喫茶とは何の関係もないジョージ・セルのチャイコフスキー クリーヴランド管弦楽団による演奏である。この演奏の雲行き感が何となくジャズ喫茶「LOST AND FOUND 」に初めて行った日に近かったので久しぶりに聴いてみたのだが やはり重苦しかった(;'∀')
 
[PR]
# by kurama66644 | 2018-05-04 09:30 | ジャズ | Comments(0)

商業と芸術

アマトールを導入してから2ヵ月が経つ とても芸術的な作品(スピーカー)だと感じている。芸術的だから高尚だとか素晴らしいというわけではない(素晴らしいものもあるが…)利己的で独善的なスピーカーだと感ずる。このスピーカーが輸入されたのは88年 当時評論家や購入した人からは日本には今までないスピーカーであり素晴らしいと称賛されることが多かったと聞く。
ただ中にはこのスピーカーのどこが良いのか?と疑問に思う人も少数だがいたようだ この疑問に思った少数派の人の感覚は正しいと思う。

元の音源を正しくきれいにかつ素直に再現するのが本来のスピーカーの役目である。録音製作技術が発展していく中 よりリアルに正しく再現して多くの人がその音楽に感動するのが音響機器を製作する人の正しいあり方であるはず それは今でも変わらない。それをこのスピーカーの製作者フランコ・セルブリンは楽器を想定し自己の考えるスピーカー像を描き心血を注いだ その結集が初代アマトールであると思う。 商業主義を排して測定機に頼らず自分の耳で音を聴き こういう音を出すものが自分の理想と考えて作っていったのだと思う 測定機に頼らず自分の耳で聴き善しとしたものを製品化するのはこの当時のソナスの製品では多い 初代Minimaしかりガルネリ・オマージュ、エクストリーマもそうだ しかし残念ながら視聴者の事を考え音楽をよりよく楽しくするというコンセプトが根底にあるものは芸術品と呼ぶのにふさわしくないと個人的には考える。それは商業製品であり芸術作品ではない 芸術作品は多くからは受け入れがたいと思われる要素が高い それはあくまでも作者の思う作品であり他の人の事は考えていない まさに独善的であり孤高の存在である。

アマトールの第一印象は音色が暗い事だ、そして外観の不格好さであると感じた。今まで使っていたMinimaも作者は同じフランコ・セルブリンだがカラッとした明るい音で元気よく鳴ってくれる、筐体は天然木で質感が柔らかであり小型ながら見た目もスッキリしてバッフル面も本革を使っている。 スピーカー然としていながら部屋に置いても調度品としてもシックリくる キタサンのところは普通に生活する部屋なのでこのMinimaはとても調和しており気に入っている。

ちょっとアマトールを貶し過ぎてしまったが それならばMinimaを使えば済むのではと思われるであろう。ところがそうはいかない…前にも書いたがアマトールを聴いた時から心の中が空っぽになってしまった 音や音楽の事を余り考えなくなってしまったのである 楽しいとか楽しくないとか関係なく部屋の中で空気の波が揺らぐ感覚であり それがアマトールの音であり表現である Minimaだと音楽を意識する そしてオーディオも少しは意識する アマトールはあれほど元の音を追及したアナログオリジナルでもCDの音でも変わらなく聴こえる 実際は違うのだが そんな事はどうでもよくなる。

利己的な作品に虜にされるとそこから抜け出すのは困難である。「部屋のどこかしら音楽が流れてくる」そういう表現をすると普通はスピーカーの存在が無くなり消えるという しかしアマトールはしっかりその存在を部屋の中で誇示している おそらくいつの日かこのスピーカーを自分で壊す日が来るような気がする(手放したり、売るのではなく)その時がキタサンにとってオーディオの終着点かと思う とても怖いスピーカーである…。

b0323858_09241916.jpg
b0323858_09240995.jpg
アマトールとMinima

[PR]
# by kurama66644 | 2018-05-03 09:31 | Comments(0)

ニアフィールドリスニング

昔のオーディオ雑誌にオーディオ評論家で音楽家の和田博已さんが「ニアフィールドリスニングの快楽」という記事を書いているのを見つけた。
この雑誌の発売時期を見ると2008年だから自分がオーディオを知って1年目位の時で夢中になっていた時期でもある。まだオフ会等は行っていない時期でオーディオ店や視聴会、イベントなどに参加し 高価な機器類を羨望していたのを思い出す。機器だけではなく聴く場所も広くなきゃとかケーブルも高いのはどんな音がするのだとか日々妄想していた(;'∀') あくまでも一人でコツコツ行っていたので妄想するだけでお金が増えるわけでも使えるわけでもない それなりのペースで行っていた。ただせっかちな性格な事もあり色々試したいと思い 買える範囲で機器類も買い替えていた それを私のオーディオの師匠が買い替えは早すぎるとたしなめてくれた 確かにペースは速かったので言わんとすることは分かるがその当時は好奇心旺盛だったのでその忠告も余り聞かず短期間で色々試していたことを思い出す。前回のブログにも書いたがちょうどそれからほどなくして会社が無くなったので散財も出来なくなった…まぁ金の切れ目が縁の切れ目でちょうどよかったのかもしれないがオーディオ機器はそのままだったので今のオーディオスタイルがあるのかもしれない。その時に色々試したことが今は余りやらないがオフ会などでオーディオのベテランや猛者が沢山いる中 その会話でオーディオ的な話に何とかついていける下地にもなっていたので場をしらけさせないで済んでいるのかもしれないと思っていた。

話は脱線してしまったが和田さんがいうニアフィールドとは正確に何m以内とか正しい数字があるわけではない、和田さん自体は1.8m位の位置で聴いているようだが本人曰く 日本の一般オーディオファイルもそれに近いか若干遠い位 だそうだ。確かにキタサンも今の視聴距離は2.3m 以前の10帖位の部屋でも2.5mぐらいであった。
あーっ自分も結構普通なのかと思って記事を読んでいると 今度はスピーカー間隔の事も付して書かれていた ニアフィールドでもスピーカー間は2mぐらいはあった方が好みであり狭いと奏者がその中で窮屈に演奏しているようで申し訳ないとの事…実際大きなスピーカーを所有されているので2.15mぐらいの間隔で聴かれているらしい。

キタサンは以前の部屋では1.7mぐらい間隔を開けていたが現在は1.4mである(-_-;) これは部屋の使い勝手、広さ、構造上MAXの位置で変えようがない。横配置という手もありそのために試したのが対向法という向かい合わせにする特殊な配置で部屋の横使いで聴いていたこともあるが見た目上変な感じでもあった(笑)

一般的にサウンドステージを再現するのがオーディオの醍醐味のようなものであるから部屋の広さに関係なくたとえ箱庭的にもそのステージが出現できれば面白いと思うのだが 今は音が立体的に出るとか奏者がそこにいるようだとかその辺りは余り興味が無くなったのでどうでもよいように思っている。それより奏者の情念が聴き取れる音色の方に興味が湧く アマトールを導入してから意識はそちらの方にいくようになった。

作曲者の思いを奏者が解釈し演奏する 本来はその場限りだったものが録音という技術で不特定多数の人々に伝わる それを再生する機器類を作った人にも思いや情熱がある。最終的には聴いているリスナーが判断し色々な思いを持つわけだが部屋というのはその副次的なもので本来それほど意味を持たない オーディオは部屋の音でそれがとても影響を与えるというが確かにその通りだと思うし このブログの前のタイトルが「部屋の音とレコードの音」というぐらいで部屋について意識はしていた。
それはあくまでも音の話で奏者や機器製作者の情念の話とは違うところにあると思っている。(部屋そのものについては否定していない)

「キタサン 部屋はオーディオ(音楽)には余り関係がないよ」と言ってくれたベテランオーディオファイルの言葉を今実感している。

b0323858_12300627.jpg
最近よく聴くヘイリー・ロレンのアルバム 私的には青い影が好みである。ちなみにニアフィールドでは聴いていない 隣の部屋でその音色を聴いている そのため音像や定位など意識しないで済む。

[PR]
# by kurama66644 | 2018-04-29 13:02 | オーディオ | Comments(0)

オーディオの終着点

果てしなき道で死ぬまで到達出来ないと あるベテランオーディオファイルから聞かされた事がある。山も頂上が到達点だとすると自分はまだ4~5合目位だよと何十年もオーディオに関わっている方からも言われた事がある。

オーディオを知ってから10年経つが死ぬまで到達できるのかなんて全然分からないし 自分が山の頂上を目指しているわけでもないのでどれぐらいの位置にいるのかも分からない。ただ到達出来ないのは何かしら目的、目標が合ってその基準に達していないからそう感じるのだと思う  そして比較する何かしらの音?装置?環境?など体験してそれに比べてどうこう考えているからではないかと思っている。

実はオーディオはもう止めようかと思っている(;'∀') 別にオーディオ機器を無くすとか音楽は聴かないというわけではない…

今年に入り布団部屋のデスクトップオーディオに始まりアマトール、真空管アンプ、CDプレーヤー導入そしてアナログ(特にオリジナル)収集の終息、モノラル再生の停止などオーディオに関わる色々な変化があった。特にアマトールの音を聴いてから心の中が空っぽになってしまった… 理想の音 優れた音、バランスの取れた音などの優秀な音では決してない それどころか今まで聴いてきたそして自分の奏でていた音からするとアンバランスな音のような気がする 結論からしてもう弄りたくないし あれこれ変化を楽しむという感覚も薄れてきた。セッティングやアクセサリー、アナログならカートリッジを変えてどうこうとか殆どする気になれない…。
これは音がヘンテコリン?になりイヤな感じの音しかでないから もう面倒くさいとかそういう事ではない オーディオ機器を含み そこから奏でる音が生活空間の一部になってしまったからなのかもしれない 何かしら求めているとその行為は達成されるまで続く 趣味とはそういう側面があり下手にのめり込むと大変な目にあうこともしばしば…それが楽しいという人もいるのかもしれないが家電や調度品を始終弄る人はそう多くない 適度な手入れをするぐらいが普通であろう 過剰なぐらい日々あれやこれや弄るのはそこに思い入れがあるからなのかもしれないが普通ではない (それが悪い事では決してない) 愛情と執着心は表裏一体でもある。

最近は真空管アンプとCDプレーヤーの組み合わせでアマトールを鳴らす事が多い、時折QUADアンプにつなぎ直しアナログを聴く 部屋の中のどこかしら空間を割いて濃厚な音で音楽が聴こえてきている 気づくとジャズだけではなくクラッシックやPOPSをかけている。

山の頂上を目指すのではない 道なき道を歩き続けるのでもない 普通にそこにある道を歩く  その道が起伏があり上り下りがあるかもしれないし平坦な道かもしれない それでも普通に歩く 山に登るような重装備の必要もない 雨や風がある時に少し備えておくだけで十分。
所詮趣味なのである。人生の大事な時、危機の時に趣味なんて余裕は生まれない 50歳を目前としたところで会社が無くなり社会に放り出された その時はまだオーディオを始めて間もない頃であったがオーディオ機器は売却することなく音楽を聴いていた。高い機器類ではなかった、それでも売れば生活の足しになっていたと思うが何故か売らないでそのまま音楽を聴いていた その時も生活空間の一部として音を音楽を聴いていたのだと思う 人生の危機なのに平常心を保たせてくれた それはごく普通の音であったように記憶する。

3年後に社会にようやく復帰し人並みの生活が徐々にできるようになった。この歳である程度まともに?社会復帰できたのは運が良かったとしかいいようがない オーディオ機器はそのままであったので今度は「趣味」としてオーディオを弄るようになった。
オーディオコミュの参加もそれに拍車をかけた 立派なオーディオ装置、豪華な部屋、専用部屋など驚く事ばかり 自分とは世界が違うと感じる それは今現在でもそう感じている。それは趣味としてとらえると納得出来る 経済的余裕からくるヒエラルキーや自己主張、自慢などどうしても存在する しかしそれなりの立派な意見をいわれても何百万もする機器類を所有していたり ちゃんと住むところもあるのなら自分には何も説得力は感じない。もちろんそこまでいくには目に見えない努力と情熱、才能があってのこと お見それしましたと言うしかない。

アマトールから空間を割いて不思議な音が聴こえる 近くの古くなった冷蔵庫のヴーンッという唸る音とちょうどユニゾンで生活空間を奏でる 最近では導入した空気清浄機のfanの音も音楽と共に鳴る 音を追及するのならノイズはご法度であるが生活空間にはノイズがあるのは当たり前 生活音と音楽が同居しているのだ これって普通だよな~(というかそういう環境で長年聴いてきたので…)
ユニゾンリサーチの真空管アンプのハム音が気になる こちらの手入れ修理から始めようか お金がかかりそうだ…QUADアンプの方が音楽聴かせてくれるから元通りそちら1本で聴こうか 真空管アンプの濃い音も魅力的だし…これだから趣味は煩悩が巡る 困ったもんだ「趣味としての」オーディオは自分の中では終着点を迎えた感じが一瞬したが 中々達観するにはまだまだ先の話のようである。  

b0323858_12331764.jpg
布団部屋のCDプレーヤーが完全にオシャカになった… 今はDualのプレーヤーでBONSAIスピーカーをドライブ CDプレーヤーの方がやはり楽である。


[PR]
# by kurama66644 | 2018-04-27 11:12 | オーディオ | Comments(5)

ジャズ床屋再び

昨年10月オーディオコミュのMさんからの誘いでお伺いした都内「ジャズ床屋」 半年ぶりでおじゃました。今回もそうだが髪を切りにいったわけではない…そう夜のオフ会なのである 昼間はお客さんがきているので終わってからのオーディオオフ会で店主には疲れているところ申し訳ない気分である。

今回の誘いは今年の初めくらいからあったのだがキタサンの都合で延期になりようやく実現できた次第である 更にはあのじゃじゃ馬の4343をジャンルを問わず自然に鳴らせるよう店主の嗜好を考え調整アドバイスした店主のオーディオ師匠が同席されるというのでかなり緊張してしまった(;'∀')

前回は駅の近くなのに迷ってしまったので今回は早めに到着 当然ながらまだお仕事中…待合室で座り待機していた ほどなくして最後のお客様も帰り師匠のAさんが到着ごあいさつした。店主から厳しい人とうわさを聞いていたが柔和な感じでとても話しやすい方であった そして一本筋が通っている厳しさも伏せ持っている そう梅澤富美男のようなオーラーが漂っていた。

師匠は私と同世代で同じ時代の空気を吸っていたこともあり話は弾んだ 更にこのブログも短期間で熟読?されていたこともありこちらの言わんとしている事もなんとなく分かってくれたようである 過去に書いた記事などもしっかりと読んでいただいて恥ずかしいやら そういえばそんなことも書いたっけな?と書いた当時を思い起こしたりで懐かしい気分にもなってしまった。

若いころからオーディオを行っている大ベテランで色々な機械をとっかえひっかえされ試行錯誤しながら現在に至る SNSがなかった時代からだから自分で試すしかない 今のようにネットで検索なんてお手軽なことはできなかったのでベテランの人やオーディオ店の方に聞いたり最後は自分の感性で決めるという その時代では当たり前の事をシッカリ行ってきた。師匠曰く「ここ2~3年でようやく音楽が楽しく聴けるようになってきた」色々自分で試した結果として素直にその結論に行き着く事は誰でもできる事ではないと思う。オーディオは科学であり物理でもある それと音楽が融合したものが自分の感性に合うのかどうか試される趣味でもある キタサンが足りないのはその物理であり科学である事実をおざなりにして感性だけで進めていっている事なのではと今回改めて考えてしまった。(※そのことに関しては自分なりに結論がでたので又 別の機会に書こうと思う)

肝心のオーディオオフ会の方だが壮観なJBL4343から奏でる音はJBLらしくない?とても素直な音であった これは明らかに店主の好みの音に作ってある 前回来た時よりさらにジャンルを問わず鳴らせるように調整されたような気がする。仕事がら色々なお客様が心地よい気分で聴く前提もあるだろうし何より店主が気分よく聴けるには今では少ない大型の広いバッフル面を持つこのスピーカーの押し出し感を若干セーブする必要があったに違いない。単純に趣味で自分だけ聴く分にはもっと色濃く出るようにする方は多いと思う。
b0323858_10415067.jpg
b0323858_10422074.jpg
ジャズも多少はかかったが森進一、青江美奈、八神純子、稲垣潤一、高木麻早など昭和歌謡大会になってしまった(笑) 送り出しのHDプレーヤーの影響もあるのだろうか自宅で聴く(アナログ)癖のある歌声ではなく素直な歌声がビールを飲みながらほろ酔い気分で聴くにはとても心地よかった。 今回もマッキンのプリ使用、マークレビンソンは余り好みではないよう…写真は前回にはなかったローテルのアンプ

夜7時からのスタートで11時過ぎまで長居してしまい店主並びに師匠申し訳ございませんでした そしてお疲れさまでした。とても楽しい時間でした。


本日のアナログ… 昨日の余韻と共に
b0323858_10425010.jpg


[PR]
# by kurama66644 | 2018-04-22 11:03 | オーディオ | Comments(2)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧