人気ブログランキング |

<   2018年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

アマトールで聴く夏木マリ

ソナスファベールのアマトールは声楽や弦の表現が得意らしい…声楽や弦というとクラシック? でも聴くのは殆どジャズである(-_-;)

本格オーディオシステムでアニソンを聴く人もたまに見かける 古くからのオーディオファイルは怪訝な表情を浮かべる「オーディオでアニソンかよ」と それに近いのが歌謡曲である 自分も大衆音楽でもある歌謡曲を立派なオーディオ装置で聴いてもどうなのかなぁ~と思ったりしている。別にアニソンや歌謡曲がダメなわけではない ブログの中でも時々書いているが歌謡曲もよく聴くしアニソン(昔の)は大好物なのである。

偶像と言う言葉がある。 自分にとって歌謡曲を歌う歌手はテレビの中の偶像でもあった その自分の思い描いた姿とは違う姿を見たくない気持ちもある ちゃんとした?オーディオシステムで聴くとおそらくだが見たくない部分(この場合は聴きたくない部分かも)も見えてくるかもしれない それが怖いのである(笑) 今の歌手は全てとはいわないが偶像とは思わないしそういう感情も浮かんで来ない ただ子供の頃や若かりし青年時代に聴いた歌手はいまだに偶像と思い 自分の思い描いた姿のままでいてほしいと思っている。

ここに1枚のアルバムがある
b0323858_15471173.jpg
この色っぽいおねーさんは「夏木マリ」さんである。今は女優としての方が有名だが(現在も歌手としてライブ活動などされているようだ)
その夏木さんの若かりし頃のアルバムでヒット曲を集めたコンプリートアルバムである。10代終りから歌手として活動されていたが鳴かず飛ばずの日々が続き21歳の時あの衝撃作「絹の靴下」がヒット その後も裸足の女王、夏のせいかしら、お手やわらかになどヒット作品を飛ばしたが85年辺りからテレビドラマ、映画、舞台へと主活動を移していく
b0323858_15472168.jpg
当時まだ小中学生の自分には刺激的すぎるお姉さまだった(-_-;) 作詞:阿久悠 作曲:川口真の作品が多かったが 個人的に好きなのは「夏のせいかしら」この時の作詞な安井かずみ 作曲は馬飼野康二のコンビである。
冒頭で書いたように歌謡曲は余り立派な装置で聴いてもどうかな?と思いつつLPなのでまず最近アンプ、プレーヤー等日本製で揃えたいつものシステムで聴いてみる。
プレーヤーも4万位だしセパレートアンプも20万台 オーディオに興味が無い人から見ると高い(立派な)システムだと思うがハイエンドには遠いシステムである ただスピーカーはアマトールである…超小型の「BONSAI」スピーカーに替えるのも手だが(これですべて日本製になるが)付け替えが面倒なのでそのままアマトールで聴くことにした 「うん 当時の光景を思い出す」テレビの新曲記者会見で見た あの色っぽい姿を! これで21歳?随分と大人びた感じである 和製ソフィア・ローレンを思わす風情 あのフィンガーアクションは凄かった。 思い出は色々浮かんでくるが肝心の音の方だがちょっと硬い感じ しっかり鳴っているのはいいんだがカッチリしすぎかな? アマトールは女性ボーカルが得意な筈では…何だかモニター調である ちょっとエコーがかかったこの頃(74年)のアルバム、中々再生が難しい(笑)

試しにもう一つのトーレンスシステムで聴いてみる スピーカーケーブルの一方をQUAD405に接続し直すだけだから簡単である。
そして視聴 「いやー参りました…」マリさんの声が艶っぽく聴こえます やはりトーレンスシステムの方がアナログらしい それにアマトールも呼応し独特の雰囲気を醸し出してくれる これは小中学生には危険な声色だ。

トーレンスシステムの方が優れていると言っているわけではない メディアの種類やジャンルにより好みが違ってくるだけである。そうでなければ普段聴くシステムにトーレンス+QUADを持ってくる。

この当時の夏木マリさんの色気に対抗できる歌手は一人しかいない。それは「辺見マリ」 たまたま中古レコードを見つけたがその時は購入しなかった 今度行ってまだ残っていたら買ってしまおう。



by kurama66644 | 2018-09-30 12:11 | 歌謡曲 | Comments(0)

悪魔がにくい

このタイトルを見て ピーンときた方はおそらく50歳代以上の方だろう。
b0323858_15551822.jpg
平田隆夫とセルスターズ 和製セルジオ・メンデスと言われていたが単なるラテンロック、ボサロックを真似ただけではない。リーダーの平田隆夫自身ジャズピアニストでもあるのでジャズのグルービー感が曲にも表れている タイトルの「悪魔がにくい」は平田自身が作詞作曲した作品で100万枚以上のミリオンセラーとなり 翌年71年 俳優で詩人でもある内田良平が作詞した「ハチのムサシは死んだのさ」が同じくヒットしたがセール的には「悪魔がにくい」には及ばなかった。

ハチのムサシは死んだのさという摩訶不思議な歌詞は当時小学生だった自分には何のことか分からなかった 確かこの時期タツノコプロの「みなしごハッチ」というアニメが放映され それにちなんだ曲なのかと思っていたが後年 学生運動を示唆した内容である事を知り驚いた。何となくメロディーだけでリズミカルな雰囲気があったが詞には深い意味やメッセージがある それを疎かにしている現代の歌謡曲(そもそも歌謡曲というジャンルがないかも)は廃れていったのが分かる そして殆ど聴くに値しない歌詞(歌)ばかりになってしまったのはすごく残念な事である。

基本的には当時の価格(定価)以上の中古は買わなくなったが これは思わず食指が動き購入してしまった…。当時の価格 徳間音工で1500円で販売されていたが今回購入したプライスは1980円(税込み) 盤質はBクラス ジャケットも写真で分かるように少し痛んでいる ちょっと高いかなとも思ったその普通の感覚がようやく戻ってきた。ジャズのオリジナル等物色していたここ数年 この千円台というプライスは50年、60年代の物は殆ど見当たらなかった もちろん再発盤やBクラス以下の盤質の物はあったがソフトの価格としては千円台が適正だと思っている 新品なら又べつだが中古で当時の価格以上というのはやはりおかしいと思う。

話は逸れてしまったがアルバム内容としてとても楽しめるものであった。二人の女性ボーカルも上手いしノリの良い選曲もベターだ この二人の女性ボーカル(村部レミと みみんあい)は74年に退団して別の女性ボーカルを迎え再結成されたようだが 個人的には旧ボーカルが圧倒的に良いと思っている。いずれにしても70年代の日本歌謡界は充実していた。

b0323858_15552996.jpg
アルバム裏面に写っている平田隆夫とセルスターズ 「悪魔がにくい」ということで悪魔払い風?のポートレートになってしまったのだろうか…ちょっと不気味である…

by kurama66644 | 2018-09-30 07:51 | 歌謡曲 | Comments(0)

CDを目指したアナログとアナログを目指したCD

普段聴く装置でスピーカー以外は全て日本製になってしまった…。考えてみるとオーディオを始めた時もスピーカーはJBLやエラックの外国製だったが国産のプレーヤーやアンプを使っていた  結局10年経ち元に戻った形になったが何も知らないで選んでいたつもりが感覚的に好みであったのだろうと思う。

部屋に置くのだから見た目を大事にしていたつもりだが武骨な面構えの機器ばかり…
そしてシルバーと黒という遊びご心のない色使いである。
b0323858_11032013.jpg
使っているうちにある事に気づいた。CDPでの再生の方がアナログっぽいことだ 比較したのが上記写真にもあるケンウッドのKP-990である
CDPはDENON製最後のマルチビット機DCD-755Ⅱ 普及帯価格の入門機の位置づけだが中身をチューンナップしている ケンウッドのアナログプレーヤーはノーマル状態だがこちらも入門機クラスの価格帯 オフ会にいっても高級機ばかりでこれらの普及帯価格の製品は殆ど見る事が出来ないのは残念だ。

マルチビット機は元々アナログライクな鳴り方をすると言われており同じマルチビット機で今年QUAD初のCDP CD66を手に入れ聴いていた というのもDCD-755Ⅱがピックアップの老朽化のせいなのだろうか 読み込み出来なかったり遅かったりすることが増えてきてQUADを手に入れたのだが先日 南沙織のCDを聴くため簡易的にシステムを組み直しこのDENON製のCDPを再登場させたら普通に読み込み出来機能的に問題がなさそうな状態に戻っていた それでQUADに替えてCDPの聴き比べをするとこの改造品のCDPの方がいい鳴り方をすることに気づいたのである。QUAD製ももちろん悪くはないのだがちょっとモッサリとした感じでキレが今一つな感じである。

アナログプレーヤーのKP-990は名機KP-1100の弟機であるが価格差は殆どアームの部分のようで筐体、構造はほぼ同じである。ケンウッドがこの当時CDPが世に出てアナログプレーヤーが過去の物になろうとしていた流れの中アナログで最高の製品を後世に残しておこうとケンウッド技術者が奮起して作った名品である。ただ目指した先は「CDに負けないアナログ製品」であったのでCDPに近似したそのS/Nの良さが売りものであった気がする。そうなると見た目はアナログだが静寂性などCDに酷似してもおかしくない そういえば私のオーディオの師匠もトーレンスと比べてカッチリした鳴り方をしますね~と言っていたのを思い出した。

今になってCDのデジタル臭さをではなくアナログの自然な鳴りの良さを見直しアナログブームとかなっているようだが当時はCDはアナログの欠点を無くした素晴らしいものであると喧騒していたように思う。最近の高級CDプレーヤーを聴く機会は何度かあったがテクノロジーの進化というかやはり素晴らしいと感じた その安定感と静寂性 音の広がり等高いだけあるなぁと感心する そして最近のアナログプレーヤーもCDプレーヤーに負けないほど高級化している 生産量の少なさや部品代、金型等で高くなっているのだろうか? 立派な値段だが高級CDプレーヤーに似た鳴り方をするなぁと思ったりする…
それならCDで十分じゃんとも思うが手間がかかるのがいかにもオーディオしているという満足感があるからあんな高い物買うのかなぁ~なんとなく道楽の道具のような気もするというのが正直なところである。
ただこれらの機器から鳴る音を生音と比較してはいけないように思う それはあまりにも静かすぎて不自然そのものだからだ あくまでも家庭用オーディオ?として聴く分には申し分ない このブログでもよく書く事で「幻の音」として聴くのにはとてもよろしいと思う。人が求めている事に対応するその価値が人により違うので価格差というものが生じる 高けりゃいいってもんでもないし逆に安けりゃいいってもんでもない、それではその中間が無難か?といわれるとそれも面白くない…中々難しい問題でもある。

CDを目指したアナログ アナログを目指すCD しかしメディア(CDやLPなど)という媒体自体が今は消えようとしている。 オーディオ自体目に見えない「音」を扱う趣味であるので媒体どころかハードも小さくなり そのうち目に見えなくなるのかもしれないと妄想する。 

by kurama66644 | 2018-09-24 09:21 | オーディオ | Comments(0)

音量と音質

狭い部屋と言っても例えば同じ6畳間で隣室につながった空間がある場合と密室では居心地はかなり違ってくる。
オーディオを始める前は6畳という空間は決して狭いとは思っていなかった 自分が貧乏という事もあるが所詮「座って半畳、寝て一畳」の空間で十分だと思っていた ところが周りを見るとホール感とか音の広がりとかでより広い空間をみな望んでいるようだ。音を出してみると確かに大きなスピーカーを使った場合低音が過多になりとても聴きにくくなったりする音の逃げ道が必要な事はやっているうちにすぐわかった そこでマニアは吸音やら反射やら一般人からみると不可思議なパネルを使ったり 挙句の果てに部屋を改造したりあるいは部屋ごと新たに作ったりする。そうなるとオーディオ機器自体高級機器が多い中更に多大な費用が掛かる 言葉は悪いが「金持ちの道楽、遊び」といわれても仕方がないように思う。
一応オーディオに興味を持ちだし10年が過ぎた 自分自身もマニアに近い部分はあると思うが狭い部屋に慣れてしまったのでマニアのような切望は正直言って余り起こらない…

最初に戻るが今の部屋は約7畳強だが壁面収納庫がせり出し実質6畳弱である 更に間口が狭い… 一応台所につながっているが台所も3畳ぐらいしかない。一般家庭のリビングとは違っている リビングオーディオをやられている方も多いと思う オーディオ機器を置くスペースは限られているがその他の空間はそれなりに取れているのではないだろうか?今の部屋は密室に近く天井高も普通であり 音の逃げ道があまりないので音がこもりがちである 人と話すと声色が変わることでも分かる。音響的には良くない部屋と言えるだろう でも音楽を聴くための部屋ではないから当然でそれが普通かと思う 雨風がしのげゆっくりとご飯が食べれ休むことが目的であるので音がどう聴こえようと部屋の設計主は知ったことではないのである。

だいぶ前になるがジャズ好きの人が来られ聴いてもらうと「部屋のドアは閉めて」と言われ更に換気の簡易的な開閉口も閉じてと言われた…要は音を逃がさないでわざとこもるようにしたいらしい 確かにそのほうがジャズの圧を感じる ジャズ喫茶ではよくある環境でそれが好きな人もいるのは確かである。自分の所は間口が狭い環境なのでわざとドアは開けるようにして音を逃がすようにしているのだ 最近は余りやらないがベランダさえ少し開けて聴いていたこともあった そうした状態で音量を調整している。

オーディオを始めた時 皆どのような音量で聴いているのかネットで質問したことがある…考えてみると部屋の大きさや聴く音楽のジャンル、好みも千差万別なのに馬鹿な質問をしたと思っている(笑) ただその中でボリュームを固定して聴いている方と音源によって微妙に変えている方と二通りいる事が分かり固定派の方が多かった もちろん固定派といっても全くボリュームを変えないわけではなく音圧の高い録音や深夜など大きさを変えて聴くが音量に関してはどちらかというと無関心という意味である。
今の部屋は音響的には良くないと上述したが唯一良かったと思えるのは音量を上げても苦情がこない事である 音量の違いによりその音楽の印象、風景がこれほど変わるのかと恥ずかしながらその時初めて分かった 以前の環境は今より部屋は広かったが音量を上げる事が出来なかったのでその違いは分からなかった。 知り合いのベテランオーディオファイルは自身の環境下でそれぞれの音源での最適と思える音量の位置をメモ書きしてその位置に合わせ聴いている。傍から見るとそこまでしなくてもよいのにと思うかもしれないがその方の環境も自分と似た環境で狭い部屋なのである そういう環境下では音量調整はとても大事なことでセッティングと同等かそれ以上に音楽の景色が変わってくる 個人的な意見だが音量固定派は音好きな方が多く音の違いを意識するのに対し音源により音量を微妙に変えるの方は音ではなく音楽の色々な表情を楽しもうとしているように感じる 前者は音マニアで後者は音楽好きというところであろうか。

ビンテージとまでいかなくてもひと昔前の機器はこの音量、ボリュームに凝っていたものが多かった、そして音質調整機能も普通に完備していた。それは今ある部屋、状態のまま最適化にしようとする最低限の機能、調整だったと思う イコライザー等の手段もあるが音質劣化や不自然さがあり採用していた人も限られていたのではないだろうか? 部屋そのものを変えるのは特別な人だけでオーディオ自体普通の人が普通に接する事が出来たものだったのが金満オーディオ化してきたのは世の中の流れと似ているように思う。

b0323858_11034265.jpg
先日購入したEPの一部 キタサンの青春の音楽である(笑) 八神純子や財津和夫あたりは有名だが「サヨナラ模様」の伊藤敏博あたりはもっと評価されてもいいのではないだろうか? この時期はEP盤も600~700円位していたが これ5枚で100円ですよ! 安けりゃいいってもんでもないでしょう 全てオリジナル 名作ばかり ジャケット表紙は多少くたびれているが盤質も良い 
アーそれなのに 人気ないんですかね? 需要と供給の問題だけでは無いような気もするが…。

音量と音質の問題が最後は又アルバムの価値、価格に至ってしまった(-_-;)  ジャズアルバムの高騰化がよっぽど悔しんでしょうね(本音)買いたくても買えない懐のさみしさ(笑)お恥ずかしい限りです…


by kurama66644 | 2018-09-23 11:30 | オーディオ | Comments(0)

三者三様

神保町ディスクユニオンで購入した3枚のアナログがある いずれも女性歌手のアルバムだ。思いつきというよりはその時の直感で買ったアルバムである。

1枚目はこちら
b0323858_09455269.jpg
ご存じユーミンのアルバム 確か4枚目のアルバムで「14番目の月」 タイトルが秀逸である。
真っ赤なジャケットにキタサンが好きな曲が入っている 「朝日の中で微笑んで」「中央フリーウェイ」「天気雨」「Good luck and Good bye」名曲が目白押しである アルバムの密度でいえばこれに勝るものはない これまでユーミンの好きな曲はCDのコンプリート版で聴いていたが アルバム単位でいくと個人的にはこれが一番だと思っている。それにしてもこのアルバム(オリジナル)が550円! もっと高くても良い筈… こういうのを見るといかにジャズのオリジナル盤がバカげた値段か分かる 云万円もかけて馬鹿らしくてもう買えなくなった。しかしそれも人の価値観の違いなのか 余り批判するとマニアと販売業者に怒られるのでこの辺にしておく。

2枚目
b0323858_09460122.jpg
欧陽韮韮の「雨の御堂筋」71年レコード大賞新人賞を取ったこの曲 東芝がこの曲をフィーチャーしアルバム化したものである。同くヒット曲「雨のエアポート」もB面1曲目に収録されている もちろんリアルタイムで聴いていた 片言の日本語ではあったがその説得力ある歌唱には驚かされた。自分の中では演歌にロックが加味された斬新な歌と思っていた 一発屋で終わるかと思っていたがラブイズオーバーなど珠玉のバラードも歌い上げ人気を不動のものにしている この独特の歌い方は時代が経っても新鮮で昨今の芯のない歌手が総力を上げてもこの人には太刀打ちできないと思うぐらいだ。


3枚目
b0323858_09461111.jpg
何故 死を選んだのか? 馬鹿野郎と言いたい歌手 岡田有希子のファーストアルバム「シンデレラ」である。本来なら松田聖子、小泉今日子、石野真子、南野陽子などと同様トップアイドルになるべき路線を邁進していたが帰らぬ人となってしまった…キタサン自身 彼女に対して特別な感情をもっていなかったが当時は何故かものすごくショックであった。彼女の他に好きなアイドル等いたがすごく心残りの感があった あれから30年経ち彼女のデビューアルバムを聴くのは心が痛む というかその再生も夢見心地な感じで生気が感じられない 普段聴いているジャズも殆どは今は生きていない人ばかりだが この岡田有希子のアルバムは本当に声がリアルではなく作られたような声に聴こえ悲しくなってしまう とても罪深いアルバムである…。

この3枚のアルバムを聴いてオーディオ的感覚というか音質がどうこう定位がどうこうという感じは全く生じて来ない。当時の感覚、体験だけが想い出として蘇ってくる。

その音源の時代に使われていた機器で聴くのがベストなのかもしれないが最後は自分自身の問題でもあると思う ビンテージ機器も興味があり多少はかじってきたが実際自分が使ってきた機器?はテレビやラジカセ、ラジオ等の簡易的な装置でそれらの音でしか聴いていなかった チープな機器類かもしれないがそういう機器類で実際聴いた時の感触の方が心にしみる。 音楽を聴くのに大げさな装置や特別な部屋は必要ないと改めて思う今日この頃である。


by kurama66644 | 2018-09-22 09:04 | 歌謡曲 | Comments(4)

南沙織ベストヒット

7月に新宿ユニオンに行って以来だから2か月振りにソフトを買う事になる。さて何を買おうかと向かった先はいつもの御茶ノ水JAZZTOKYOではなく神保町のディスクユニオン もちろんジャズもクラッシックも置いてあるが歌謡曲がねらい目である。新宿に昭和歌謡館もあるがきっと欲しいものが目白押しで散在するのは分かっているので避けた もうジャズのオリジナルで後悔したのでソフトに散財したくない 感覚的にひとつのソフトで云千円、云万円というのは自分の金銭感覚では無理がありすぎる…大した金額ではないとお小遣い感覚の人もいるだろうがそういう中流階級以下の自分であるというのは分かっているので無理は出来ないのである。

4610円! 購入金額である。EP盤6枚 LP3枚、CD2枚 EP盤は5枚で100円のものがあり懐かしJPOP,歌謡曲があったので即買いであったがLPは中々食指が動くものが多くなかった。ねらい目の物はネットであったが実際の店舗にあれば買おうと思っていたがそう上手くいかない それでもオーッというものもあったので3枚購入 詳細はまた別の機会に紹介しようと思っている。

CDコーナーはJPOP,歌謡曲を中心にみてきたがお目当ての物は置いていなかった。そういう中 「南沙織ベストヒット」のCDが置いてあった。6月にご近所のオーディオ仲間Iさん宅で南沙織のEPが沢山あり時間が無かったので1枚位しか聴けなかったがこのCDはそれらのEP盤が凝縮されたものだ。おもわず購入、それと桜田淳子のヒット曲集も購入 帰宅し早速 南沙織のCDを聴く。 このCDはデビュー曲から順番に選曲され かかった瞬間から当時を思い出してしまった。17歳から始まり尾崎亜美作曲の春の予感まで16曲 殆どがヒットチャートにランキングした南沙織の人気がこの当時不動のものでアイドルという枠を超えたスーパースターであったことが分かる (71年~78年)。
b0323858_07424306.jpg
17歳を歌う南沙織のバックコーラスが「パッパヤーパー」と言っているのが今の感覚では間の抜けたレトロな感覚だがこの当時はこれが普通であった。それにしても特質すべきは作詞家の存在であろう 南沙織の大部分の曲を作詞した有馬美恵子さんはまだ存命だと思うが南沙織の他 伊東ゆかり「小指の思い出」布施明「積み木の部屋」金井克子「他人の関係」などベストセラー曲の作詞をした大家である。哀愁のページの冒頭部分を除いてほとんどが美しい日本語の詩で構成されており今のチャラい英語混じりのヘンテコリンな和製英語は入れない 日本の情緒、人のふれあいからなる細かな心の機微を巧みに表現している シンガーソングライターがこの後 流行り自ら作詞作曲するのが当たり前になり評価もされているが個人的な感覚としてはそれが日本の歌謡曲をダメにした事と思っている。メロディーラインの美しさだけでは歌謡曲は成り立たないのである  それに対応できる素晴らしい歌詞を作れるセンスが必ずしも曲を作った歌い手にあるとは思えない 餅は餅屋に任せればよいのである。
b0323858_07425350.jpg
このCDの裏面にシングルジャケットが小さく載っているが信じられないぐらいの美少女である… そうそう思い出した篠山紀信と結婚すると聞いた時は信じられなかった なぜあのようなモジャモジャ頭の親父がこんな美女と結婚するのか!世の中間違えていると本気で当時は思ったものである(笑)

そうして家のオーディオシステム(CDP QUAD, SP アマトール等)で聴いてみたがこんな立派なシステムではダメ! 急きょ壊れかけた改造CDPと中華製アンプ BONSAIスピーカーという簡易システムを組んで聴いてみた そうそうこれです 云十万と言うシステムでは全く味わいが出ない それでも当時聴いていたラジカセの方が良い音だと思ったキタサンであった。
b0323858_07422890.jpg

by kurama66644 | 2018-09-17 07:57 | 歌謡曲 | Comments(2)

配置換え

狭い部屋なので機器の置き場所も工夫をしなくてはいけない。ラックスマンC-06αが旅立ち そのスペースにはQUAD44+405を押し込む 小さな筐体なので1枚の棚板の上に2台置ける 2段重ねよりはまだましであろう トーレンスのプレーヤー専用のアンプとしまだまだ頑張ってもらわないといけない。
b0323858_13523755.jpg
それはそうと簡易的に設置したBONSAIスピーカーを移動しオーディオデザインのアンプ群を正式に置くことにした。家では一番長く付き合いのあるアンプである パワーアンプを床に置いて仮設置したがどうにもシックリこない 動線のじゃまになる…それならばとユニゾンリサーチのアンプをどける事にした。実はこのアンプ ハム音で悩まされたことは何度か記事にした フォノイコライザーを変えてハム音が小さくなりひとまず安心したわけだが今度はCD接続でもハム音がするようになった 修理に出したが今一つ原因が分からない? 以前中華製の真空管アンプでも悩まされ(結局アンプのせいではなかったが)今回もこのようになり真空管とは相性が合わないのだろうか…
中々味のある濃い音を出してくれるのだが不振の選手は交代させなければいけない という事でユニゾンリサーチの置いてあった場所にオーディオデザインのパワーアンプを置くことにした。そうだついでにCSEのレギュレーターも置いてみようと移動開始
b0323858_13522528.jpg
随分 センスのない置き方である…パワーアンプがパソコンみたい(笑) 違和感あるなぁ~ プリにCDプレーヤー合研ラボのフォノイコと3段重ねである(-_-;)
やはり見た目はイタリアの真空管アンプには華がある そういえばこのラインナップ ほぼ日本製 かろうじてCDプレーヤーだけ英国製でアクセントになっている。
余り期待せずにアナログから再生してみると思いのほか力強さがありグイグイ前に来る音がする シュアーの針を使っているからかもしれないがユニゾンリサーチの時とは違い繊細な音も兼ねているので中々良い塩梅である ちょっと意外な感じ 次にCD再生するとこちらもアナログほど力強くはないが繊細さが増している それでもそれほど神経質な感じはしない こちらも想定外の鳴りっぷりである。オーディオデザインのアンプのせいかと思うがひょっとするとCSEのレギュレーターも関係しているのかもしれない クリーン電源とは違うこちらのレギュレーター今まで使ったり使わなかったりで違いもよく分からなかったがオーディオに凝りだした初期の頃購入 オーディオデザインと同じく10年選手 苦労の末レギュラー スタメンになりようやく日の目を見て張り切りだしたか(ロクに使わなかったキタサンが悪い(-_-;)

力強くなったはオーディオデザインのパワーアンプの低音の出方の差によるものかもしれない。昔このアンプを購入した一つとして低音のダンピングの良さにある。
とにかくボワつかない低音の歯切れの良さを出したくこのアンプを選んだ Minimaもアマトールも吸音材を殆ど使っていないので低音がストレートに出てくる これを良いと考えるか過剰と考えるかは鳴らす音楽の種類にもより好みが分かれるだろう。ジャズを鳴らすならストレートにボワボワ出た方が雰囲気は出るが所詮オーディオではジャズ表現は難しい それならばジャズという音楽を心地よく聴くには低音が引き締まった方が歯切れが良く躍動感も出る しばらくはこの日本製のシステムで様子見である。

by kurama66644 | 2018-09-15 08:45 | オーディオ | Comments(0)

4年周期

前回のブログ内容に多少かぶってしまうがオーディオを始めて1~1年半位の間 頻繁に機器の入れ替えをしていた。オーディオ機器に対する興味と実験的な意味合いがあっての事だが それまでオーディオに対して全く興味がなかったのがひょんなことから火がついてしまった…ラジカセやミニコンポは家にはあったが2~3万円もしないもので数万円でも高いと思っていたのが単体で云十万もする機器類を短期間(数か月)で入れ替えするのは傍から見て異常と見えるだろう。 それでも百万以上するものは生活に支障が来たすので購入はしなかった 今 自分の周りをみると7桁クラスの機器類を持っている方も多いがすごいというか それがこの趣味の(価格的)レベルなのだろうか?

頻繁な買い替えに歯止めをかけてくれたのは私のオーディオの師匠で「もう少しじっくり聴いてから買い替えた方がいい」と言われ 更にその頃 長く勤めていた会社が自主廃業になり失業したのでおのずと買い替えは出来なくなった 自業自得というか情けない話である。趣味としてオーディオなんてやっている場合ではないのに手元にあったオーディオ機器は売らないで部屋の中にはジャズが一日中流れていた ちょうどその頃は失うものは殆ど無くなっていたので流れに身を任せていた 意外と冷静になれていたのはその時流れていたジャズのおかげとそれを流してくれたオーディオのおかげだと思っている。

頻繁に買い替えていた機器類も落ち着き4年が過ぎようとしていた その時あの東北大震災が起こりスピーカーは転倒し傷ついてしまった…ユニット自体壊れなかったがもう少し小さなスピーカーの方が使いやすくていいなぁと漠然と思い 次に購入したのがモニターオーディオPL-100というスピーカーである。和歌山の業者さんから購入したもので前のオーナーが1年近く使ってはいたが実質半年ぐらいしか稼働させておらずほぼ新品に近い新古品であった とても性能が良いスピーカーで満足いく製品でもあった。

このスピーカーを購入してしばらく経ち現在の家に引っ越す事になったが部屋が狭くなりこの性能の良いスピーカーを鳴らすのに苦労した 今の部屋は音がこもりがちになり抜けが良くない それで低音が筐体の大きさのわりにすごく出るので音量過多になりがちである 最初の頃は部屋の音響を考え色々なルームチューニング材を試してみたがそのうちに面倒くさくなってそれも止めた。それまでCDばかり聴いていたのがあるきっかけでアナログに回帰しアナログに順応するような機器類を見直すようになった いわゆるビンテージ品だがこちらも中々厄介で余程メンテナンスがしっかりしたものでないと新品を買った方が利口であると少ない経験だが実感した。それならばオーディオが盛んだった70~90年位の製品が自分の中ではマッチするのではと直感し そちらの方に食指を伸ばしていった その時見つけたのがソナスファベールのMinima(初代)である。PL-100を購入して4年後の事である しばらくMinimaと併用して使っていたが年代の古いアナログというメディアを主体として聴くようになり同世代のスピーカーMinimaに落ち着く事になる PL-100には全く不満を持たなかったしこれを売却する時に業者の方から「こんなピカピカの良いスピーカー本当に買い取っていいんですか?」と念を押された時は心が揺れたが(笑) 感謝の気持ちで送り出した。

Minimaを使いはじめて2年が経つが今年同じソナスのアマトールというスピーカーを購入した 元々Minimaではなくアマトールを想定していたが市場には中々出ない品で手に入りにくかった中 良品のMinimaを見つけ購入 現在もアマトールと併用しているがあと2年すると購入してから4年が経つ その時はどうなっているのか…

おもにスピーカーの事を書いてきたがアンプやプレーヤーも初期の頃を抜かせば4年周期に近いものも多い もちろん例外もありオーディオデザインのアンプは休止期間も長かったが10年ぐらい経つし逆にクラウン(アメリカの業務用メーカー)のアンプはこのブログでも過去に書いたが「最後のプリアンプ」とまで称していたにもかかわらず半年ぐらいで売却した(-_-;) ここまで書いて わずか4年ぐらいで買い替えるなんてもう少し機器を大事に扱えとか 本来の性能を出し切るように使えとか思われる方もいるかもしれない  機器に関しては大切に使っている 掃除はマメに行っている方だ それと性能を出し切ろうとは思っていない 性能を出せる環境はそもそも普通の家庭環境では少ない それこそ音響を考えた特別な環境下でないと発揮出来ないと当初から感じていた それでもそこそこの価格のオーディオ製品は発売されそれを買う人がいるのはオーディオ製品自体に「夢」を持っている人が多いのではないかと考える 夢は現実ではなく現実逃避の行き着く先が夢で追及していくのは幻の音なのであろうと思う。

音への追及には興味がなくミニコンポの音の方が好きで長年聴いていた自分でも10年前から始めたオーディオ機器を全て捨てきれないでいるのは見栄と欲が残っているからだと思う。その見栄と欲のバランスが崩れ我に返るのがちょうど4年間隔 それを繰り返している…愚かな事である
そうそうちょうど4年が経つ愛機がある ラックスマンのC-06αである。調子が良くない時期もありオーバーホールもして大事に扱っていたがこんな狭い部屋で機器類が多くなり活躍する機会が減ってきた そろそろお別れの時期でもある
b0323858_09105933.jpg
  

by kurama66644 | 2018-09-09 09:20 | オーディオ | Comments(6)

オーディオを弄る

ここ1~2週間オーディオの配置換えから始まり色々弄っている…キタサンの癖でいったんやり始めると止まらなくなってしまう。
これはオーディオを始めた時もそうだったのだがスイッチが入ると時間は関係なしに行ってしまう ゲームやギャンブルも そういうのめり込む性分があるのでやらないようにしているだけで 基本的には好きなのである。

今回弄ったのは原点回帰でオーディオデザイン社のアンプの再登場である。前回書いたが聴く感覚がミニコンポ時代の奔放な音を求めて聴いていたその時分に戻ったのでそれならばとオーディオを始めた時の初期の機器を今聴くとどんな感じになるか試してみたのである。(※今年のお正月にも登場させたが本当に一時的であった その時のタイトル「忘れられていたプリアンプ」https://andokan.exblog.jp/27993043/ その記事と被る部分があるがご勘弁を…)

オーディオデザイン社は日本の(ガレージ)メーカーで最初はラインセレクターなど小型のハードを作っていた それが2007年頃自社初のプリアンプを製造、その後パワーアンプを作成し現在に至る。
キタサンがオーディオを始めたのが2007年からでそれから1年ぐらい分不相応(身の程知らず?)にハードを次々と買い替えて行った。オーディオ機器にせいぜい5万程度(総額)投資するぐらいが長年普通(上限)と思っていたのが最初から金銭感覚がマヒしてしまっていた もちろん100万単位のものは生活が破たんしてしまうので買う選択肢はなかったがそれでも云十万という機器類を買いかえていた オーディオの事を何も知らない初心者がその金額の物を買い続けるのは傍から見るとおかしいと思うだろう。現にその時知り合った私のオーディオの師匠のIさんは「キタサンは買い替えるのが早すぎ もう少し聴いてからにしたほうが良い」とたしなめられた(;´・ω・)

その頃出会ったのがオーディオデザイン社のプリアンプDCP-105である。有楽町交通会館のオーディオフェアー 小さなブースに陣とられた各メーカーは人を呼ぼうと大きな音量で音楽をかけ人目を引こうと必死であった そういう中 小さなおとなしめの音だがすがすがしい音をさせていたブースを発見 人もまばらで聞いたこともないメーカーであったがとても新鮮な音が漂っていたのを覚えている そのブースでしばらく社長の大藤さんのアンプの説明を聞いていたが技術的な事はよく分からなかったが音を聴いてただのアンプではないと直観した 翌日には所有していたプリとパワー合わせて100万近くするセパレートのシステムを売却してこのプリアンプを購入 価格は半分以下だった その時点でパワーはまだ発売されていなかったのでパワーが発売されてから手持ちのパワーも売却 セパレートシステム合わせても40万強のものに変わった。
価格は所有していたアンプの半分以下だがとてもキレのある低音と繊細な音も出すこのアンプに満足していた。同時にオーディオ機器は単純に価格だけでは判断できないと諭してくれたアンプでもあった。

そういう恩人ともいえるDCP-105もラックスマンの名機c-06α、最後のプリアンプCROWN IC-150、英国の良心QUAD44とアナログに回帰したキタサンの琴線に触れるアンプ群の活躍で 棚の奥でジーッと2軍生活を余儀なくさせていた…申し訳ない

そういうわけで前置きは長くなってしまったが再再登場
b0323858_12190570.jpg
当然 対になるパワーアンプもオーディオデザイン社製DCPW-100 こちらは時々使っていた。ただこのDCP-105プリのボリューム部分にガリ発生 当時殆ど固定した音量でしか聴いていなかったせいもある セイデン社製のLパッド型の優れものなのに残念である しばらく使っていなかったのでとにかくボリュームをグルグル回すとガリは少し減ってきた それにしても適当な配置である 暫定でつなげたのでRCAケーブルも長い物しかなく電源コードも昔使っていたフルテックのいいやつ(笑) 4万ぐらいしたなぁ 今はケーブル類に殆ど無頓着 お金はかけていない状態 改めて以前はケーブルに何万もかけていたんだと回想する…(※フルテックの電源ケーブルを隣で使用しているユニゾンリサーチ付属の電源ケーブルに替えると音の厚みが薄くなった…ケーブルの違いを確認 どちらが良いかは別として)

接続は終り 早速CDとアナログ両方かけてみると このアンプを使っていた時の音が蘇った あの頃はワイドレンジで切れ味の鋭い響きが豊かな音を好んでいたことを思い出す ここ何年か使ってきたアンプはこのようなSP間の外側からも音が鳴り渡るような事は無く SP間で上手く鳴っていわゆる箱庭的だったがこのアンプを使用すると現代的な音に聴こえる ユニゾンリサーチのアンプに比べると濃さは減少するがそれでも豊かに鳴り響く ユニゾンリサーチが鉈の切れ味だとするとこちらは日本刀の切れ味である。ラックスマンC-06αをプリにこちらのオーディオデザインのパワーを使っていた時期も長いがやはり同じメーカー同士の方が年代的にもマッチしていると改めて感じる。

以前はこの組み合わせとモニタースピーカーを使いCDをメインで聴いていた ケンウッドのアナログプレーヤーもつなげたがアナログはユニゾンリサーチの方が合っているように思う そして完成度としてはQUAD+トーレンスの組み合わせの方がアナログの場合 高いように感じた。

いずれにしても暫定的に設置したが時々しか使わないのはもったいない それには見た目も多少は考えないと… RCAケーブルを適当な長さの物を見つけるか(ベルデンの5mの物を使用しているのでとぐろを巻いている状態である) そしてパワーの置き場所はここしかない 狭い部屋なので仕方がないのである。

たまにこうして弄るのも面白い オーディオマニアの気持ちはよく分かる ていうかこんなことをしている自分もマニアなんだろうなぁ('◇')ゞ

by kurama66644 | 2018-09-08 07:24 | オーディオ | Comments(0)

今のオーディオ

先日からオーディオ機器の配置換えをし とても楽しく音楽を聴けるようになってきた。

プレーヤーが経年劣化で不調気味ではあるがその事が気にならないほど調子が良い!それは何故かと言うと長年部屋で聴いてきたミニコンポの音がするようになったからである。

オーディオを10年近くやってきてミニコンポの音なんてふざけていると思うかもしれないが 本当の事である。もちろん当時のミニコンポやラジカセの音とは違うのだが思い切りのいい音が出るようになってきた バランスとか曲調に合わせてとか色々考えて出す音とは無縁の音が部屋中に鳴り響く 爆音を出だしているわけではない 出てくる音に素直になったと言えばいいのか受け入れられるようになった。

「部屋がもう少し広ければ… もう少し高価なアンプで プレーヤーで スピーカーで云々」不満は誰にでもある でも自分が長年聴いてきた普通の部屋で普通の機器で鳴る歌謡曲やジャズその他の音楽 それが特別なものではなく生活に溶け込んでいた その当時の感覚でようやく聴けるようになったきた。

高価な機材ではないが英国の音、イタリアの音、そして日本の音が聴ける贅沢 有り難い事である。

特に気に入ったのがケンウッドのプレーヤーに合研ラボのフォノイコという日本製の上流機器にイタリアのユニゾンリサーチアンプとアマトールのSPという下流の機器を組み合わせた音が何とも言えなくミニコンポ的な音で好みである。先ほども言ったが本当にミニコンポの音がするわけではないのだが奔放な音がする 何も考えないでそこにポーンと音が放り出される?そういう感覚なのである(よく分からんかも知れないけど~) ちなみにアナログプレーヤーからCDプレーヤーにするとその感覚は少し薄れる CDプレーヤーが英国のQUADのせいかもしれない 抑制がかかってしまい少しきどった感じに聴こえる。 ケンウッドのプレーヤーにはもちろんシュアーのカートリッジ おそらく一番安いカートリッジであろうM44-7 ジャズが良く似合うというかブルースを鳴らすカートリッジである。

b0323858_12223058.jpg
片や隅っこに追いやられた?QUADのアンプ群…プリをパワーアンプの上に直置き トランスの振動で悪影響とマニアなら絶対置かない!即レッドカードで退場であろう ところがこれがすこぶる良いのである。QUADのパワーアンプを導入し初めて聴いたとき部屋の空気感が変わったあの衝撃 その衝撃の進化が今 トーレンスのプレーヤーを通してアマトールから聴こえる ユニゾンリサーチほど奔放な鳴り方はしなくミニコンポ的な音の感覚は薄れて品位の高い音がする こちらも又 味わい深い。すごくシンプルなアンプの作りで少し頼りない内部構造だが なぜこんなに心を揺さぶる音を出してくれるのか不思議でしょうがない。

これは装置の組み合わせ云々もあるだろうが自分が長年聴いてきたミニコンポ的な音が好きでそれを素直に認めた気持ちの持ちよう、変化からとても楽しく聴けるようになってきたのだと思う。オーディオの音作りってなにか選ばれた特別な人が追及していく(もちろんそれを目的としている人も沢山いる)ふしがあるが本来 自分のようなミニコンポ出身者でも十分に楽しめる趣味なはずである お金がある人や家持、専用室持ちだけが特別な音を得られるわけでもない 音楽好きな人が楽しめる趣味であったのが いつの間にかオーディオという趣味自体が金満オーディオ的な雰囲気 世の中になってきたように思う 金満オーディオ自体は悪い事でもなんでもなく皆自己責任で行っているので何も問題は無い。結局は各自の心の持ちようがオーディオに反映されるという事である 追及していく事と求める事は違うのである。

ユニゾンリサーチ真空管アンプから鳴る音は求めている音 QUADとトーレンスから鳴る音は追及していきたい音(ただしこれ以上追及はしないと思うが…) どちらも自分にとっては素敵な音楽を奏でてくれる。 

by kurama66644 | 2018-09-02 08:25 | オーディオ | Comments(0)

感じた事を素直に書きます 一日一つは何かを得、逆に何かを手放すように心がけています


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る