人気ブログランキング |

2019年 03月 01日 ( 1 )

カレー・かつ・天丼

カレー、かつ、天丼 何と良い響きなのだろう 老若男女好きな方は多いと思う。
昨年の3月 約60年の歴史に終止符を打った 東京神保町の老舗「いもや」https://andokan.exblog.jp/28166446/ キタサンも思い出多い大衆食堂なので記事にした。

学生の多い水道橋、神保町界隈だからあの安い価格で提供してくれたのだと思う 普通トンカツや天丼となると結構高額になるはず 銀座の老舗の店なんかと比べるとその差は分かる。長い間庶民が普通に食べられる価格で提供してくれたことに感謝である。

2018年3月の閉店後 何度か神保町界隈には行って「いもや」の跡地の横を通ったが閉店のままであった そして年も変わり今年のお正月に神保町に行き「いもや」の跡地を見ると何と 新しい店がオープンしているではないか! まずとんかつのいもやは同じ業種 トンカツならぬササミカツで有名なイマカツがオープンしていた 六本木、銀座に続く3店舗目ということらしい オープンしたのは昨年の5月…あれ夏場にもこの辺り通ったのだが気づかなかった(;^ω^) 店構え自体変わっていなかったので中は内装その他ほぼ同じであろう いわゆる居抜きというやつか? 価格はということでチラッとメニューを見ると1000円台が殆ど…かつて450円のトンカツ定食を食べていた身からすると倍以上の価格設定 しかしこれぐらいが普通なのだろう デフレが続いて金銭感覚が少しマヒしているのかもしれない 今回は昼は済ましてきたので入らなかったが機会があれば食べてみたい ただ昼時間などはかつてのいもやのように並んでいるのだろうか? 並んでまで食べる味かどうかは兎に角食べてみない事には分からない ちょっと楽しみが増えた。

水道橋から神保町方面へ白山通り沿いを歩き もう1件のいもや そう天丼のいもやはどうなっているのか? なんとそこも新しいお店がオープンしていた。
カレー屋である(;´・ω・) 競合他社がひしめくカレーの聖地 神保町に殴り込んでくるとは余程の自信の表れでは?と思い 名前を見ると「ジェイズカレー」知らないお店である…調べると北千住にあるお店らしい 中には入らなかったが外のメニュー写真を見るとカレーらしくない容貌である(笑) これが創作カレーというやつなのだろうか?
このすぐ近くにある庶民派代表のカレー店 まんてんとは安さも盛り付けの雰囲気も全く違っている おしゃれである この神保町に合うのだろうか?   いやいや神保町界隈のカレー屋は欧州カレーが意外と多く 小麦粉たっぷり入った日本のドロドロカレーそう立ち食いソバ屋で食べるカレーとは一味も違うレストランの雰囲気がある そういうお店に肩を並べる感じであろうか それにしてはここも居ぬきで白木のカウンターだけなのか?内装は変えてあると思うが天丼やの面影を残し お新香や紅ショウガがカウンターにあるとこれまた雰囲気が台無しになってしまう… どうなっているのだろう 興味津々だが 一つ問題が発生! このジェイズカレーさん メニュー写真には何故か白いクリームソースが最後に仕上げとしてかける様だ…キタサンは北海道出身のくせにチーズやら牛乳は苦手 クリームソースは手強いのである うーんもう少し情報を得てからかな?クリームソースがそれほどアクセントが強くなければ(乳製品ぽくなければ)突撃してみたい。まんてんやキッチン南海は別として界隈にあるカレー店とそれほど価格的には差はない様だ。※実際食べられた方の写真をお借りしました ご容赦下さい。
b0323858_22143419.jpg

by kurama66644 | 2019-03-01 09:02 | 雑感 | Comments(2)

感じた事を素直に書きます 一日一つは何かを得、逆に何かを手放すように心がけています


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る