歌謡曲再生システム

狭い部屋に2系統のシステムを作って自分でも呆れてしまうのだが歌謡曲を聴けば聴くほど同じブルース感覚でもジャズと違うと分かってきた。
これが昔のようにテレビやミニコンポ等のお気楽システムだとそれほど気にかけなかったのだが今のジャズを聴く感じとは多少違う風にしないと上手くいかんと思い 機器の組み合わせ等を変え再生してみた。
b0323858_12241994.jpg

b0323858_12242906.jpg
上流機器をオーディオデザインのプリとケンウッドのプレーヤー、ラックスマンのフォノイコの組み合わせ ケーブルの長さが丁度いいのがなくフォノイコの上でとぐろを巻いているのはお愛嬌…

b0323858_12244007.jpg
パワーアンプを同じくオーディオデザインのパワーにした。ジャズはある程度いい加減にやっているのだが歌謡曲は価格はともかくとして基礎部分がしっかりした機器類を使いたくこれらを選んだ 感情表現が下手な日本人の歌を西洋風に起伏激しく再現してもとたんに下品になってくる それこそ音源を素のままでが理想かと思っている
もっと理想を言うとスピーカーも日本製にしたかった…カートリッジも含めスピーカー以外は日本製である。そしてこの時はスピーカーもアマトールからMinimaに変えている アマトールは癖があり より西洋風に濃くなってしまうからである('◇')ゞ

b0323858_12482715.jpg
久しぶりのMinimaの登場 やはりキタサン部屋の狭さにはMinimaがジャストフィーリング(笑)

レコード等の音源がジャズが多いのでどうしてもQUAD3兄弟とトーレンスで聴くケースが多いが歌謡曲はこのシステムがややよく感じる。

QUADのアンプは元々 このMinimaのように低能率のアンプをドライブするのに適している アマトールはとても不思議なスピーカーで驚きの連続だったが現実的な選択肢としてはこのMinimaが価格的にもシックリくる。今は2系統として少し遊んでいるがもうそれほど複雑なシステムはいらなくなっている あくまでも一時的に試してみただけ ジャズのソフトも減らすことはあるがもうこれ以上増える事もない 歌謡曲は面白がって最近買っているがいずれ落ち着くことになると思う そうなると2系統も必要なくなり縮小されることであろう  ソフトだけではなくオーディオ機器ももうこれ以上必要ない 最後に残るものは何か ある程度自分の中では予想がついている

[PR]
by kurama66644 | 2018-11-11 08:39 | オーディオ | Comments(0)

歌謡曲とジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る