SPEAK LOWを聴く (ジャズじゃないやつ)

電車の座席中央あたりに座っている 隣は20代後半から30代の若者である うつむきLINEとやらに夢中だ ヘッドフォンからシャカシャカと電子音のリズムが漏れ聴こえる…
ヘッドフォンの漏れ音は迷惑だがどんな音楽を聴いているのか興味で聴き入る事が多い 正直つまらない音楽だ(個人的感想) 音楽だか音だかよく分からない 数駅が過ぎ反対側の隣にお爺さんが座って来た ドアが開いた瞬間にダッシュで座る とても元気だ 座る必要があるのだろうか? 座れて安心したのか肩幅以上に脚を広げる おかげでこちらは窮屈だ…少しずれ音漏れLINE野郎のそばに近づく事になる(;´・ω・) こんな不快な状況だがなぜか顔はほくそ笑んでいた それはカバンの中に先ほど購入したあるアルバムがあるからである 探していたが中々見つからず偶然発見できたのである。

「SPEAK LOW」確かこのブログでも4年前に記事にした タイトルは「無人島に持って行く1枚だけのピアノトリオアルバム」https://andokan.exblog.jp/23162270/
ジャズのアルバムである。バップピアノのウォルタービショプJrの渾身のアルバムでジミーギャリソンのベースが重戦車のように縦横無尽に大地を揺らす ジャズ好きならお持ちの方も多いと思う そういうキタサンもCDで持っていた そして今はユニオンの復刻版のアナログを持っている。  なにオリジナルじゃないの?
当然である コレクターの陰謀か 販売業者の策略なのか 評論家の過大評価なのか原因は分からないがオリジナルは大体30数万円で取引されている('◇')ゞ

もちろん1枚の値段である キタサンの今のプリ、パワーアンプ それにCDプレーヤやらアナログプレーヤー合わせても30数万なんてしない…昔のアナログオリジナルでこのような価格で販売されるものは結構ある 普通でも数万するものも珍しくない 何という事だ! オーディオと同じでジャズオリジナルも富裕層の独占だ それがいやでジャズオリジナルは諦めた というより嫌気がさした。

いかんいかんジャズオリジナルの話になると怒ってしまう…もっと冷静に
話は「SPEAK LOW」に戻る 実は今回探していたアルバムもタイトルが同じく「SPEAK LOW」なのである ただしジャズではない そう歌謡曲なのである そのアルバムがこちら
b0323858_09541261.jpg
南 佳孝4枚目のアルバム「SPEAK LOW」南佳孝って誰? ウォンチュー~スローなブギにしてくれの人である(笑) 知っている人は知っているのである!
79年CBSソニーから出たこのアルバム あのYMOも参加 全曲 南佳孝作曲 作詞は松本隆と来生えつ子である ベースは松原正樹に小原礼 悪いわけはない!
B面の1曲目にヒット曲の「モンローウォーク」が収録されている 佳孝さんの最大の魅力は声の艶 色気にある 同性の自分が言うのもなんだが声量はそれほどあるわけではないが色っぽい歌い方をする 甘くない艶のある声色 これにはまいる。

詞は松本、来生にまかせ編曲は坂本龍一と佐藤博が担っている これが又良い 南佳孝は曲の人で無理して詩を書くことはない この分業効果がアルバムの質をより高めていると思う。

このアルバム探しても中々見つからなかった ネットで800円で販売され目をつけていたが某アナログショップで「380円」エサ箱の目立たない場所にひっそりと置いてあった… ジャズの「SPEAK LOW」の千分の一の価格 どちらも同じオリジナル 盤質は南 佳孝の方はAからB+である。南 佳孝の価値は千分の一 そんなわけない
キタサンは思わずこのアルバムを抱え込んでしまった ひょっとすると誰かに取られてしまうのではないかと…

価値観の違い これはどこの世界でもいえる事 オーディオの世界でも似た事象がいくらでもある。価値観の違いにしてはあまりにもその落差は大きい。

声を潜めて聞いてください(SPEAK LOW) 「変な世の中 不条理な世の中 上手くいかない事もある それでも信じて行けば素敵な事もある」

380円のレコードを見つけた時は自分にとってとても素敵な瞬間だった。無人島に1枚だけ持って行くなら南佳孝の「SPEAK LOW」を持って行く!



[PR]
Commented by 七味とうがらし at 2018-11-03 21:53 x
こんばんは。
わかりますわかりますその気持ち(どの?)。
密かな充実感。誰も知らないこの気持ち。
七味も今日、そうでした。
Commented by kurama66644 at 2018-11-04 10:05
> 七味とうがらしさん こんにちは

たぶん興味のある人は少ないんじゃないかな~ でも自分は結構好き 探しても余りない…そういう中で何気に見つけられたその瞬間 幸せ感じますね。

自分は価格の事を結構書きますけど高けりゃいいってもんでもない 逆に安すぎてもだめ でもこの「SPEAK LOW」はちょっと安すぎですね(笑)
Commented by いたちょう at 2018-11-04 13:32 x
キタさん、こんにちわ。

南佳孝、良いですね。
ほぼ、女性ボーカル、オンリーのいたちょうですが、
唯一、南佳孝だけは、例外です。
「SPEAK LOW」は、4枚目のアルバムですね。
是非、2枚目の「忘れられた夏」と3枚目の「SOUTH OF THE BORDER」も聞いてみて下さい。
多分2枚目は、一番聞いているアルバム、ベスト5に入る位お気に入りです。

次回は、昭和ニューミュージック大会をやりましょう!
Commented by kurama66644 at 2018-11-04 18:19
> いたちょうさん こんばんは。

南佳孝 聴かれるのですね 女性ボーカルの話が多く 男性ボーカルの事はそれほど話していませんでしたね。

いたちょうさんは歌謡曲だけではなくニューミュージック系詳しそうですね キタサンも大体は知っているつもりですが歌謡曲ほど詳しくありません。最近はジャズネタは殆ど書かずじまいでオーディオか歌謡曲の二択になっています。このニューミュージック系も知っている限り徐々に書いていこうと思っています。(本当にブログタイトル変えようかな('◇')ゞ)
by kurama66644 | 2018-11-03 10:03 | 歌謡曲 | Comments(4)

歌謡曲とジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧