いざ昭和歌謡館へ!

最近歌謡曲を聴くことが多くなった しかし所有しているディスク(アナログ、CD等)は9割がジャズである…だから相変わらずジャズをかけてその合間に聴いているという感じである。コレクターになろうとは全く思わない フッとした拍子に聴いてみたい曲やアルバムを思い起こしユーチューブなどで聴いてみる それで気に入れば購入しようかというところである。

ジャズは元の音を知りたく(生音ではない)アナログオリジナルに走った 歌謡曲は別にオリジナルに拘らない アナログでもCDでも構わない。ジャズの場合と逆でアナログとCDの価格が逆転しているので歌謡曲はアナログを買う事が多いだけである。

今回 初めて新宿ディスクユニオン昭和歌謡館に行ってきた。場所は以前から知っていたがそれまでは入る事はなく素通りしてジャズ館の方に行っていた そして地下を降りていくとあるはあるはおびただしい数の懐かしいジャケットが 昭和の香りが満載である(;´・ω・) 意外と人も多かった 年配の方だけではなく若い方もいた ひょっとして密かなブームかと思って中を見学するとやはりマニアの素窟であり不思議な行動をする人も何人かいた これはジャズ売り場でも見かける事で 一心不乱になると周りは見えないというかどうでもよくなるのだろうその生態はジャズ売り場でも体験しているので珍しくななかったがちょっと違うかなと思ったのはそのスピードである ジャズ盤は寸での所で狙った獲物が(ブツ)取られてしまうこともあるが歌謡曲は実に大らかでその探すスピードはジャズのそれと違い遅い 速く探すのはおそらく生粋のマニアなのだろう 自分のように昔を懐かしみながらゆっくり見る人もそれなりにいた そういう人は家でゆっくりレコードを聴いて思い出を回想しているのだろう。音楽を聴くのに音質や音像も大事かもしれないが歌謡曲はテレビやラジオで聴いていた 立派なオーディオ装置で正装してキッチリ聴くものではない(これは個人の感想である)気軽に聴くものであると思っている。

それにしてもアルバムジャケットが至る所に展示され知らないものもあったが歌手自体は大体は知っていた 子供の頃の娯楽はテレビであり歌謡曲全盛であったので知らず知らずのうちに心に記憶されていたのだろう 今はインターネットの時代だが当時はテレビや雑誌が隆盛していたのでその影響は大きい。

実は探していたアルバムが3枚ほどありそのうちの2枚あったので買ってしまった。ジャズとは比較にならないほど安い価格で驚いた 何十年も前のレコード しかもプレーヤーなんて今ではマニアしか持っていない そういうものを当時の定価以上で販売される事自体が不自然だ そういう意味で歌謡曲は正常だ。もちろん希少盤やら珍盤もありそれらは当時の価格をオーバーしていた それでもジャズのBクラスのオリジナル盤なんかに比べこちらの歌謡曲ももちろんオリジナルだが価格が雲泥の差である
思わず気になったアルバムを他に4枚購入LP5枚、EP1枚で計2600円、今回CDは買わなかったがヒデとロザンナの50周年記念CDが同じ2600円位?で売っていた 買おうかなと思ったがヒデはもう何年も前に亡くなって2曲だけ狩人の弟の方とデュエットし新譜としたらしい 狩人も歌の上手い歌手だがやはりヒデの歌声にはかなわない 昔のLPにしようと探したが無かったので又探してみようと思っている。
頻繁に行くことはないと思うがネットではなくこういう店舗で実際探して買うのはやはり面白い。歌謡曲は気軽に聴くのがいいのだが今のうちのシステムでは中々上手く再生できない どんどんグレードダウンし(価格的に)今はCDP+アナログプレーヤー+プリ、パワーアンプ合わせて20万位の組み合わせだ。もっと安直なシステムの方が上手く鳴るような気もする…
b0323858_08504400.jpg
今回購入したLPやEP 機会があれば又 紹介しようと思っている。


[PR]
by kurama66644 | 2018-11-02 10:10 | 歌謡曲 | Comments(0)

歌謡曲とジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧