個人の音楽

何年か前のインタビューで秋吉敏子さんがジャズは個人の音楽でそこがクラシックと大きな違いがあると述べていた。

秋吉さんはジャズの本場アメリカへ単身修行に行き当時のモダンジャズを体現した初めての日本人ジャズミュージシャンである マイルスやコルトレーン、モンクやエリントン、ミンガスなどジャズの巨人たちと共演し日本のジャズ進展に大いに影響を与えた人物でもある。

個人の音楽とは個性の音楽でもあり スタンダートな曲を演奏してもこれはマイルスの音楽、ロリンズの音、ペッパーの叫びなど個人に帰結していく 基本のスコアーはあるが殆どが崩されアドリブで曲そのものが変形し中には原曲の面影も無くなる演奏もある。
曲そのものが受け継がれ様々な指揮者、演奏家達により演じられるクラシックと違い曲より誰が演じたかに重きを置くジャズは1話完結のドラマのようでその場その場一瞬の輝きと儚さがある。
クラシックも同じ曲を同一指揮者で同じオーケストラで行っても人がする事なので多少の違いは出てくるかもしれないがジャズはもう同じ演奏は二度と出来ない

昔から家にはオーディオ装置がなかったので実際演奏を聴きに行くしかなかった。音楽は好きでも嫌いでもなかったのが何故かジャズ演奏は好きで今でも飽きていない 飽きっぽい性格の自分としてはとても珍しい事である。 楽しく面白いから聴きに行っていたのだと思う とても単純な事だ 当時聴いていたミュージシャン自体が面白く個性があったからなのかもしれないし平和になり ある意味無機質になりつつあった時代背景の中 ジャズミュージシャンはその世の中から浮いていたのかもしれない それが自分にはとてもまぶしく輝いていたようにも思える。

オーディオを始めた当初ベテランオーディオマニアの方たちから生(演奏)は聴いていた方が良いと結構言われた 別に自分に対してだけではなく他のオーディオ初心者達や生を余り聴かないオーディオマニア達にもそう言っていた。実を言うととても違和感を覚えていた それは今現在でもそう感じる 生演奏を聴きに行くのは良い事であるが面白く楽しい 自分がそう感じればいいのだがオーディオの音の方が楽しいし良いと思えば無理に行く事は無いと思っている。オーディオ再生に役立つから聴きに行けと言うのはちょっと違うような気がする 演奏を記録した音源は製作者により元の音とは違うようにいじられている そうしてありもしない音に対してそれを生演奏のようにとかリアルな再生とかいって作られた音場や音像を追っかけて違う方向に行っている気がしてならない。逆にベテランの方はその事実が分かっているので生の演奏は聴いておいた方が良いと言っているのだとは思うが…

ひょんなことから始めたオーディオももう11年が過ぎた ちょうど始めた頃は実際の演奏を聴いてきたジャズミュージシャンが次々と鬼籍に入っていた頃である 聴いていたアルバムも最初の頃は引き続きCDが多かったがそのうちアナログに変わってきた 個人の音楽としてのジャズのアルバムは希少価値の高い物は高価であり手に入りにくいのも個人の音楽ゆえであるので最近は納得しつつある。

年単位では半年に一回位の割合でしか演奏を聴きに行かなくなった…国内外でも中々面白い人、食指をそそられるジャズミュージシャンは自分の中では少なくなった。
時代が無機質になりとても冷めてしまったので人も同じような感じになってきたせいもあるのかもしれない そういう中 オーディオで再生する音楽が結構楽しくなってきた ジャズはジャズとしてではなく歌謡曲と同様大衆の音楽としてボーっと聴いている マニアがお金をかけて部屋だ機器だ電源だと投資しまくるのとは真逆な方向で進んでいる。

b0323858_12180354.jpg
58年のハーレムでの奇跡のショット ジャズを作ってきた人が57人(実際は58人)集まった集合写真である。今 生きているのはソニー・ロリンズとベニー・ゴルソンの2人だけになった…自分にとってジャズは個人の音楽から故人の音楽になりつつある。

[PR]
by kurama66644 | 2018-07-16 13:10 | ジャズ | Comments(0)

歌謡曲とジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧