大野雄二を聴く

大野雄二と言えばルパン3世を思い出す そうルパン3世の音楽は大野雄二の印象が強いがこの人は れっきとしたジャズピアニストなのである。

ルパン3世は60年代後半の漫画であるがアニメ化されテレビ放映されたのが70年代初頭である。この頃は大人向けのアニメとしていたので視聴率も低かったようだがその後子供向け画風や表現に替え徐々に人気を博したようだ 

キタサン自体 ルパン3世のアニメにはそれほど思い入れはないが(リアルタイムでは見ていた)大野雄二の曲に関しては結構惹かれるものがあった。
その中でも日テレ系で70年代後半に放映されていた「大追跡」のテーマーが印象に残っている。主演は加山雄三、藤竜也、沖雅也、長谷直美、柴田恭兵が扮する5人の刑事 遊撃捜査班の活躍するアクションドラマである ナレーターは森山周一郎であった。藤竜也はこの後 プロハンターやベイシティ刑事などの同系統の路線に進んでいく、柴田恭兵は確かこの番組が連ドラ初出演だったと思う、このメンバーの中で加山雄三が少し浮いていた感じはあった あの若大将のさわやかな印象があったのに強面の刑事役にはマッチしていなかったと今でも思っている(笑) 

この頃は刑事ドラマが多かった そして勧善懲悪が徹底されていたので悪者の配役は見ていてすぐわかった(笑) 八名信夫、阿藤海、川合伸旺、丹古母鬼馬二、片桐竜次…等々名悪役に徹していた こういうアクの強い人ほど普段はまじめで気さくな人が多い 実際会ってみるとそのギャップに驚かされるものである。
火曜の夜9時からの番組で視聴率としては15%平均 当時としては御の字であったと思う テレビ全盛時代で化け物視聴率番組が乱立する中まぁまぁの成績であったがこの番組の続編は無い 元々大都会というこれまた人気番組の間を埋める為に作られた事と配役のスケジュール等が合わなかったのであろう 残念である。
その後放映された大激闘マッドポリスもまた面白く こちらも大野雄二作のテーマーが軽快に展開する。

大野雄二を聴くと言いながら昔の懐かしテレビドラマの解説のようになってしまったが映画音楽「人間の証明」「野生の証明」などの音楽も担当している。

以前お伺いしたジャズ床屋さんでのJBL4343などの大型スピーカーではこの手の音楽は楽しく聴けるはず どうもキタサン宅のアマトールでは消化不良だ(;´・ω・)

b0323858_09552783.jpg
大野雄二が手掛けた名曲が沢山入っているCDベスト盤 買おう買おうと思いながらようやく購入した…(;'∀')

[PR]
Commented by 横浜のvafan at 2018-07-14 06:39 x
こんにちは、遅レスすみません。

TVドラマのテーマ曲も時代を感じさせる音楽ですね。私はほぼ太陽にほえろ!、一色でした。同じ大野でも大野克夫や井上尭之、の方をよく聴いてました。大追跡は見ていませんでしたが、こちらにも沖雅也出てたんですね。懐かしい話題、ありがとうございました。
Commented by kurama66644 at 2018-07-14 12:23
> 横浜のvafanさん こんにちは。

暑い日が続きますね 水分補給はこまめにという事で私も太陽にほえろがメインでした。
大追跡や大激闘などはエンターティナー色を強めた娯楽作品でしたね。これが更に進むとTBS系のトミーとマツや日テレ系では探偵物語やあぶないデカなどの路線でしょうか

そんな番組にかかせないのが音楽 バックミュージックです。太陽にほえろなんてそれぞれの刑事ごとにテーマミュージックがありましたから 山さんのテーマとかテキサスのテーマとか…(笑) 当時はテレビばっかり見ていました(-_-;)
by kurama66644 | 2018-07-01 08:49 | ジャズ | Comments(2)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧