演奏を聴く位置

参加しているオーディオコミュを見るとコンサートホールで最前列で聴いた時の感想が書かれていた。一人はコンサートホール初心者? もうひと方は超ベテランの方と2件の記事である。

やはり聴く人の嗜好や音楽にたいしての捉え方等で感想も違うのだと興味深く拝見した。(最近は興味のある記事が殆ど無いのでスルー状態であったのだが)
もちろんオーディオ絡みであるので単純な音楽批評とは違う視点からの感想であり一見 お二方とも同じような意見とも思える内容であったが裏読みするとそれぞれの嗜好の違いが極端に表れているようにも思えた。

この記事はクラッシック演奏時との事である キタサンはコンサートホールは殆ど行かない というのもジャズは大きな会場では野外コンサートを除いては非常に少ないので行かなかったというだけである。昔 某ホールでソニー・ロリンズのコンサートがあり2階席の真ん中より左側で聴いたことがあるがものすごく違和感を覚えた。大きな会場になると(大きくなくても)PAでの過剰な音出しが迫力があるように思えるのだがジャズの熱が全く伝わらなく今一つの印象であった。それではその会場の真ん前 最前列で聴けば良かったのかと言われればそれも疑問である 奏者がより近くにいるが壇上との段差があり下から見上げるような感じでこれまた視覚的にも不自然でありおそらく変な感じに捉えたであろう。

それでは昔よく通っていた比較的小さな会場、ライブハウス、バーなどでの演奏時はどの位置にいたかと言うと端っこの席が好みであった(-_-;)
別に通ぶってわざわざ視聴環境のよくない端に席を取っていたわけではないが 何となく眺めているのが好きなだけである。ここでもよく書くことだが音楽は好きでも嫌いでもない 演奏者と一体になり楽しむという事は昔からしない そもそも音楽自体よく分からないし音楽より人が懸命に動く姿が好きでその動きの方に注目する癖?があった。
ジャズを聴く人は正面の真ん中 なるだけ奏者に近い位置で音を浴びるように聴く人も多い そうしないとジャズの熱気、勢いが感じられなく快感が薄いという人も見かける
でも自分は昔からそのような感覚はない 奏者と聴き手が分断した音楽はある程度俯瞰して聴いた方が安心する それはクラッシックの聴き手によく似ているのかもしれない。

奏者を芸人と呼んでいいのかどうか分からないが音楽と言う芸事を行える人なので芸人と呼んでも良いような気がする クラッシックなんかは王侯貴族の余興でもあったのでいくら奏者、演者が一生懸命行っていても階層の違う貴族等は自分たちの自慢話に夢中になりロクに演奏を聴いていなかった。ジャズも白人たちに聴かせる音楽としてどこか媚びて銭を稼ぐためには仕方がないという感じでもあった。今は立場が変わりシッカリ聴かない客は客ではないと思う奏者や演者も多くなった 逆にそういう人達に媚びする聴き手も多い 音楽に格差は付きものだったのが今ではお互いに意見を言える平和なものになってしまった。

視聴する位置が会場の端っこの変な席を好むというのも 奏者には媚びしなく寄り添わない、かつ自分には出来ない演奏を提供してくれる奏者をリスペクトするその立ち位置(立場)が自分的には端っこという場所が妥協点であると体が知っていたからなのかもしれない。

尚 自宅オーディオに於いてオーディオ機器が鳴っていない隣の部屋や台所へ行ってわざわざ?聴くのはセッティングやら視聴環境を金科玉条の如くいうオーディオに対しての反論でもある。(セッティングや視聴環境の吟味等行うのは個人の自由で大いに結構だと思っている)

b0323858_13481735.jpg
これのモノラル盤が欲しかった…ロリンズとコールマン・ホーキンス新旧テナータイタンの競演。尖った演奏をするこの時代のロリンズはジャケットの描写といやにマッチしている ジャズは個性の音楽というのがこのアルバムではよく分かる アルバムオリジナルには執着しなくなったがモノラルでのリリースは再発では無かったような気がする いつか手に入れたい。

[PR]
by kurama66644 | 2018-06-24 10:07 | オーディオ | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧