なんちゃってモノラル再生を試してみる

ミンガスやアービンを急に聴きたくなったが彼らのアクの強い音楽はモノラル再生のほうが自分的には好みである。
現在モノラル再生は挫折して2台のプレーヤーもステレオカートリッジを装着 モノラルレコードも殆ど買わなくなり(レコード自体買わなくなった)人にあげるか売却し減ってきている。モノラルレコードの時代は今から半世紀前の事でその時代のプレーヤーなり機器類で再生するのがベストであると思っていたが機器自体はデカいしビンテージは超高価になって簡単には手に入らない 調整も中々難しいなど物理的(金銭的)な事も踏まえ諦めてしまったがモノラルカートリッジだけはまだいくつか持っている。

アマトールを導入しだした頃からモノラル再生はほぼ止めてしまったのでこのスピーカーではモノラル再生はほぼ試していない状態である アマトールのボワボワした締まりのない低音が意外とモノラル再生には合っているのではないかと想像し 装着簡単なケンウッドのKP-990に疑似モノラル針のオーテクAT33MONOを付けてなんちゃってモノラル再生を行ってみた。
b0323858_12442491.jpg
b0323858_12445481.jpg
アクの強さは少し薄らぐがまずまずの調子で鳴ってくれる 使っているアンプがQUADでスピーカーがソナス、プレーヤーとカートリッジが日本製のものと国内外混合でかなり適当な感じがしないでもない(-_-;) いずれにしても余り高級感のある音ではない(笑) そもそもミンガスやアービンが高級なオーディオ装置から鳴る姿は余り想像したくない…それにしてもモノラル感は余り感じられない カートリッジが疑似モノラルというのもあると思うがステレオ再生を前提としている装置群だからそうなっちゃのかもしれないなぁ。やはり本当のモノラル再生はお金と部屋に余裕のある人でないと出来ないのであろう オリジナルモノラル盤は機器類と変わらないぐらい高価だし あのまま突き進んでいたら破産していたと思う 辞めて助かった。

性格にもよると思うが執着すると周りが見えなくなってくる。ある記事でスピーカーに10万かける(出す)人はいないと書かれていた 書いた方はもちろんオーディオマニアではない普通の?音楽好きな方である 今から11年前初めてオーディオ機器と言われるスピーカーを購入したが その価格は25万円だった それまでの自分を考えるとスピーカーに25万?など考えた事も無かった スピーカーの価値もよく分かっていなかったこともあるがオーディオ機器にお金を出してもせいぜい5万位が限度だと思っていた。
そこからタガが外れてしまったようにも思う その後も「これがこんな値段?」と分かっても購入することがあったし分かっていても周りの雰囲気に流されていた感じではあった。アナログレコードも似た感じで中古品の昔のものは捨て値で売買されていると思っていたがそうでないものも沢山存在していたそれに嵌ると周りが見えなくなり意思の弱いものは流されていく。

オーディオ業界は売らんが為に高級路線にまっしぐら 更には付加価値と称して高級アクセサリーはたまた部屋の音響が一番大事、電源が大切と吹聴して機材よりさらには高い買い物を促進する。自分のように意思の弱い流されやすいタイプは要注意である「音楽を聴くのに大げさな装置や部屋はいらない」という事が10年かけてようやくわかりかけてきたところである。そういう思いでなんちゃってモノラル再生を試している自分がいる。

b0323858_12435460.jpg
ニュージーランド産のJAZZりんご 国産にはない味わいである。

[PR]
Commented by hidyh3 at 2018-06-15 15:33
こんにちは。

わたしの好きな音楽領域では神格化された演奏家の多くが、だいていは1960年まえに亡くなっているか全盛期を向かえていたので、必然的にモノラル録音が多くなります。

あるオーディオ通にいわせると、ウィーン・フィルの弦の音は圧倒的にモノラルのほうが美しいとのこと。

本当なのか、あるいは彼の思いこみなのか、判りません。

わたしは演奏がよければ、それがステレオでもモノラルでもかまわないという、いたってつまらない奴なので…
Commented by kurama66644 at 2018-06-15 19:36
> hidyh3さん こんばんは。

私はステレオ再生は動画ないしは映画でモノラル再生はその脚本、活字であるように思っています。内容は同じなのですが表現の仕方が違っているだけのような気がしています。

懐古主義でいうわけではないのですがクラッシックもジャズも60年以前かその辺りがとても素晴らしいものが多いような気がします。今回のなんちゃってモノラル再生でも良いものはとても楽しく聴けています。色々凝って何とか当時の機器で、環境でと試行錯誤したつもりですが本質を誤っていたように気が付きました。前回の記事の日付のある表現も含めて私のようなみすぼらしいシステムでもそれで充分であることを実感しています。
by kurama66644 | 2018-06-15 13:32 | オーディオ | Comments(2)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧