蠱惑的(こわくてき)なオーディオ

あえて魅力的とか魅惑的という表現を使わないで蠱惑的と表すにふさわしいと感じている。

オーディオ機器に対して愛着が持てるなど使っていて感じる事はあるが導入したソナス・ファベール エレクタ・アマトールとユニゾンリサーチ シンプリーフォーの組み合わせはそれほど蠱惑的なのである。

オーディオがある部屋は普通の洋間だがこのスピーカーとアンプで雰囲気はかなり変わる。音を聴く前にその特徴的な外観からなにやら怪しい?気配が感じられる。

所有しているQUAD405パワーアンプの意匠も日本にはない独特なもので そこから発する音は力強く品位が感じられたがエレクタ・アマトールは音楽を発信したい熱望のようなものが感じられる。きめ細やかな正確な音では決してない どちらかとルーズで大らかである そのある種いい加減さが心のゆとりをもたらす。
b0323858_09100461.jpg
フロントバッフルのはみ出たウーファー ちょっと不格好だ(;´・ω・) ツイーターとウーファーを可能な限り近づけているのはより点音源に近づけようと工夫したのだろうか…。
専用台は大理石と天然木材そして天板が鉄製と3種の違う素材を使っている、更に天板の鉄の4隅にゴムを配置 明らかにアマトールより小さな面積の天板に乗せるだけ これで地震でも来たらひとたまりもない(笑) イタリアも地震国なのに大丈夫なのだろうか?
今では手に入らないブラジリアンウッドのハカランダ材は叩くと硬質な音がする。Minimaも天然木材を使っているが響きが明らかに違う Minimaのほうがギューッと固めた感じがしエンクロージャー自体の鳴きを抑えているように感じられる それに対してアマトールは硬質でありながらあえて鳴かすようにしているようだ。
b0323858_09101606.jpg
真空管の魅力はまだ素人なので上手く説明できないが今まで聴いてきた真空管アンプの中でもこのシンプリーフォーはかなり濃い音がするようだ。もちろん真空管の種類、国籍?により多少は変わるのだろうが国内外のいくつかの既成メーカー品のなかでもこのユニゾンリサーチは石のアンプに比べより真空管らしさ(濃さ、柔らかさ、暖かさ)が強いように思う。

アマトールで聴くボーカルや弦は何ものにも代え難いとの批評を読んだ記憶があるが実際聴くまでは多少大げさに書いたものかと思っていた。そうしてアマトールでボーカルや弦を聴き、更にアンプをユニゾンリサーチの真空管アンプに替えると…批評は決して大げさではなかったと感じてしまったのである 参りました。

最近のジャズは余り聴かないがこのシステムから奏でるこちらの歌手 ヘイリー・ロレンの歌声はまさに蠱惑的である
b0323858_09102502.jpg

[PR]
by kurama66644 | 2018-04-08 09:24 | オーディオ | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧