布団部屋で聴く愛聴盤

久しぶりのジャズの話題である… そもそもタイトルが「サウンド・オブ・ジャズ」なのにオーディオの話ばかりの今日この頃。
アルバムを買わなくなったのも一因あるかな? モダンジャズのアーティストも殆ど鬼籍に入り かといって新しい人を聴いても中々心に来ない ジャズそのものを演奏する人も(ジャンルとして一応ジャズ音楽は演奏するが)減ってきたので尚更である。参加しているオーディオコミュも機械やアクセサリーの話題が多く音楽特にジャズの話題は殆ど無くなった クラッシックに精通している人が何人か音楽の話題を出すがそれも限られている オーディオコミュだから仕方がないかもね  昨年から映像関係(AV)の話題も多くなったきたようだ。今テレビは無いから却ってこの映像関係は面白そうと思っている ただしこりゃ金がかかり過ぎ…ちょっと手が出ない(^_^;)
変わった人もコミュの中には多いから記事を書くのも もう止めている…コメントも少しはしていたけど そのコメントにすら揚げ足とりなやり取りが散見するようになり益々敬遠状態 とここまでは愚痴であり スルーして下さい。(前もこんな事書いてなかったけ?)

本題はここから 我が布団部屋でのオーディオはアナログの再発盤再生がメインである。あれほどオリジナルに凝っていた?のに再発盤なのか…オーディオ的な表現が余り出来ない部屋でありいわゆる音場や定位、奥行き、広さなどマニアであれば真剣に調整するであろう要素がない再生なのである そうすると何が見えるかというと(聴こえるか)音楽の言葉が分かりやすい事である そうであれば別にオリジナルでしか聞こえない音が入っていようがいまいがそれほど関係がない 演奏者や楽器の声が聞こえてくるだけのいたってシンプルなもの 意外と音楽の本質の様なものが見えて(聴こえて)楽しいものである。そこでよく聴くジャズアルバムを5枚ほどご紹介(ようやくここからジャズの話)
b0323858_15140791.jpg
男一匹 孤高の人 JR.モンテローズの1枚 多作家でないモンテローズではあるが共演盤も含め 出来上り作品は良い物が多いように思う。ミンガスやドーハム、ウォリントンなど渋めの人との共演も寡黙な人と言う印象を持ってしまう。一度このオリジナルをユニオンで購入する現場を目撃した事がある その時 こちらはオリジナルに狂っていた時で確か大枚2万円でどれか有名盤のオリジナルを購入 その後に店員が明らかにほくそ笑んで接客したのがこちらのオリジナルを10万で購入した客に対してである。
同じオリジナルでもランクが違うのか とその日は落ち込んでしまった。一般人からすると2万でも「えっ?」という感覚であろう それが10万となると…恐ろしい。

b0323858_15144643.jpg
ジャズファンなら誰しも聴いた事がある有名盤 これはアナログプロダクションの重量盤 このオリジナルは聴いた事はあるが今ではCD等リマスターしたもので良い物も沢山出ている 個人的にはもう何が良くて何が悪いのかグッチャグチャになってしまって わけが分からない盤としての位置付け。 でも演奏をロクに聴いていない観客の中でやけくそ気味に弾いているエバンスと薬漬け状態で直前にギャラの事でもめたラファロのブンブンベースがジャズっぽい。地下鉄の通る音が聴こえる、グラスの音がどうのこうのと リアルですね~など言ってこのアルバムを聴いている人が殆どである。リマスターする度に音が綺麗になりリアルになる あとは高音質盤などが出る度 逆にジャズはどんどん無くなっていく リアルになったのは音だけで中身は俗の部分が減り雅ばかり目立ってしまっている そういう思いで聴いている。

b0323858_15150125.jpg
以前水道橋のトニーレコードで購入した アルゼンチンジャズ スイングしないジャズだが不思議なノリで結構楽しい。これはもちろん再発盤 オリジナルの相場はよく分からない B面最後の「枯葉」の表現は独特である。 そもそもアルゼンチンってタンゴじゃないの?


b0323858_15143300.jpg
西海岸の名門パシフィックレコード カーメル・ジョーンズはバップというより中間派のトランペット奏者の気がしないでもない。ハロルド・ランドのサックスと共にいい味出しているアルバム。これは確かオリジナルは持っていたような気がするが でもこちらの再発の方が傷んでいないので聴きやすい 布団部屋のシステムではこちらで十分楽しめる 61年モノラル。


b0323858_15142145.jpg
大編成は余り好きではないがこのアルバムは別。名ベーシスト サム・ジョーンズのオーケストラ キタサンの好きなスターが目白押し CDを最初に聴いた時からいつかは このアナログが欲しいと思っていた。その割には未だにオリジナルは持っていない(笑) でもこれで十分のような気がする。リバーサイドもオリジナルは高騰して買う気になれない。 小さなフルレンジで大編成物を聴いても 迫力無し! それでもこのアルバムのエッセンスは聴きとれる アルテックやJBLで聴くだけがジャズではない(聴いてもいいけど…)

とまぁ相変わらずの品性のない文章 素が俗の人間なんでお上品な事は書けない あしからず。 でも品のある音は好みである…

[PR]
by kurama66644 | 2018-02-25 10:23 | ジャズ | Comments(0)

歌謡曲とジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧