Easy does it

ゆっくりやれ 気楽にやれ、そんなに怒らないでカッカッするなよ! という訳語だが キタサンはカッカッしている022.gif

私の好きなジャズピアニストでボビー・ティモンズがいる。ボビー・ティモンズといってもピンとこない方もいるかと思うが1961年日本にも来たアートブレーキー率いるジャズ・メッセンジャーのピアニストといえばわかる人もいるかもしれない。超有名曲の「モーニン」の作曲者でもある。ジャズメッセンジャーの来日は日本でもファンキージャズブームが起こったほど大騒ぎになったほどだ。

個人的にはジャズメッセンジャーで演奏しているティモンズよりトリオなどでやっている方が好きである。「This Here」や「Trio in Person」「Born to Be Blue」など佳作が多い。ところでこれらの作品はCDで良く聴いていたがLPでは持っていない ティモンズの作品で以前からLPで所有していたのはこちらの作品だけだ。
b0323858_21383356.jpg
「Easy Does it」ステレオ日本盤再発である。内容は悪くはないのだが 如何せんスピーカーの左右に音が振られて典型的な中抜けの状態になっている。それと音圧もそれほど高くなくティモンズの黒いピアノがグレーに白茶けている状態だ。コレヤァ酷いなと思いながら所有していたのはジャケットが小気味よい雰囲気だからである(笑)

たまたまユニオンでこちらのオリジナルモノラル盤が置いてあった。価格もそれほど高くないので購入。
b0323858_21453204.jpg
ジャケットも多少くたびれてはいたがまぁまぁの状態、盤質もBだが検盤するとそれほど悪くはない。オリジナル、モノラル盤、これで黒いピアノが聴けるぞと思いA面1曲目 タイトル曲のEasy dose itをかけてみると「……!」 いまひとつ音圧が高くない しかも奥行き感も余りなく音が団子状態である。
どうしたサム・ジョーンズ!ベースがボヨーン、ボヨーンだ、切れが無いぞ。ジミー・コブの太鼓もトコトコだ。ドシーン、バッシーンではない!現存するドラマーでは最高峰のキャリアを持つジミー・コブ、私も身近で聴いた事があるがこんな音ではなかった… ティモンズも再発盤と似たりよったりで黒いピアノではなくグレーのピアノだ… タイトルと同じで気楽にやってもらっては困る。キタサンはカンカンに怒っているぞ!
その後 2曲目以降は多少ましになったが やはり音が団子状態だ、モノラルとは言え奥行き感も少ない。かろうじてB面は良く鳴ってきたが今一つのアルバムだ。
これのオリジナルステレオ盤は どうなのだろう? ひょっとすると見つけても買わないかもしれない。


[PR]
Commented by tempo at 2015-03-15 14:08 x
こんにちは、Riversideに限らずオリジナル盤が全て音質が良いとは限らないようですね、RVGだって外れはありますし、、、これこれこのアルバムは音質が特に良いという情報は今のコレクターはよく知っていると思いますが、逆にこれはイマイチといった情報はネット上などでもあまりな見ない気がします、、RiversideはPrestigeやBlueNoteなどのように、出来ればモノラルということもないようなので個人的にはちょっと難しいかと思っています、、、
Commented by kurama66644 at 2015-03-15 19:17
tempoさん こんばんは。

おっしゃるようにオリジナルが全て音質が良いわけではないのでしょうね。私自身オリジナルないしはそれに近い物に拘るのは単純に元の音がどうなっているのか知りたいだけなので本当は音質にはそれほど拘りはないのです。

あと何度かこのアルバムを聴きかえしてみましたが音量の調整でB面はかなりよくなりました。でもタイトル曲だけはやはりダメですね(笑) 別テイクがあれば それも聴いてみたいなぁ~
by kurama66644 | 2015-03-15 10:37 | Comments(2)

歌謡曲とジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧