人気ブログランキング |

幸せの定義

国民幸福度ランキングなるものがあるらしい? 国連が毎年発表しているランキングで各国国民がどれぐらい幸せを感じているか評価したものを調査する以外にGDP,社会的支援、自由度、腐敗度(笑)なるものを総合して決めるようだ。世界156各国中 日本は58位(昨年54位から4位順位を下げる)との事…

個人的には飲み屋での話題として多少ありかなと思うぐらいだが偉い先生方によると幸福には深い意味があり 不幸だと公衆衛生への脅威となりうる 幸せだと仕事へのパフォーマンスや病気への回復力、寿命にも大いに関与していると話している…

幸福とはそもそも主観的なもので客観できないものではないのか? 何故か胡散臭い  そもそも国連というのも中身は官僚の集まりで頭のいい人の集まりかも知れないが画一的で万能ではない どちらかというと日和見主義的な所が多いと感じる 紛争問題も何かと国連の意思に基づきと考える人も多いが大国主義で常任理事国主体で動かざる負えない 国連総長も絶対的権威はない。そういうお役所的な組織がだした評価?が胡散臭いと思うのは日本の官僚が出す施策などみればすぐわかる事だ まぁそれを発表する時のマスコミの偏向報道も更に輪をかけておかしなものにするのだが…

ところで60年近く生きてきたがこれまで不幸だと思ったことは一度もない。ついてないな、失敗したな、悲しいなど心情的にそう思ったことは何度もあるが「不幸」という感覚は味わったことがない おいおいキタサンはよほど裕福な生活で挫折もないのかよと思った人もいるかもしれないが(いないか(-_-;))どちらかというと世間的には底辺の生活を続けてきたと思う。
先の金融庁の年金における平均老夫婦の資産2000万では足りない云々の話で不安がる人も多いが年金自体「社会保障」ではなく「保険」であるので掛け金が多いほど多く支払われる 代替率も現役時代の給付の50%位 人口動態によってはそれより下回るとも言われている 仕組み自体はそれほど複雑な事では無い(計算方法はちょっと面倒くさいが)若い人も中年も高齢者も何となく分かっているはず 100年安心は制度の方で年金生活が安全ではない。ある一定長生きすれば元はとれるが早死にすれば損をする その早死にした人の分で帳尻を合わせている部分も実際はある  それを政局にしたい野党もその対応にオロオロする与党も老後の生活についてそれほど興味はないのであろう興味がないというより議員さんは資産がそれなりにあるので気にしないという方が正しいのかもしれない。

人は必ず死ぬものだが同時にいつ死ぬか分からない 変な話だが余り死体をみる機会が多くなくなったので「死」をイメージする事が減ってきているように思う。
自分自身「死生観」を意識するようになったのは50歳手前の頃だが20歳後半の頃 取引先の人とお会いし翌日にお礼の電話をしたら事務の女性が電話に出られ「実は○○さん昨夜交通事故で亡くなりました」と涙声で話してくれた どうやら会社の仲間同士で夜 飲み会をしその帰りに車にはねられたらしい とても元気で感じの良い方だった歳も私と変わらない(当時27~8歳位) 人って簡単に死ぬものだとその時強く思った。それから10年後位し当時の職場の近くにいた浮浪者の人達と交流も出来 その人たちの死にも何度も直面した その反面 重篤な病気にかかり余命はそれほどないと宣言された親戚がいるが医者の言葉とは裏腹に元気で生存している(今現在も)

死は生と表裏一体のもので個人的なものである それを平均余命何年でそれまでの老後の資金はどうこうと まるで自分が80歳なり90歳まで生きるものだと確定しあーだこうだと議論すること自体ナンセンスで思い上がりもはなはだしいと思っている。
物をなるべく持たないで出来るだけ手放すという考えも どこかで「死」を意識しているのだと思う オーディオをやるようになり又 物が増えてきたので今はなるべく捨てるようにしている 物を買う行為 集める行為は「生」そのものである もちろん悪い事では無いしキタサンもまだ物は買うだろう。

「生」だけ考え長生きしよう それが幸福である そう考え戦後経済発展をし医療整備、技術革新で便利になり 人は長生きするようになった。そうして殆どの人は「死」を考えなくなった それで皆 幸福になってきたのであろうか?むしろ不幸の方が多くなったきたようにも思える 生だけ考え死が無いようなライフサイクルを考え進めてきたことに不幸があるような気がする。(※自殺や早死にを勧めているわけでは絶対にないので勘違いしないように)

幸せとは自分がそれを口にし思えば幸せであり 自分が不幸だと思えば不幸になるそれだけの事である。

b0323858_10495340.jpg
シカゴへ向かう途中 交通事故で亡くなった天才クリフォード・ブラウン 25歳の若さであったが半世紀以上経った今でもその輝きは失われていない

# by kurama66644 | 2019-06-16 11:00 | 雑感 | Comments(2)

選挙を考える 2

先々月にこれと同じタイトルでブログを書いた その第二弾である。

先週大阪堺市で市長選が行われた 前市長の政治と金の問題の追及 大阪都構想に組みいられるかどうかという維新の会と反維新勢の一騎打ちなど連日マスメディアでも報道され 地元民ではない人達にも関心が寄せられていた様子であった。予想では維新の会の永藤さんが圧勝という下馬評であったが自民共産推薦?の野村さんと接戦の末 勝利と言う結果であった 尚 投票率がなんと40%… 組織票を持つ野村候補が善戦した要因でもある 6割の有権者が棄権し白紙委任したということだ 周りから見て関心が高かった選挙であったが地元民からすると対して興味がなかったという事である(;^ω^)

心情として「よい候補者がいない」「投票しても何も変わらない」「別世界の話で興味なし」「忙しくて投票に行けなかった」というところであろうか?
この中で「投票しても何も変わらない」という政治に対してのあきらめが一番投票行動を阻害する原因だと思っていたが最近 別な事もあるのではないかと思うようになってきている。それは「普通の生活が出来ている」ということである。食べ物の質は別として普通に一日3回食事が出来る、部屋には風呂があり、クーラーもある、スマホがあり色々な情報を得られ、ゲームもできる、ユニクロでそれなりの服も安く?買えるなど決して裕福ではないがそこそこの生活が出来ているから特に変化は必要ない そういう人達が政治の世界にあきらめを持ちつつも 変化を望まないので投票行動を起こさないのではないかと考える。

投票行動を起こさないが為に残りの有権者だけで選んだ政治家たちがやりたい放題になってきていると感じる 特定の利益団体に偏った意向の政策、法律を行使し不平等の世の中になっている  資本主義なので格差はある程度仕方がないと思っているし努力した人が認められないのはおかしいと思っているがやはり行き過ぎのような気もする。
大企業の平均年収が600万円を超え 景気は良くなったと政府は喧騒する 中小企業との差は150万位ありそうだ それはあくまでも正社員の話でこれが非正規社員の場合年収は300万から400万位の差はついてしまう… 個人の努力や能力の差と言ってしまえばそれまでだが 同じ国なのかと思えるほど差は開く

貰っている給料の明細をじっくり見て考えた事はあるだろうか?社会保険や税金がごっそり引かれている そんなのは当たり前と思っている人はそのお金の流れはご存じであろうか 今秋実施されている消費税10%の増税 ヨーロッパ諸国に比べるとまだ低い 日本は恵まれているなんて考えてはいないだろうか 税金や社会保険も含めた国に流れるお金は先進国ではもっとも高いのが日本である。原資は同じでもその配分は近年特に偏りが出来ている 政治と経済は密接な関係がある  経済の一連のルールを決めているのは政治でありそのルールを自分たちに都合のよいように働きかける大企業を中心とした経済界 このままいくと努力や自己責任では解決できないぐらい格差は広がってくる。

政治を決めるのは民意であり国民一人一人の声である その意識があれば今の閉塞感がある日本を変える事は出来る
衆参同時選挙は今の時点で無くなったようだが参議院選挙が来月には始まる 特に若い人や中年世代は行ってほしい 先日の年金だけの生活では2000万円足りない発言の政府は選挙に影響があるからと火消しに躍起になっている 不安が出て益々消費が落ちるであろう この問題については又 別の機会に話そうと思うが何より投票率が50%そこそこなんて続けているうちは自分の懐から知らぬうちにお金を抜き取られ続けるであろう そんな茹でガエル状態にならないように(もうすでになりかけている)したいものである。

b0323858_12225295.jpg
ちあきなおみの曲で「四つのお願い」という曲がある 1970年である 大阪万博が開催され、東京浜松町に世界貿易センタービルも出来、銀座などで歩行者天国も初めて行われた年である。経済成長していた真っ只中の頃で皆 未来に希望を持っていた そういう中で恋愛の歌ではあるがとても控えめな四つのお願いの歌詞でもある。
この当時の国民のお願いと今のお願い どう違っているのかその変化は興味深い。(※廉価版なので無理に音圧を高くして変に聴こえる(;'∀'))

# by kurama66644 | 2019-06-15 12:51 | 雑感 | Comments(0)

習慣化

ある人のセミナーで「習慣化を妨げる要因とは!」という内容の話を聞いた

習慣化するには4つの段階(ステップ)があるらしい 第一段階として無意識、無能(知らない、出来ない)第二段階として有意識、無能(知っているけど 分かっているけど出来ない)第三段階 有意識、有能(意識すれば 何とか出来る)そして第四段階が無意識、有能(知らず知らずの内にやってしまう、自然に出来てしまう)という事のようだ。 ここでいう習慣化は第四段階の事であるが第一段階から第二、第三を飛び越していきなり第四段階にはいけない 必ず?第二第三段階を経るという事である そして習慣化を妨げるのはこの第二、第三段階であり この第二、第三段階に存在するのは「不快」という事であるとその方は話されていた その逆に第四段階(習慣化)は「快」ということになり 意外な事に第一段階も「快」であるようだ…

「快」というのは快楽、心地よいという意味でもあるが本能的に行動を続ける動機づけになるのは間違いない。今ジャズピアノを習っているが第二段階にいる(-_-;) 理屈は少しづつ分かっているが上手く出来ない… 不快である(笑) 時々意識的にやると少し出来る場合もある これは第三段階 意識してやるのは考えながら行うのでストレスがたまる これも不快である この不快が続くと当然ながら嫌になっていく そうなるとある事を考える…「やめてもいいよなぁ~ 別に誰も困るわけでもないし 自分で苦労して音を出さなくてもオーディオで聴けるし」 これが言い訳である 別名「逃げ」とも呼ぶ(;'∀') ダイエットなんかも中々続けられないのは不快になり 別の快を求めて第一段階に戻る リバウンドあるいは挫折という行動パターンになってしまう。すごく当たり前のようだが妙に腑に落ちてその話をじっくり聞いていた。

この習慣化というのは趣味の世界では成り立ちにくいと思っている 趣味の世界なのだから当然 快感や楽しさが必要でありそれが動機になる それならば第四段階の習慣化になると思うし 長く続けている人なんかは正に習慣化されていると思いがちだが実はそうではない。殆どが第二、第三段階に行くと又 第一段階に戻ってしまう…
それは習慣化されると刺激が無くなるからある意味面白くなくなる 単調になってしまうのである 第二、三段階で色々な理由をつけ第一段階に戻ってやり直してしまい新たな「快」を求めてしまう。
オーディオで例えるとオーディオは機器のつなぎを間違えなければそれなりに音は誰にでも出せる そして機器自体壊れていなければ正しく音楽が聴ける。普通なら簡単に習慣化されるのだが それだと面白くない 電源だ、部屋だ、やれ調整だ 機器により音が違う、歪がどうこうと自分自身で課題?を見つけ第一段階に戻って取り組むことになる 2~3段階に行っては1段階に戻るその繰り返しである 第四段階でも「快」はあるのに第一段階の「快」を求めて奔走する。

第一段階と第四段階は同じ「快」でも少し質は違う 第一段階の「快」には「楽」が入っている そう「快楽」なのに対し 習慣化される「快」には「感」が入る「快感」なのではないかと思う。オーディオの世界の中で習慣化されている人を殆ど見かけたことはない 習慣化されると趣味とは言えなくなるからである ただしオーディオ機器を持っている人で習慣化されている人にはお会いしたことはある。どちらが正しい、正しくないという事では無く やはり生き方の問題だと思う。

b0323858_08292317.jpg
挨拶は強要するものではないが挨拶できない人が増えている 口下手なのか時間が惜しいのか分からない 子供の頃 人には挨拶しなさいと教えられた…今は知らない人に挨拶すると不審者が多いので危険のようだ そういう世の中に誰がした! 自分も含めて大人の責任だと思う 反省である…

# by kurama66644 | 2019-06-09 08:59 | 雑感 | Comments(0)

人に任せる

社内を見回すと頑なに自分の仕事を全うする人を見かける 特に年配の方に多い 責任感が強いのであろう 立派である。ただよーく観察していると他の人でも出来る仕事も中にはある 手が空いている人もいるのに任せればよいのにと他人のことながら思ってしまう(-_-;) 人に任せない理由を聞くと何やらノウハウがあるらしい 自分が培った経験なんかもあるらしい? そのノウハウを出来るだけ箇条書きにし簡単でもいいからマニュアルにし徐々に教えていけば と話すとそんな面倒くさい事をするぐらいなら自分がやった方が効率がいいし早いと中々聞いてくれない… 自分も以前勤めていた会社でそういう事はあったと色々と回想する 確かに真面目に職務を行いそこから自分だけの経験ノウハウが出来ると人にそれを公開するのが惜しくなるものである 皆がそれぞれそういう考えを持っているとその人でないと出来ない事が多発し流れが悪くなる。

人は苦労して得たものや事柄に執着し手放さない習性があり珍しいことでもない。以前勤めていた会社が廃業になってから仕事の事もそうだがそれ以外の事でも自分自身なるべくオープンにするようにしている同時に得たものはいつまでも取っておかないで手放すように心がけている これは趣味の世界でも同じでCDも一時期全て処分し 今度はレコードも同じく処分した(それでも100枚ぐらいはあるかな?)オーディオ機器も必要のないものはアクセサリーも含めて処分した 普通の機器しか無くなり同じCDを繰り返し聴く日々である おかげで刺激が無くなった(笑) ごく日常の中の一部にオーディオがあるという感覚 生活に必要な冷蔵庫や電子レンジに近い感覚である もちろん雑には扱っていないし掃除などし埃が付かないようにもしている。こうなるともう趣味とも言えなくなる そう拘りがないので色々弄る必要もないわけである。始めたピアノも今は時々鳴らす程度だ 最初に宣言した通り老後の趣味であるので本当にマイペースにやっている スタンダードの「枯葉」のアドリブが上手くいくとそれだけで一日楽しい気分にさせてくれる プロ並みに上達するとか人に聴かせるためにやっているわけではないので気楽で楽しい。

オーディオを始めた当時も「人に任せる」その感覚をもっと持っていたならと少し後悔している…どういう事かと言うとSNSの発達で他人のオーディオを見る、知る機会が増えたので人のやっている事で良い事、凄いと思う事は自分でも試してみたくなる そして同じような機器やアクセサリーを購入しそれと似たようなスタイルで展開していく事になり知らず知らずの内に似た傾向の事をやりだしてしまう羽目になる。そうではなくてそういう良いものはその当事者や出来る人にお任せして自分は違う事 他の人がやらないような事を見つけ実行していく事をすれば お互いに被らない そしてその違う事をもし誰かがやるようになりそちらの方が結果として良い方向にいくのなら それを捨てそれを行っている人に任せ 自分は又 違う道を(違う事)を発見して行っていけばいいと考える。

オーディオなんて拘りのある人が殆どである 逆にこだわりのない人の方が少ない 金と時間をかけて追及している 凄い事である。そのいいどこどりをして自分のシステムに生かす なんて殆どの人は考える いいどこどりなんてしなくてもOK、そういう良い事?はその人に任せればいいだけ 大抵は先ほども言ったがお金や時間をかけている それと同じことを今から自分でやる必要はない、別の事を考えれば良いだけである。

b0323858_11074548.jpg
以前からモヤモヤしていた事 なぜ世間はこういう考え方で生きていくのか?など一般常識とされる事に疑問をもってきたが自分が思っていたのと同じ疑問を持ち経験談も含めての哲学者で武道家でもある内田先生と施術家の池上先生の対談集である。自分が過去このブログに書いた事柄の回答に近いものもあり一気に熟読した。

# by kurama66644 | 2019-06-02 11:24 | 雑感 | Comments(0)

本音

このブログはオーディオやジャズそして以前はレコードの事などメインで書いていた しかしながら最近はカテゴリーにあるように「雑感」というか ぼやきが多くなった(-_-;)

基本好きな事を書くのは楽しくてよいものである 上記の事を書かなくなったのはきっと楽しくなくなったのであろう('◇')ゞ でも嫌いになったわけでもない日常の生活に溶け込んでしまい特別な事でもなくなったので余り書く気がしなくなっただけかもしれない 人によって感覚は違うと思うがオーディオなんて高価な物は昔から馴染めなかった そう感じていながらその世界に曲がりなりにも入ると色々な刺激があり面白いとも思った 何事も経験はしておくものである そこで繰り広げられる人間関係、人間模様色々興味深いものがある。

仕事などで忙しいのでその反動として趣味や娯楽がある 特定の自分だけの利益のためにあるのは個人的なものだから許されるのであってそれが政治の世界そして行政なり司法が身勝手に動いたとしたら許されるものではない もちろん時代背景や技術の進歩も関係がある その時は常識であったものが時代によって変化する事は普通にある そのルール(法律等)を変えるのは政治であり立法である。主権者である国民の総意をもって代表を選びその声を反映させるのが選挙でありとても重要であるのだが殆どの選挙の投票率が50%前後…つまり世の中どうなっても知らないよ~とその権利を放棄している人が大半を占めていることになる とても恐ろしい事である。

キタサンにしては何やら小難しい事を書いてしまったが('◇')ゞ 政治に関心を持つようになったのは38歳頃だったと思う この時分はバブルがはじけてもう7~8年が経つ頃であったが普通にサラリーマンをしていて何か今までと違うと感じ始めた 行動を起こしても何故か沈んでしまう感覚しかなかった 一生懸命やれば給料も上がるという昭和的発想の終焉の時期だったと思う ちょうど2000年をまじかに迎える世紀末の頃である。

何事も一生懸命やるという事は今でも大事にしているがそのやり方とそのルール(法律等)が時代背景にそぐわないものが沢山あるのが分かったのはそれから10年後 自分が失業した時期でもある。やはり自分が当事者にならないと分からない事や気づかない事が沢山ある 無職生活を3年間続けた事とその間の生活はとても貴重な体験であった 無職と言っても霞を喰って生きていけるわけではないのでアルバイトなどの非正規の仕事もいくつか行った 50歳過ぎてのアルバイトにはそれほど抵抗はなかったが同時に時代遅れの法律や正規社員といわれる既得権益など(社員自体そう思っていないと思うが)合理的でない事案を沢山見て政治や法律を勉強するようになった。

今は無職ではないが(;^ω^)大きな会社に転職している来年で60歳であり社員でなく嘱託である 嘱託自体この会社では社員と殆ど待遇は変わらない(もちろん金銭的な違いはあるが…)社内には様々な雇用形態があるアルバイト、パート、嘱託、派遣、委託社員、正社員、シニアパートナー等々 自分が新入社員だった頃正社員が当たり前だった 他にアルバイトはあったが学生か主婦の方ぐらいであくまでも小遣い稼ぎ的な補助であったが今やアルバイト、パートでも貴重な戦力そして優秀な方もいる。
実はこの会社に入ったのは無職中アルバイトで入った 50過ぎのオッサンをよく事務職として雇ってくれたと今でも不思議に思う アルバイトで当時東京都の最低賃金であったが人が嫌がる仕事も率先してやった そしてそれは苦にならなかった やりながら上記の色々な雇用形態の人達の事も観察していた 全ての人がそうだとは言わないがやはり正社員という人種は特権意識をもってかなり守られているというのが素直な感想であった(少なくてもこの会社では)おそらくはこれが社会全体の縮図でもあるのは容易に想像できた。2年ぐらい経ち上司から正社員にならないかと打診があったが断った 確かにアルバイトと比べると給料は段違いだがこの歳で今更正社員でもないし かといってこの時給(当時は860円ぐらいだったと思う)ではちょっとと思ったので嘱託なら年契約で働けるしいつ辞めてもいいやと思い こちらを選んだ。

話は飛ぶが先日 日商の会頭が「年収200万円出させるのは中小企業に大打撃」という旨の発言をした。これは経団連も政府からの要望で最低賃金をこれ以上上昇させるのはもう限界と言った話に呼応するものである。経済財政諮問会議で時給1000円以上にする議論に反対する意向でもある 時給1000円×8時間=8000円 20日として160,000円 1年で200万弱の計算になる 国税庁が発表している年収平均430万 その半分以下という事は相対的貧困のラインを満たしている。
あくまでも世帯の中の補助的なものとして(別に主に働いている人が世帯の中にいるなど)ならわかるが一家の大黒柱あるいは世帯主としてなら厳しいと思う そして今の社会それで生活している人が爆発的に増えてきている。もちろん自己責任論もある 先ほどの正社員の既得権益も自分が正社員になれば済むことと一蹴されてしまいがちであるが 法整備も含めてそれを実行する議員などがそもそも既得権益化している状態では自分が不利になるような法改正もしない NHK問題もこれにあたる 更に先ほども言ったように選挙に行かない人が有権者の半分しかないので民意が反映されない悪循環に至っている。

年収200万以下というのはもちろん手取りではない 税金や社会保険を引くと更に低くなる 自分もそういう生活を経験していたからきついのは分かる 自由度がなくなる ただその状態でも生きられる術は身につけたつもりである。自分だけの利益の為 楽しむ為の趣味に何百万円もかけることは個人の自由で一向にかまわない それが特定の人達だけの利益につながるような今の政治には辟易する それを変えるには民意が必要でその民意を反映してくれる人を選ぶ選挙が国を、国民の生活を変える事が出来る最大のやり方でもあると思う 選挙の投票率が8割以上になると国は変わっていくと思う。



# by kurama66644 | 2019-06-01 12:26 | 雑感 | Comments(0)

感じた事を素直に書きます 一日一つは何かを得、逆に何かを手放すように心がけています


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る