再発盤

このブログで音源の大事さを何度か語ってきた。その中で元の音(オリジナル盤)についても何度か自分なりの聴いた感想を述べてきた。

正直まだまだ聴き比べと言うレベルには程遠いが 沢山所有してきたCDとの比較は自分の中では何とか出来てきたのかなぁと思っている。
私の聴くジャンルは50、60年代のジャズが大半なので元の音となると当然アナログになる。傾向さえつかめればよいと考えていたが
これが又 色々でやはり聴いてみないと分からない事が多く困っている(^_^;) 最近はオリジナルと書けばオークションでも人気がついて
高額になるケースが多い。

ベテランのレコード蒐集家が60年代の初期ステレオ盤なんか 10年ぐらい前まではジャズの三大レーベルでも一部を除いてオリジナルでもそう高くはなかった。と話していたのを聞いた。現在はオリジナルと書いてあれば何でも高めだ!

先日 ある蒐集家のブログで紹介されていたジャズのアルバムを無性に聴いてみたくなりユーチューブで検索してそのアルバム内の何曲かを聴いてみた。
これは中々のものだと思ったが そこはやはりユーチューブで平面的にしか聞こえない。前にも言ったがBGMとして軽く聴く分には良いが この音源はしっかり聴いてみたいと思った。ところが希少盤らしくネットで検索しても中々見当たらない、価格もかなりの高額らしい? まぁ中古レコードの価格相場は結構コロコロ変わるからあてにならないので そのうち足で探して見つかればいいやぁと思っていた。そうするとネットで一件 再発盤だが掲載されていた。
再発盤のくせに 結構な値段である。ちょっとした人気盤のオリジナルも買えてしまう価格であったが提示されていた初期価格で ためしに入札した。
やはり再発盤で数千円の価格とモダンジャズの少し前のいわゆる中間派の方の演奏という事で私以外入札がなく すんなり落札された。

ジャズを聴く人なら名前は知っているはずだが この人を好んで聴く方はあまり知らない。
「レスター・ヤング」
フレージング革命と評論家の油井正一さんは言っていた。詳細は書かないがジャズ界の中では最重要人物の一人に値すると。

b0323858_21095113.jpg
一応オリジナルテープをリマスターしたようだが ドイツ盤だと思う。重量盤でもあり180gあるようだ。
1959年モノラル盤だがカッティングは再発なので当然ステレオ用のカッティングマシンで作られたと思う。最近バンゲルダーの誇張された(笑)音ばかり聴いていたので
普通に聴こえたが あまり中間派の演奏と感じないハードな面もうかがえた。

音の凄さを聴くアルバムではないと思う。かといってBGM的にワインを飲みながら(笑)ゆったり聴くアルバムでもないように思う。
ジャズと言う音楽の普遍さを味わうアルバムだと思った。
b0323858_21100467.jpg
アルバムの中に入っていたレスターのポートレイトである。街を歩いていても帽子をかぶった普通のおじさんにしか見えないと思うが すべてのジャズメンに多大なる影響を与えた凄い人なのである。

あーっ これのオリジナルを聴いてみたい。一生聴く機会はないかもしれないが…。


[PR]
# by kurama66644 | 2014-07-09 21:28 | オーディオ | Comments(2)

オークションの恐怖2

オークションは直接 物を見れないし触れないので提示された説明と あと写真が載っているならばその写真を信じるしかない。

今年の3月頃から このオークションでレコード入札をよくするようになったが やはり足で中古レコード屋に行って現物を確認して(検盤も含めて)購入するのが
良いのかもしれない…。

正直言って余り高価な物は自分の価値判断もあり このオークションでは買う事はないが だからと言って安ければホイホイ買う事もしない。
オリジナルかそうでないかはセンターレーベルやジャケットの写真が載っていれば 大体わかるようになってきたが盤の状態は現物をみないと分からない。

一応 NM、EX、VGとか説明書きしてはいるが実際は その基準も人によって微妙に違うし気づかないところもあるかと思う。
ある程度レコードに慣れている出品者だと それほどひどい違いはないが 問題はレコード鑑定?に慣れていない人だと その表記自体 目線で確認した結果
多少スレや傷がある程度などとサラッと書いたりしている。現状でもうアナログプレーヤーが無かったりする場合もあるので音までは確認出来なかったりする、

実は先日 聴き比べしてみたい音源のレコードがあり結構安い値段で出品されていた。値段の安さに釣られた訳ではないのだが余り市場で見かけない物だったので
入札し 他には入札者がいなかったので(オリジナル盤でもなんでもない国内の普通の盤)すぐ落札になった。

元の音源(オリジナル)は所有していたので比較の為に購入したのだが これが又 なんともいえないほど酷い傷盤(^_^;) 音飛びまでしなかったが レコードクリーニング液で洗浄するも 埃やごみというより やはり傷が致命傷になって聴くに堪えなかった。

レコードなので音楽性に重点を置く事ももちろんだが 余りにもプチパチノイズが多いのにも困ったものだ。
オリジナル盤は貴重だが このようなプチパチノイズが洗浄でも落ちないようなものは 持っていてもしょうがないと思っている。
たとえ希少盤だとしても 音楽を聴いてなんぼのものだからだ。コレクターとは違う。

本人が悪気があって出品したのではないと思うので結局 その判断をした自分が悪いのかもしれない。
ただ中には表記が明らかに違うものもあった。MONO表記だったのが聴いてみるとSTEREOだったものがあった。
出品者の経歴等(過去の出品数、評価など)みると MONOとステレオの区別がつかないわけでもない。(ジャズの古いものはMONO音源に価値性をおき金額的に高めになっている場合が多い)
意図的に書いた可能性が高い。メールで問い合わせると何日かしてからスイマセンと一言 あやまりのメールが来た。

お互いに顔の見えない取引(商売?)だからこそ信頼が大事である。ネットではその信頼を得るには お互いの約束事をクールに着実に こなしていくしかないのだろう。
そして嘘はつかない。それが基本だと思う。




[PR]
# by kurama66644 | 2014-07-06 10:16 | Comments(4)

縮小

少し大げさな言い回しだがオーディオ活動?を縮小しようと思っている、というか実際縮小している。

のめり込むと我を忘れて突き進むのがAB型の特徴(笑) ところが一旦冷めてしまうと 一切を捨ててしまうのもAB型。

機器類にも興味が失せてしまい、ケーブルなどのアクセサリーも もうどうでもよくなった。ルームチューニングも狭い部屋で心地よい音をと思い、高いルームチューニング材を買って色々試してみた。こちらもアナログに回帰してから どうでもよくなってきた。部屋を合わせるのではなく部屋に合った装置、音量、聴き方をすれば事足りる事に気付いた。

私の書斎兼布団部屋にも 3台めのアナログプレーヤーを置いたり 高価なルームチューニング材を置いたりしていたが結局この部屋ではユーチューブで聴く時間が一番長い。
b0323858_15563459.jpg
今はこのように波動スピーカーとオーディオを始めた時から所有しているDENONのデジタルアンプ、パイオニアのCDプレーヤーと簡素なシステムになった。
高いルームチューニング材は 我を忘れて勢いで買った反省として敢えて売却してしまった。この簡素なシステムですら聴かない事が多い。
これもいずれ無くなるかもしれない。というのはCDは殆ど聴かなくなってしまったから…(^_^;)

この部屋でアナログプレーヤーが無くなったので久しぶりにCDを聴いてみた。悪くはないが面白くない。
波動スピーカーの音の出方が特殊?なのでBGM用として聴くには中々心地よい。でもBGM用なら何度も言うが私にはユーチューブで十分。

この5畳足らずの部屋ではこれでOK? その内 オーディオ機器は何も置かなくなる日も近いかもしれない。(この部屋では)

[PR]
# by kurama66644 | 2014-07-05 19:05 | オーディオ | Comments(0)

やはり違う!


私がレファレンスの一つとしていたアルバム「ウィ・スリー」のオリジナル盤を聴いて衝撃を受けた事は以前 ブログで述べた。
b0323858_08580229.jpg
ルディ・バンゲルダーが絶頂期の頃のプレステッジの傍系レーベルのアルバムだが このシリーズは有名盤もいくつか出ておりジャズ好きには聴きどころ満載だ。
ケニー・ドーハム、ジャッキー・マクリーン、カーティス・フラー、エリック・ドルフィー、ベニー・ゴルソン、アート・テイラー、ロイ…へインズ…有名どころで枚挙に暇がない。

CDではこのシリーズは大体を所有していて聴いたことがあったがマイナーな物はCD化されていないものもあった。
今はCD化されているが当時 されていないもので こちらのアルバムがある。
b0323858_19011030.jpg
サックス奏者でありフルート奏者でもあるジェローム・リチャードソンの「ミッドナイト・オイル」というアルバムだ。
ジェローム・リチャードソンはマイナーな奏者でアルバム数も少ないが 私はこのジャケットが好きでかってはそれだけでこのアルバムを購入した。
購入したのは日本の再発盤でジャケットもきれいだし盤の状態も良い。当時はアナログはプレーヤーこそ持っていたが殆どCD再生だったので飾りとして置いておいた。

「ウィ・スリー」と同じくバンゲルダーが絶頂期の頃のニュー・ジャズレーベルの作品。久しぶりに(何年か振り?)に聴いてみた。


…演奏自体悪くはないのだが…前述の「ウイ・スリー」とは明らかに違う。少し平坦に聴こえてしまう。勢いがない。まとまりすぎている。
単純にこの日本盤再発アルバムだけ聴いてみると中々いいぞ!と思うかもしれない。
ところがウイ・スリーのオリジナル盤を聴いた後では 力が抜ける感じだ。本来のこの人の演奏そしてバンゲルダーの録音とはおそらくほど遠い感じなのだろう。
うーん こちらのオリジナル盤も聴いてみたい… 中々市場に出てこないんだよなぁ。出ても何万もするし…

ここまで この日本盤を けなしているように受け取れるかもしれないが 実はこの日本盤 当時80年後半から90年にかけて出されていたWAVE JAZZ CLASSICシリーズの1枚で WAVEはこの頃 積極的にジャズアナログも輸入してジャズに注力していたようである。おそらくオリジナルほどの力強さはないが 音の広がり奥行き感は中々のもので リチャードソンのフルートとサックスの音色もダークさはないものの メリハリがあって これはこれで私の好みである。リイッシュとはいえ頻繁に再発されないレア盤である。再発盤といえども 私のお気に入りの一つである。

タイトルで「やはり違う!」というのはオリジナルが優れ、その他の再発が劣っているという意味ではない。元の音源を聴いてみてこそわかる事があるという意味である。優れている、劣っている、好きだ、嫌いだ…と色々考察できる。




[PR]
# by kurama66644 | 2014-07-04 10:12 | ジャズ | Comments(0)

針先チェック

いやはやマニアックになってきたと自分ながら思う(^_^;)

下流から攻めるより上流から攻めていった方が やりやすいと思い その元となる音源を注視しているが かといってその他の事はまるっきり無視するわけにもいかない。

アナログ再生で その上流部分となる 盤(音源と盤そのものの状態)の次となると やはりカートリッジだと思う。カートリッジをコレクションしている方をよく見かけるが それはそれで楽しいような気がする。私も金銭に余裕があれば 試してみたいカートリッジがいくつかあり アナログに回帰した時 欲しい物、購入する予定のものをリストアップしていたぐらいだ。

モノラル用もステレオ用の針も 超高価ではないが中古も含めて質の良い物を2~3個手に入れる事ができ結構それで満足している。
前回 盤のクリーニングについて書いたが盤がいくら綺麗で状態が良くても 肝心のカートリッジの針先が汚れていると最後まで影響が出てくるようだ。
当初 そこまで神経質になる事もないと思っていたが ライト付きのルーペを購入して針先を見ると かなり埃が付着しているのがよくわかった。

これはエアブラシや刷毛で演奏前に掃除しているが それでは取れない埃もあり 結構悪さをしている。
毎回ではないが スタイラスクリーナーで掃除をしてあげた方が良いと思いクリーナーを物色した。候補としてレイカ ドクター・スタイラスがあったが なんと18000円! ちょっとしたカートリッジも買えるぞ(^_^;)と思い これは躊躇し 結局購入したのはこちらのStylus Fineという商品。それでも5000円弱の価格だ。
b0323858_12231528.jpg
斜めにカットされたシリコンで出来た綿棒の先に液をたらし針に軽くこすりつけるやり方で カンチレバーには極力ふれないように工夫されているのがわかる。

こんなんで効くのかな?と思いつつ もう一つの同じ綿棒のようなもので濡れを拭き、再生すると確かに解像度が違っていた。
解像度というより本来の汚れの少ない状態の音なのだろう。レコードと同じくやはり掃除は大事だ(笑)

[PR]
# by kurama66644 | 2014-06-29 12:26 | オーディオ | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧