アナログ盤の見直し作業

オリジナル盤の魔性に魅せられオリジナルコレクターになりかけたが目が覚めて普通の?「アナログはまあまあ好きである」状態に戻った。

1枚当たり数千円程度はそれほど大した金額ではないとコレクターやオーディオの世界の人はそう思うだろうが普通の庶民はそう思わない人も多いと思う。
自分にとっては1枚あたりに5桁以上するのはオーディオをやる前には考えた事もなかったし しょせんその程度の経済力しかない、身の丈にあった生活をしようと反省している。

好きな音源は色々な手段で今は手に入る 音が違うからオリジナルに拘る気持ちも分かるが もうオーディオの世界とも離れてきているので音だけで判断はしない。
自戒も込めて集めたオリジナル等はオフ会のお土産にしたりして徐々に減らしている。とても好きな音源等は多少は残すつもりだがそれはオリジナルだけでなく再発盤もしかりである。

半年に1度位の割合で手持ちの盤を見直している。本当によく聴いているのかという事もあるが聴き直して盤質がかなり悪いものもある 以前ならそれでもオリジナルだから…という事で残したりしていたが余り聴かないような盤は手放すようにした。ここ何か月間はアナログを1枚も買っていない、そしてCDもである。それでも今ある盤で事足りているし 見直すぐらいだから聴かない埋もれている盤も存在するということであろう アナログ盤に対してそれほど拘りは無くなった。ただアナログ盤自体 冒頭でも書いた通りまぁまぁ好きなのである。このまぁまぁぐらいがキタサンにはちょうど良い按配なのである。

アナログ盤は1枚1枚表情が違っている 取捨選択するのにかなり迷う。それに対してCDはそこまでの感情は無い、そしてPC、ネットワークオーディオになるとモノとしての実態がないので愛着は生まれない。中身は同じ音楽、楽曲としてもこれだけ捉え方が違うのは実態が無い不安定なものに器(形)がある事による安心感の違いからくるのではないかと思う。 生演奏はそこに人が介在するので人がいる事により安心感、安定感が増す 何事も目に見えないものに対する不安、恐怖はある そこに実態を見いだす事でその不安、恐怖を和らげているといえよう。オーディオマニアが機器をPRするのも音と言う見えないものに対する実感を機械でカモフラージュしているようにも思う。

今回の見直し盤の幾つか…
b0323858_09405482.jpg
珍しいエド・シグペンのリーダー作 そうそうたるメンバーだが音の奇抜さで購入。音楽性はあるという評論家はいるが余りスイングしないのでオーディオマニアには音のみで購入対象になるだろうがキタサンの好みでは無かった。こちらも処分対象。

デック・モーガンは好きなピアニストでこの盤は欲しかった1枚である。たたどうしてもチリパチが取れない(かなり大きな音) CD化されているかな? これは綺麗なアナログ盤が欲しいが もう手に入らないかもしれない…しかし処分するつもり。

アート・ファーマーのパーセプションも良いアルバムなんだけど 同じくチリパチが大きすぎる、状態が良いのが欲しい。

ジャズランドの隠れ名盤 ソニー・レッドとブルー・ミッチェルのイメージス これも欲しかった1枚だが 手に入れた価格が破格の値段、盤質もチェックしないで手に入れた。結果 状態はは良くない…単にオリジナルというだけで手に入れた悪い例 反省である。

全てオリジナルだが中身をよく吟味しないで買った経験の無さゆえの購入品である。


大型連休の方も多いと思うがキタサンは土曜日は出勤。普段から連休は少ないので(土日休みではない)この3連休でもものすごく貴重に感じる。
知り合いの子供が来るのだが はて何をしてやれるか考えた。オーディオを聴かせても芸が無いし興味は湧かないだろう さりとてどこに行っても混んでいる。
意外と中年(高年)のオジサンが小さな子供にしてやれることは少ない(^_^;)  折り紙なんて今の子供はやらないだろうと思い いくつか作ってみた。
自分の子供の頃は結構 作って楽しんだが現代の子供は興味が湧くだろうか? 何十年振りかで折ったが指が太いせいか余り上手くいかない…
b0323858_09410798.jpg
レパートリーはまだ色々ある、昨日の事は直ぐ忘れるのに折り紙なんて昔の事はよく覚えている 不思議なものである。





[PR]
# by kurama66644 | 2017-05-03 10:04 | オーディオ | Comments(0)

和ジャズレコード

前回の「武士道と騎士道」に触発されてか和ジャズを何枚か聴いている。昔は馬鹿にして聴かなかったのだが根底にある日本人の血が騒ぐのか歌謡曲、昔のアニソンとともにこの和ジャズも 「キタサン日本人の心」3ジャンルと称して聴きだした。

しかし見事に和ジャズのアナログが少ない…ジャズレコードはどんどん減らしていっている中 和ジャズはその中の1%ぐらいかな(^_^;)。

b0323858_11042876.jpg
和ジャズといえば秋吉敏子さんとこの渡辺貞夫さんが日本人ジャズここにありと世界に(アメリカに)知らしめた貢献者として両巨頭であろう。
takt jazzのボサノバをフューチャーしたこのアルバムは当時のボサノバブームの中 製作されたもの 確か66年位の録音のはずである。
録音が良いのか貞夫さんのアルトの音色が野太く聴こえる。後年発売された数々のアルバムは外人が吹くアルトに比べ軽いと感じているが このアルバムではそれは感じられなかった。ときおり持ち替えるフルートの哀愁を帯びた音色もボサノバに合っている。 しかしながらこれを手にした時ジャケットも含めて中身もボロボロの状態 最悪のコンディションだった、なんとか掃除等をマメに行い復活させたがそれでもプチパチ音は消えない箇所も沢山あり 盤質評価ではC+からB-位の状態。それでも手放さなかったのは音楽が良かったからだろう。


b0323858_11043851.jpg
こちらは以前このブログでも紹介したアナログプレーヤーメーカーのマイクロが新製品発表会の後のレセプションとしてゲストを招いて演奏会を行ったライブ盤
北村英治の巧妙な司会進行や中本マリの実質上のデビューアルバムでもあるので「お宝」といえるのだが多くのジャズファンは見向きもしない捨て値で買った(落札した)もの。録音機材や演奏位置関係等鮮明に解説されているライナーノーツ等みると当時のオーディオマニアが音質調整等しやすいように書かれたものでプロ向きの盤なのかなとも思ったりして…。クラリネットのほのぼのとした雰囲気が和にピッタリするアルバム。


b0323858_11044925.jpg
最後にこちらのアルバムも以前紹介したかと思うが90年代初頭彗星の如く現れたテナーの新生 今津雅仁のセカンドアルバム。
数々のジャズ賞を総なめにしてジャズ界の寵児としてマスコミにも取り上げられた。この人は日本人では珍しく破天荒なジャズメンでそれはプレーにも表れている。
近年復活して順調にいっている噂を聞いたが身内が立て続けに亡くなったりで人生の浮き沈みが激しい中 頑張っておられるようだ。ここ最近は指導者として堅実に後進の指導に当たっているようで又 ひのき舞台に上がってきてほしい。あなたの豪快で情緒あふれるサックスプレーは日本人では貴重です。


和ジャズは基本的にアナログで聴きたい。よく見させていただいているsenriyanさんの文才豊かなジャズブログがあるが武田和命さんのジェントルノヴェンバーが紹介されていた。あのアルバムはホント特別でアルバム自体ジャズ喫茶で聴いただけで家ではCDなのでアナログ盤は手に入れたいと思っている。
今では結構な金額になっているような気がする。

[PR]
# by kurama66644 | 2017-04-30 08:58 | ジャズ | Comments(2)

武士道と騎士道

武士道というと新渡戸稲造の著書でしか思い浮かばなかったが江戸以前と以後では又 微妙に考え方が違ったりで色々考えさせられたりするが そもそもは日本の「道徳」を海外に紹介するために書かれたらしい。

葉隠の一節で「武士とは死ぬ事と見つけたり」なんて恐ろしい事が書かれているが そんな簡単に死なれては武士の存在すら無くなっていただろう。
要は死ぬ気になったつもりで一生懸命精進せよという教えのようだが日本人=切腹、忍耐、特攻というイメージが西洋人にいまだにあるらしい、現在の日本人の姿を目の当たりに見ると「あれ?」と思う外国の方が多いのではないかと思う。それだけ武士道精神なる物は跡形もなくなりつつある。

それに対して騎士道はどうなんだろう?とちょっと興味があり調べてみた。
同じ戦う人でありながらキリスト教を守るというのが根本のようで弱者への憐みはあるがキリスト教を守るという前提か 異教徒へのあくなきまでの闘い、悪への対向という他者の立場、状況ににより極端な態度を示すような感じを受ける。

まぁ一応カテゴリーを「オーディオ」としたのでオーディオと関連付けてみると オーディオ業界は「騎士道」精神にのっとり進んでいるのかと思ったりで…
かなり強引なんだけど直感的に思ってしまったので間違いはあると思うが個人ブログなのでその辺は勘弁してもらいたい。

そのキリスト教に当たるのがいわゆる「良い音」に当たるのではないかと思う。良い音はオーディオ業界ではもう思想的なもので良い音を目指して、良い音で聴きたい、良い音にするためには等々 そのベクトルが決まっている。良い音は正義なのかもしれないが その正義を疑う人は騎士道の中では少ない。

それに対して武士道は他者が弱者であれ強者であれ 仲間であれ敵であれ 善であれ悪であれ分類せず 単なる他者としか見ておらず 常に正義とは何かを考え他人に押し付けることなく行動する。良い音ってなんだろう? 良い音を目指す必要があるのか? ナァーンてオーディオ武士道(サムライ)なる人が存在するならこんなこと考えているのではないかと 真昼間から妄想してしまった。(^_^;)


そもそも何で武士道と騎士道を思い浮かんだかと言うと以前住んでいた所でパワースポット「天祖神社」に久しぶりに寄った帰り道 時々食べていた「麺屋騎士」があり懐かしいなぁと思い ふと横(線路の反対真向い)になんと「武志道」というラーメン屋がある… (武士ではなく武志というのが気合いが入っている感じである)
そんな下らない事から今回 オーディオにかこつけて書いてみた次第である。最近はその騎士道精神あふれるオーディオファイルとの邂逅が多く 野武士的なオーディオサムライとの出会いが少ないのでフラストレーションがたまっている。 やはり生演奏の荒々しさ、場の雰囲気はオーディオシステム(機器や部屋等)の精度が上がれば上がるほど却って偽物ぽく感じオーディオでは限界があるのかな~

まぁ愚痴?はこれぐらいにして 良い音を目指す情熱はオーディオの世界では必須でそれがないと面白みが無くなるのは事実である。
そして良い音を目指すには自分のだけではなく他人のシステムの音を聴いて良い音、良い所を認める事も重要、だからオフ会も馬鹿に出来ないと最近は思う。
そう思うようになったのはオーディオの世界から離れて引いた所から見るようになったから。当事者だと夢中になって分からなかったと思っている。

b0323858_08433269.jpg
もう10年ぐらい前の著書になるが評論家の小川隆夫さんのもの
直接ジャズメンにインタビューした感想を書いているのでキタサンがライブ等で接してきたジャズメン達とは突っ込みどころが遥かに深い。(小川さんは業界人だし こちらは単なるジャズ好きの素人)
そりゃ片言の英語しかしゃべれなかったから(笑)握手と笑顔しかかわせなかったってね(笑) 演奏は真面目に聴いたけど(^_^;)。

[PR]
# by kurama66644 | 2017-04-29 08:49 | オーディオ | Comments(0)

知らなかった方がよかった世界

だいたい察していると思うがいわゆるオーディオの世界の事である。

音楽を聴くだけなら今や色々な手段がありヘッドフォンや携帯プレーヤー、ミニコンポ等はオーディオの世界とはここで言わない。(そのヘッドフォンすら物凄い高価な物も存在するのだが…)

自ずと高級オーディオということになる。ただし高級という感覚が人によって色々なので10万円をもって高級と言うのか100万円、はたまた1000万円かは分からない。

趣味の世界、自分の人生(ちょっと大げさ…)なので自己完結すればよいのだが どうしてもその姿を他人に見てもらいたい、認めてもらいたいという欲求は生じてくるものである。自分も含めてだがオフ会などは正にその欲求の成すものの一つである。

若い頃からジャズを聴いたりしていたがオーディオの世界に嵌る事は無かった、おそらくお金がかかるというブレーキがかかっていたのだろう。貧乏性だった事もあるのだが そちらにお金をかけるならもっと別なものに使いたいというその当時の価値観はあったのだと思う。

たまたま40代の半ば頃に続けていた幾つかの趣味がポッカリ無くなり空白期間が1年ぐらいあった。その時にJBLのスピーカーと出会い この世界に入ったのがオーディオとの出会いであった(これは過去のブログにも書いてある)それから10年経ったが出会いが無ければ良かったかなぁ~と少し後悔している。

オーディオは音との戦いであり音楽の世界とは別物。どちらが優れてどちらが劣っているかとは関係なく別の世界であると思っている。
音を極めようとしている方がたくさんおり それにはそれ相応の費用も掛かる。機械だけではなく住環境も関係してくることだから余り素人?は手を出さないほうが懸命かもしれない。

これはコレクターの世界も似ている。3年前辺りからジャズのオリジナルを中心としたアナログに目覚めたが一般人が踏み込む世界ではないと感じた。
沢山もっていた好きなジャズのCDはオリジナルを見るとその何十倍もするモノばかり…もはや骨董品、お宝といってもいいだろう。
元の音を知りたくオリジナルレコードに興味を持ったのだがメディア媒体、再加工により相当印象が変わってくるのは分かった。
音を追及するオーディオの世界の人はこの差をもう少し認識した上でオーディオにお金をかけてもいいのではないかと3年間それに凝った自分の感想である。

それでも結局はオリジナルレコードもオーディオの世界と絡んでくるのであくまでも音の追及のための素材にしかならない と言うのが現在の結論である。
CDやネット配信の音源であれば普通の人も楽しめるし音楽は聴ける。

ポンコツオーディオしか今は無くなったが更に規模は縮小しようと思っている。レコードもオリジナル、再発に拘らずよく聴くものは多少は残すつもりだが何百枚も必要としなくなったのでたまにいくオフ会などでお土産にオリジナルなどは差し上げている状況である。

オーディオの音を聴きたくなれば又 オフ会などで聴かせてもらえばよいし都内のジャズ喫茶はまだ残っているので聴きに行くことは出来る。
ジャズの巨匠が殆ど亡くなったので彼らを聴きに行けなくなった現在 昔ほどライブは聴く気にならないが音楽を聴く分には今の若い人でも有能で味のある方がいるのでそれも有りかなと思っている。

b0323858_11483302.jpg
レイ・ブライアントは6年前に亡くなったがカーメン・マクレアなどの歌伴をしており目立たない存在であった ジャズファンにとって隠れ名盤をいくつか出している。2回ほどクラブで聴いたが登場のしかたがカッコ良かったのを覚えている。日本人では中々真似できないであろう登場の仕方がジャズを感じる。
こういうのは高価なオリジナルレコードや高級オーディオであっても味わえないものだ そういうところにジャズが存在するしオーディオの世界とは別のところにある。(※ジャズオーディオの世界を否定はしないし ジャズオーディオの世界にもジャズは存在するのであしからず)

いかにも中古CDという感じの写真だが こちらのオリジナルは これまた高価な物(^_^;) この何十倍は するかも?

[PR]
# by kurama66644 | 2017-04-26 12:04 | オーディオ | Comments(0)

オフ会考 その2

今年に入ってから月1回位のペースでオフ会を行っている。キタサンのオフ会はオーディオのオフ会と言うより酔いどれオフ会なのでいい加減なものである。

それでも他人のオーディオシステムから出る音は真面目に聴くようにしている。音の感想はよく聞かれるが「良い」と答えるようにしている。
お世辞でもなんでもなく本当に良いから良いと素直に答える。好みも もちろんあるが高価な機器類から鳴る音で変な音はないと思っている、もし変な音ならその機械は壊れているのであろう。

オーディオオフ会は相手のシステムを観、その造り出す音を鑑賞するものであると 以前「オフ会考」の中でも述べた。
オフ会に否定的な考えを持っている方もいるかもしれないが自分にとっては生演奏やライブを聴きに行く番外編(音のコンサート?)のような位置づけである。
そう音の作品を聴きに行くのである。その証拠に今日の音はどんな感じでしたか?と暗に聞いてくる方もいる…この音楽はどうですか?とは聞いてこない それでいいと思っている。

それと普段聴かない、聴けない楽曲を高価な装置で聴く体験もできる。これはこれで中々面白いものである。

SNSが発達し場所や時間の制約なしに色々なやり取りが出来るようになった。オフ会を自由に行えるようになったのはSNSのおかげだと思う 初めて会う方のご自宅に訪問する(出来る)というのはある意味 特異性がある。普通は付き合って暫くしてからご自宅に招待するのだろうが その過程を通り越してダイレクトなのだから…
オーディオ自体閉鎖的で限られた空間で行う趣味であるが仲間とやりとりする機会を得た事でやや開放的になってきたのではないだろうか?

開放的になってきた故 人に聴いてもらい自分の作り出した?音の感想を聞きたい欲求に駆られるのは当然のような気がする。もちろん音だけではなくそれを作る機械(オーディオ機器、システム)を観て感想をもらいたいのも同様な事である。そのことが自慢と受け止められるかどうかは当事者の品位に関わってくる事なので冷静に見るようにしている。

先日 お伺いしたオーディオ仲間のNさんは高齢層(笑)が多い中でも若手である。沢山のオフ会を経験している故か今回は今までとひと味違うサウンドを奏でていた。
色々なサウンドに接し自己の好きな音を見つけてきたように思う。おそらくおじゃましているお宅(オフ会)ではハイエンドの音をよく機いているのであろう ハイエンドの音は緻密で正確 逆の意味で面白みに欠けると揶揄する人もいるが個人的には凄い音なのだと感じる 誰もが出せる音ではない。そういう音を好んで聴いていると自然とその音に引っ張られる 今回はその片鱗を感じさせられた。

オーディオと言う道を進んで行くと色々な指針(道標)に遭遇する。その道標の意味を理解してその通り進むと上記のようなハイエンドの音に近づく。
大抵は途中で別の道に寄り道しその別の道を進む場合も多い それを経験して又 オーディオの道を進むのも深みが出て面白いと思う。
真面目な人ほど寄り道をしないで真っ直ぐ進もうとする それだと凄い音は出せるが感動する音には中々行き着けないと考えてしまう。

オーディオが閉鎖的な趣味であるので人付き合いが苦手な方も多くいるように見えるがオフ会となると人と人との付き合いで自己主張だけでは成り立たない世界になってしまう。そういう意味でコレクターや昔からコツコツとオーディオを行っている方には不向きかもしれない。ただしオーディオという道から逸れて別の道を幾つか経験してくると このオフ会も結構楽しいものである。キタサンも人付き合いは苦手な方だが今はオーディオやコレクターの世界から逃れているので客観的にオーディオオフ会を楽しめる。

b0323858_12355303.jpg
復活した名門テクニクスのSL-1200G 若手オーディオファイルNさんの愛機である。大切に使って下さい、良いプレーヤーです。

[PR]
# by kurama66644 | 2017-04-23 12:54 | オーディオ | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧