固い音そしてTD124MK2でのモノラル再生

先日 我が家に私のオーディオの師匠が遊びに来られた。

このオーディオの師匠と言うのはこのブログでも時々登場するがキタサンが以前勤めていた会社で知り合ったベテランオーディオファイル Iさんである。
ただし現在はオーディオを趣味としておらず自ら演奏者として音楽と接している。若い時分は自作も含め色々な国内外の機器を試し弄っていたようでキタサンがオーディオを始めた当時はこのIさんに疑問な点など色々質問しその度に的確な答えが返ってき お世話になった。

キタサンが通常の?オーディオファイルとは違うトンチンカンな行動をするのが面白いらしく未だにかまってくれる(笑) 音楽ジャンルはそれほど拘らないが今は演奏する立場でキタサンのオーディオを見てくれている。ただしオーディオの話は時々するぐらいで どちらかというと世間話的な事が多く いわゆるオーディオオフ会とは別物である。

キタサンもオーディオとは少し離れた位置に立つようにしているが師匠が来られるとついオーディオ脳が復活し いい恰好をしたくなる。
おもむろに先日QUADプリに繋げ直したCDをかけてみるが反応は芳しくない…明らかに元気が良くなったが余り好みではないようだ(^_^;)

ビールから焼酎に飲みが進み(^_^;) さりげなくモノラル音源をかけてみる システムはケンウッドのプレーヤーに音のエジソンのモノラル針をMCミドルで受けてのものMCながら高出力2.5mvである。(本来MM受けでもOKなのだがちょっと貧弱なのでMC受けで接続していた)自分ではかなりガッーンとくる音が出ていると感じていたが 音が出るやいなや「カチカチの音、まるでCDの音」と一蹴されてしまった(^_^;) ジャズモノラルは直線的な音でドカーンときてこそモノラルだと思っているが余りにも固いガチガチの音のようである。 これはカートリッジのせい?と訝しがっていた。モノラルは止め トーレンスTD124にシュアーの針でステレオ録音を再生 心地よいサウンドが流れてくる。アナログ再生の面目躍如である。

モノラル再生についてはその後 話は出ず 雑談して夕方になり帰宅されたが 帰られた後モノラル再生をしてみたが確かにキツイ音であった(笑)

オーディオにはもうそれほど凝らないと考えているが今ある装置の中で組み合わせを変えて再構築してみようと思い、まずTD124をモノラル専用に、ケンウッドをステレオ再生専用に変えて見る事にした。

ケンウッドは復活した愛用のオーテクAT33EVの赤いカートリッジ、そしてTD124はオルトフォンCG25Di、ラックスマンフォノイコの内部トランスを介さずこちらは昇圧トランスをファインメットの物にし調整が難しいオルトフォンとの昇圧比を上手くマッチィングさせた。TD124はマーク2なので時期的にステレオ再生を意識して作られた物 モノラルには極力使いたくなかったがステレオ再生の旨味を残しつつ鳴る音はアタック感は減少したがまんざらでもない。このあたりは昇圧トランスの出来具合で色々変えられそうだが昇圧トランスもピンからキリまであり悩ましい所。
b0323858_10570590.jpg
b0323858_10565542.jpg
b0323858_10564507.jpg
オーディオの師匠の登場で久しぶりにオーディオ機器を弄ってみたがもうオーディオ機器も含め関連グッヅ等には投資しようとも思わないしオルトフォンとTD124MK2のモノラル再生が思ったより良かったのでしばらくこのままでいこうと思っている。アナログは趣味性が高くダイレクトに音に影響があるので面白い ただし弄れる箇所が多いのでやはり音楽を楽しむより音を楽しむ方にウェイトがかかってしまうのかもしれない。

[PR]
# by kurama66644 | 2017-05-14 08:11 | オーディオ | Comments(0)

QUAD44のプリでCDを聴く

現在プリアンプは2台ありラックスマンC-06αを起点にレコード、CDを再生している。(※厳密には3台でオーディオデザイン製プリアンプも所有)

C-06αは90年初頭の古い製品だがバブル期に作られ今ではコストがかかりすぎて作れないであろうといわれるぐらい贅沢な部品を使用した造りになっている。
レコードプレーヤー2台とCDプレーヤー1台、フォノイコライザー等接続し これ1台でコントロールしている。パワーアンプはQUAD405であるので本来ならプリもQUAD44にする筈であったが接続等の関係と使い勝手でC-06αにしている。それでもCDプレーヤーを復活させる前はこのQUAD44をプリにしてアナログを再生させていた。

そういえばCDプレーヤーをこのQUAD44のプリで聴いた事が無かった。ものは試しと久しぶりにQUAD44の登場。登場させるのはいいがどこにCDプレーヤーを置くか? それよりプリを2台置く場所はあるのか? 極小の部屋で行っているので頭を悩ます…。
b0323858_09193506.jpg
それではという事でC-06αの上に置いていたCDプレーヤーをスピーカー間に置きQUAD44と接続。ウーンまてよ!パワーアンプが405一つという事はCDとレコード再生の切り替え時にいちいちRCAケーブルをつなぎ直さなきゃいけない…切替機を間にかませばいのだがわざわざ買うのもなぁ~
とにかくお試しという事で聴いて又 前と同じように戻せば済む事、大して違いはないだろう と思ったのが運のつき…

結果 同じQUAD405のパワーを使っていながらプリを変えるだけでかなり表情が違う。ラックスマンの朴訥とした和風の顔と比べてにこやかな柔和の顔、そして悲しい顔も見せたり 固めの表情なんかも見せる 表情筋が豊かに動くQUAD44。 おもわず今あるCDを色々聴き直す 今までラックスマンで聴いていたのとやはり違う…一言でいって躍動感の違い。(多少ドンシャリ気味ではあるが…)
こりゃぁ楽しい(笑) Minimaもスィングするように揺れながら歌っているようだ。揺れながら歌っているので低域はボワッと膨らむ 以前のキタサンならまず出さない音である。現代のモニター系スピーカーは低域の切れを重視する傾向にある ちょっと締りのないような?このような低音は音として好まれないかもしれないが まぁそんな細かい事は気にしない。

QUAD44は以前アナログ再生で暫く使っており 小気味よい鳴り方をしていたのは確かだがC-06αとこんなに違いは見られなかったのだが?

ひょっとするとアナログ再生ではフォノイコライザーやトーレンスのプレーヤー等の支配力が大きかったのかな~ 今回はシンプルにCDプレーヤーの接続だけなのでプリの力(実力)がそのまま出たのかも 流石 音楽先進国 英国の機器!音より音楽重視 いいねぇ  でもラックスマンも音に隠された機微を感じさせる捨てがたい魅力がある。 今の環境では大きな機械はもう必要ないのでこのQUADのアンプ群はサイズ的にもベスト。
安いけどいい仕事するなぁ~QUAD。て言うかオーディオ機器は(アンプ等)はこれぐらいの価格体系でないと若い人には見向きもされないぞ。

愛用しているMinimaもヴィンテージとして復刻すると当初の倍以上の価格になるし…購入者が減って需要と供給のバランスが崩れ価格を変えなくてはいけないのも分かるが何とかならないのか? そういう中でもイギリスではリーズナブルだが昔の伝統を踏襲しつつ現代の技術も取り入れた新興メーカーは生まれている。流石 音楽先進国だけある。そのあたりは日本も見習ってほしい。

[PR]
# by kurama66644 | 2017-05-13 08:58 | オーディオ | Comments(0)

ストライクゾーン

プロ野球シーズンである。何?開幕が始まってから結構経つぞ!…そう言えばそうだ 家にはテレビが無いから今一つ情報が入らない(笑)

これでもプロ野球は結構見ていた方で後楽園(今は東京ドームか)や神宮には時々行っては興奮し帰ってきたのを覚えている。

小学生の頃は野球少年だった、スポーツと言えば田舎では野球位しかなく暇さえあればキャッチボールをしていた。
社会人になって会社での話題は昨夜のプロ野球の話も多かった。今はサッカーの方が話題性が高いが一昔前の オヤジは野球か相撲に詳しい人はたくさんいた。

と ここまで野球の話でタイトルの「ストライクゾーン」とカテゴリーの「オーディオ」をどうつないでいくかであるが…
キタサンはジャズが好きでオーディオは好きなジャズを聴く一つの手段にしている。故にオーディオ自体それほど詳しくない かなり適当にやっているところがある。
かける音楽もジャズが9割、残りは歌謡曲、ロック、クラッシック等々でかなり偏ったジャンルの聴き方をする。更にはジャズ好きのオーディオマニアが好まない?オーディオ機器そして鳴らし方をするので自宅に聴きに来られた方は「想像とは違った」という感想を述べられる事も多い。

ジャズオーディオマニアの方には怒られるかもしれないが基本的にはオーディオ機器を通すとジャズがジャズではなくなると思っている。
そうジャズと言う「音楽」になり 「ジャズ」は消える、消えるというか表現が出来なくなると言った方がよいのか…。それならば別にマッキントッシュのアンプやJBLやアルテックのスピーカーでなくても全然構わない、小さなスピーカーでクラッシック好きな人がよく愛用するアンプでも構わないというスタンスである。

ただしジャズという音楽であっても自分のストライクゾーンがある。おそらくだがオーディオを趣味とされる方に比べてものすごく狭いストライクソーンであると思う。

野球のストライクゾーンはホームベース上の打者の胸元から膝にかけての範囲だがオーディオオフ会に行くとそのストライクゾーンをフルに利用した鳴らし方をする人が殆どである。つまり音楽ジャンルをあまり選ばず音の良し悪しで選ぶ 平均的に良い鳴らし方をする傾向にあると思う。

特定の音楽ジャンルに拘って豪快に鳴らす気骨のある人もたまに見かけるが そこはやはりオーディオの世界の人でいざとなると他のジャンルでもそつなく鳴らす事が出来るようストライクゾーンはそれなりに広く構えている。

自分は元々オーディオの世界の人では無かったのでジャンルも片寄っているしストライクゾーンが物凄く狭い。野球で言うと大体ホームベースの幅が43cmぐらいで高さは打者の身長にもよるが60cmぐらい?の間もっと狭いかな… 仮にど真ん中絶好球がきてもそれは自分のストライクゾーンでは無いので見逃しにしてしまう馬鹿者である。

中々自分のストライクゾーンに投げてくれる人は過去のオフ会でも殆どいなかった。それぞれ感じ方が違うしそれは仕方がない事 ただしこれが自分の好きな音楽で自分はこういう音で聴いているんだという球を投げてくれる人は自分のストライクゾーンで無くても振ってしまう。大抵は空振りしてしまうがその主張に意気を感じるから善しとしている。

細々だけどオフ会を続けているのは そういう自分と同じストライクゾーンに球を投げてくれる人を見つける為かも… もしそういう人が現れたらその球を打つかって? おそらく振らないで見逃してしまうだろう。その時こそ自分の今のシステムを手放して元のミニコンポなりに戻すと思う オーディオの世界から完全撤退する時である。

b0323858_12383008.jpg
メジャーリーガーのドン・ニューカムに顔が似ている事から付けたといわれるタイトル「NEWK'S TIME」
ソニー・ロリンズ ブルーノート4000番台の有名アルバム これはオリジナルではなくセカンドだと思う。
モダンジャズ最後の巨人 来日した時一度だけだが聴けたことは良い思い出になった。長生きして下さい。


[PR]
# by kurama66644 | 2017-05-07 09:12 | オーディオ | Comments(0)

オーディオの世界

結論から言うとオーディオの世界から距離をおいて良かった。

私が参加している某オーディオコミュではPCオーディオが次のオーディオの世界?の主役になるような勢いで論じられているように感じた。

これはもちろん音中心のオーディオの世界での事、音楽とは別物の論議ではあるので一向に構わない。

音を出す上流の一部の機器、機能だけで最終的に音が決まるわけではないのにそれが全てかのように意見をいう輩がいてちょっと滑稽に感じてしまったが音中心に考えて詰めていくと技術論に行き着きそれの良し悪しで議論が決まる。趣味の範疇で好みの問題と言いながら善し悪しの結論を出すようだ。先日「武士道と騎士道」のタイトルブログを書かせていただき音が絶対のこのオーディオの世界は騎士道に似ていると述べたが やはりそれほど間違えていないようだ。

ただしこのPCオーディオ 自作系に近いものがある。機械いじり、理数系の方は別の意味で楽しいかもしれない。
オーディオの世界は高級オーディオの世界とほぼ等しいと述べてきたが 自作系のオーディオを楽しんでいる方もそれなりにいる。
自作系というとアンプかスピーカーが主だったが今度は上流のプレーヤー部分 それがPC(音楽用)ということになるのだろうか?

今まで音楽を奏でる元の部分プレーヤーに関してはアナログであれCDプレーヤーであれ自作する人はごく一部に限られていたが これからは機械いじりの好きな自作派がそのプレーヤーにあたる部分を作り より好みの音の世界を作り出すようになるのであろうか。ソフトの開発も大いに関係すると思うが考えようによっては色々な可能性があるのかもしれない。オーディオ業界がかなり閉鎖的な側面を見せる中 視聴する側から積極的にこのような可能性をアピールしていけば業界自体も変わっていくと思う。そうなるとこれまでの高級=オーディオという図式が壊れる事になりかねないので むやみに賛成は出来ないという人も出てくる可能性はあるかも…

詳しくは分からないが物事をより良くしていこうと発達したところに文明があるがその過程で文化は崩れ去る。
幾ら心地良くても無理やり擬似行為を進めていけば人間の本能に拒絶される部分もあると思う。人がより快適に暮らしやすく人工的に進化しても必ずその反動があらわれるであろう。 クーラーが高性能になり人に快適な風を送っても自然のそよ風には敵わない。何やら理屈めいた事を述べたがオーディオの世界、音の世界もより良い音を目指せば目指すほど その反動は必ず来るような予感はする  非常に怖い世界である…

おどろおどろしく書いてしまったが今年の1月にオフ会で聴いたPCオーディオには何も違和感はなかった。その方は特にオーディオマニアという程の方でもなく音楽を楽しく聴きたい その為の一つの手段でもあったので そう感じられたのかもしれない。 PC以降のDACやアンプ、スピーカー 部屋の中でのセッティング等 あらゆる要素で出音は変わるので実はそれほど深く考える必要もないのかも?

それでも少し気になる事がある。某オーディオコミュでのオフ会の記事を読んでいて そこでは機器によるブラインドテストが行われていた。
音源ではなく機器というのがミソである 沢山の方が聞きに来られ大体は当たっているようだがベテランの方が外され恥ずかしい思いをしたと自虐的に書かれていた。 キタサンが普段聴く音源はかなりの割合でアナログ録音のものが多い、アナログに回帰した時も50~60年代のアナログ録音のものが主体でそればかりアナログ機器で3年ぐらい聴いていた。昨年から又 CD等でデジタル音源を聴くようになった時 誰が演奏しているのか分からないケースが意外と多かったような気がする。
音色や演奏者の癖で違い等はあるのだが特徴が消されていたというか(冷たいとか暖かい、硬い柔かいともちょっと違う)…上手く表現出来ないのだが音をオーディオ用に視覚化出来る様な味付けでそこに注目を向け区別がつきにくいように感じた事がある。


あと怖いのは音だけのオーディオの世界に身を投じてしまうと周りが見えなくなってしまう事 失礼な言い方だが「何々命と」とばかしに のめり込むコレクターと似た感じがする。遊びと割り切って楽しくやれば良いけど同じ志向の人がいるとつい競争心が出て熱くなってしまう…SNSが発達し自分以外の人の情報が丸見えになっているので意識してしまう。
真面目な人ほどその傾向がある キタサンも真面目だから(^_^;)その傾向にありオーディオの世界、コレクターの世界から逃げ出した…なぁ~んて単にお金が無いだけなんですけどね(笑)


b0323858_08254855.jpg
フィル・ウッズは一昨年亡くなったが3回ほど聴きに行った。いずれも彼が60歳前後の時だから90年代前後の時である 同じアルトサックスのパーカー派でもマクリーンは哀愁、ウッズは激情の印象を持つ。ジャズの範疇を超えてスタジオミュージシャン的な事も行っていた時期もあるが聴いていて本当に上手いサックスを吹いていた。サックスを吹くきっかけになったのはMALTAだがお手本にしたのはウッズであった。実際会ってみるとニコニコしていたがちょっと気難しい印象もあった。
バードとの双頭セッションの上記アルバムだが これだけはどうしても欲しく数万円で購入。コレクターの仲間入りか!と思わせるがそんな高価なもの後にも先にもこれしかない(^_^;) 真っ赤なジャケットも購入意欲満々のその時の心情を表している(笑)


[PR]
# by kurama66644 | 2017-05-05 09:04 | オーディオ | Comments(0)

現在のCD再生

CD再生は昨年 3年振りで復活させ楽しませてもらっている。

オーディオを始めた時はCDオンリーだったので当然CDプレーヤーが上流機器の主役であったが最初に購入したのはDENONの12万ぐらいのプレーヤーである。

この12万という金額 オーディオを趣味とする方からするとまぁ普及帯価格に近いという感覚なのかもしれない。
ただオーディオにはそれまで縁がなかったキタサンにとってとてつもない価格ではあった。スピーカーやアンプ、プレーヤー込のいわゆるミニコンポの上質なもので数万円でも 当時は金をかけている感覚でいたのでCDプレーヤー1台で10万円以上?というのは考えられなかった。

次に購入したのは今では同じグループ会社であるマランツのSA-15S1だったと思う。価格は15万定価位でDENONのプレーヤーより緻密でありながら大らかな鳴り方をしていた記憶がある。オーディオの世界で怖いのはそれでとどまらない事で更に上の世界はどんな音が待っているのだろうという欲望と言う名の魔物が潜んでおり わずか半年で同じマランツのSA-11S2という50万ぐらいするプレーヤーに買い換えた…見た目も重さも価格なりの外観をしてさぞかし凄い音なのかと期待したがアンプの違い程分からなかった。 オーディオの先輩から上位機種になるほど静寂感(S/N)が違う、音と音との間の無音部分が違うからよく聴いてみろと言われた。 確かに無音部分の静寂感はあってもジャズをメインに聴くキタサンにとってそれはさほど重要ではなかった。結局 その辺の細かい音を気にするほど聞き分ける耳を持っていないし、専用部屋では無かったので部屋の中から聴こえる暗騒音も相まってプレーヤーの持ち味を生かせていなかったのでは?と今からして思う。

このマランツのプレーヤーはのちにアナログに回帰するまで使い続けていた、移動の際かなり重かったのでしんどかったが(笑)それ以外は全く不満もなく使っていた。
途中このマランツのプレーヤーはメインで使いつつ同じマランツの入門機(2~3万ぐらい)も買って 生意気にもサブ機として使っていた。 アナログに回帰しCDを処分、それと同時にSA-11S2も処分した後 どうしてもSACDを聴きたくなり(この段階では全てCDを処分していたわけではない)急遽パイオニアのPD-70だったっけかな?を新古品として購入。殆ど使わずじまいで (それも現在では処分…)3年ほどアナログオンリーで再生させていた。

昨年からオフ会も復活させ 自宅に来られた時CD再生も出来ないのは少し具合が悪いと思いCDプレーヤーを復活させる事を決意、もちろんオフ会をやるためだけに再開させたわけではなく 一番の原因はジャズアナログ(特にオリジナル等)の高騰、財政的にオリジナル蒐集は厳しくなった事 そして元の音を確認したいという当初の目的を果たした事によるものである。

b0323858_12315625.jpg
現在のCDプレーヤーはDENONのマルチビット機 最後の機種であるDCD-755Ⅱの改良機である。
2000年代に発売された入門機に位置づけられるプレーヤーで3万程度のもの…千葉の業者さんにお願いしてチューンナップされたプレーヤーである。
チューンナップの内容は秘密だが クロックを変えるとか電源部、メカ部分の交換などしない施術をしてもらいアナログライクな大らかな鳴り方をするようになった。外観は変わらないので天板は叩くとポコポコ鳴るし CDを入れるとキュルキュルと思い切り大きな読み取り音がする(^_^;) あーっいかにも安いなという空気感は醸し出しているが 音自体はかつて所有していた50万円のプレーヤーより良いとさえ思っている。改造して頂いたのは元ソニーの技術者の方でその方はオーディオ製品全般の高額さを指摘されており 部品の素材にお金をかけ過ぎと提言されていた、もっとかける箇所、場所があるのにそれをおろそかにしているとも話してくれた。

しょせん趣味なので金額の幅はあってもよいが安い高いに限らず製品にはそれぞれ役割、価値があるので自分の嗜好、考え方により適正なものを選びたいものである。

[PR]
# by kurama66644 | 2017-05-04 07:49 | CD | Comments(2)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧