<   2016年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

縦配置と横配置

対向法なるスピーカーの置き方で諦めていた部屋の横配置をした結果 色々と分かってきたことがある。

そもそもオーディオには詳しくないので分かっている人からはそんな事知っていると言われるかもしれないがそこは素人なので勘弁してほしい。

部屋に対してスピーカーの配置を縦側にするか横側にするかはオーディオの本などによく書かれている。
前提としては6~8畳位の普通の?部屋を想定して書かれているのだと思う。すなわち加工してある専用部屋(天井を高くしたり傾斜をつけたり壁、床を強化したり…)や何十畳もある広い部屋ではなく あくまでも一般的な部屋に於いて現れる音などの特徴である。

一番の違いはスピーカーからの距離 視聴位置による圧迫感があるかないかだと思う。近ければ当然圧迫感があり窮屈だ、それとスピーカーからの直接音を身近で聴く事になり音源のシビアさがよく分かる。縦配置では視聴距離を保てるので圧迫感は軽減されある程度音に対して俯瞰して聴ける、同時に音像や定位など視覚に変換して捉える事柄が比較的分かりやすい。反対に横配置では視聴距離が短くなるのでスピーカーとの距離もそうだが背後の壁なども近くになり心理的に圧迫感が出てくる。
それと近い分だけ直接音をより感じる事になるがスピーカーサイドの空間が縦配置にくらべ広く保てるので間接音の広がりを感じる事が出来る。

今のキタサン部屋で横配置は初めてだが印象としてスピーカーがストレスなく鳴ってくれている感じだ。対向法も特殊だが その視聴位置も真横に近い位置が普通に聴く場所なんてオーディオをやられている方ではまずいないであろう。スピーカーの斜め後方に位置している側のスピーカーの正面は見えない(笑) 反対にもう一方のスピーカーの正面バッフル面は見える(※前日のブログの写真を参考にして下さい)この箱鳴りのスピーカーはツィーターから放たれる高音など直接音もあるがスピーカー全体から放出されるそれ以外の音は殆ど部屋の壁や床、天井などから反射する間接音で成り立っていると思う。 そういう意味でスピーカーのバッフル面が自分の正面を向いていなくてもそれなりに聴こえる。

専用部屋ではないので部屋の動線が確保できたのはうれしいが今まで目の前にあったスピーカーが無くなった?(視覚的に)ので音楽に浸れる事が最大の収穫だと思っている。モニター系やホーンスピーカーでは横配置の対向法そして視聴位置は斜め後ろいう変則技は厳しいかと思う、結果的にMinimaで良かった。

ある方のブログで紹介されていたアルバム。
b0323858_10044308.jpg
トニ・ハーパーのデビューアルバム (55~56年録音 ヴァ―ブ) オリジナルが無かったので日本盤の再発…
ジャケット・レーベルともオリジナル仕様で盤質も良い、特に内容が素晴らしい!久しぶりに聴き入ってしまった。



[PR]
by kurama66644 | 2016-11-27 10:21 | オーディオ | Comments(0)

対向法

スピーカーのセッティングに交差法、平行法など置き方があるようだ。

当然ながらスピーカー正面のバッフル部分を視聴する方向に向ける その角度が平行になっているか角度がついているかの違いである。

ここに特殊な置き方がある事を知った。それが対向法である。文字通りスピーカーの正面(バッフル面)をお互いに向い合せにして置く方法である。

キタサン部屋はこのブログでも何度か写真で掲載してある通り狭いのである(笑) 今はまぁ狭くてもどうでもいいやと思っているが左側の壁が壁面収納になっており部屋に対して縦配置にした時左側のスピーカーが邪魔なのである(^_^;) ちょっと前に掲載した左側のMinimaの写真であるがギリギリ扉が開けられる位置に置いている(半分しか開かないが…)そしてコーナーにあるクリンプトンの黒いパネルに隠れている扉がちょうど冬物のコートなど衣類が収納されている。 いつも冬になるとスピーカーのわきを通って黒いパネルを退かし扉を開けコートなどを引っ張り出すという面倒な事をしている。

扉が開くようにスピーカーを壁から離せばいいのだがスピーカー間をこれ以上狭くしたくない。それなら横置きという手もあるが左側全部が収納になっているので機器類を置くのも視聴するのも左右どちらもNG状態なのである。専用部屋ではない生活空間なので仕方がないのだが…


そこで対向法なのである(笑) 収納庫のある反対側の壁側(右側の壁)にスピーカーを持って行き対面に設置。
このようになる。
b0323858_07431935.jpg

視聴位置は変わらず スピーカーの真横に近い位置で聴く感じだ。手前のスピーカーの斜め後ろが視聴位置、スピーカー間を演奏会場とするならば右側の端の席で聴く感覚になる。
なんじゃこれ? と思われる方が殆どであろう。 まともに音が聴こえるのか? 定位や音場はどうなるの?など疑問が出てくると思う。

これが結構気持ち良いのである(笑) 音は直接音、間接音、部屋の形や反射する物質の材質など様々な影響下で色々な流れが出来てくる。正面バッフルがこちらに向いていなくても音自体はハッキリ聴こえる。要は聴く各個人のとらえ方であると思う。


以前から所有していたスピーカーで波動スピーカーがある。丸太の様な形をしており両側にユニットは付いている、これ1本でサントリーホールなど過去にコンサートをされたようである。(現在もこのメーカー定期的に広い会場をこのSP1本で演奏家のいない演奏会と題して行っているようだ)
b0323858_07434280.jpg
このスピーカーはオーディオマニアに不評らしい。もう10年近く前に購入したのだがマニアには色者扱いされ相手にされなかったらしい、現に一般的なオーディオショップや家電店では取扱いされていない。エンクロージャー自体 紙で出来ており 箱鳴りで響かせる、楽器の様なスピーカーなのである。
今 使っているMinimaも箱鳴りのスピーカーで相通じるものがあると思い 部屋の横配置、そして波動スピーカーのようにそれぞれのユニットを外側にしてみたが
好みには合わず ユニット正面を対面にした対向法での設置になった。

まぁ ここまで色々な理屈?を述べてきたがキタサンにとって冬物のコートが収納棚から楽に取り出しできるようになったのが一番うれしい。
もともと隣り部屋でドアを開けっ放しで聴く事が多かった不真面目オーディオファンなので音の事なんてよく分からない。好きなジャズで心地よくなれればそれで善しなのである。
b0323858_07440150.jpg

[PR]
by kurama66644 | 2016-11-26 07:59 | オーディオ | Comments(4)

CD雑感

ここ何週間ほどCDでしか音楽を聴いていない。 7月に久しぶりにCD再生を復活させ改造したCDプレーヤーは非常に出来の良い音楽を奏でてくれる。
しかしながら自然とアナログを聴くケースが多くなりCDを聴く機会が殆ど無くなっていた状態であった。

いつも思っている事だが使わないなら その機械なり道具は本当に必要でない事になる。それならばしっかり使おうという事でアナログは一時止めCDを聴いている。

改めて感じる事だが(アナログと比べて)ノイズが少ない事だ。音がクックリ、ハッキリしている、音圧は高めのものが多いのは最近のリマスター盤の特徴であろう。
元の音源を知らないで再発であるCDを聴いていた時はこういうものかと思っていたが昔のアナログオリジナル等を聴いた耳で聴くとやはり音源の加工による音の出方はかなりの違いがあるようだ。

交流があるオーディオマニアの方たちでアナログ再生されている方も多い。レコードを大切に扱い綺麗な状態を保つように始終メンテナンスを行っている。キタサンも見習わなくてはいけないと思っているのだが中にはCDと同じようにノイズを全くなくすような再生に腐心している方もいる。

単純にノイズを無くすならいいのだが先に書いたハッキリクックリいわゆる現代に録音されたものと同じように昔の録音のものを再生しようとしている方を見かける。
おそらくオリジナルの音を知らないままCDなどのリマスター盤の高音質のものを基準にして再生を心掛けているのかもしれない。
現代機器はその特性からして高精細でリアルな音を再生するように求められているのでそういう機器を使うとそうなっていくのは当然なのだろう。

昔の音源はその当時の機器で デジタル音源ははデジタル機器で アナログ音源はアナログ機器でという法則?もそういう事を考えると何となく分かる気がする。

最終的には好みの問題でキタサンがアナログに嵌ってしまったのは昔の音源の音の雰囲気が好きだからそうなったのだろうなぁとCDを聴きながら思ってしまった。
CDでもアナログでも最近ではハイレゾも同じ音楽を聴く分にはいっしょで変わらない…と思っている。

その音楽を録音した当時の音、雰囲気が醸し出される情景をだしてくれるのが ものによってはCDであったりアナログであったりハイレゾであったり色々で その好き嫌い,自分に合っているものを選べば良いのかなぁなんて思ってしまった。

参加しているオーディオコミュで毎日のように音が激変した、凄い音が出るようになった、高域が伸び、低域も沈むようになった等々色々なコメントを見かける。
そして その音を確認してほしい、聴きに来てください、お互いに音の交流をしましょうとのコメントも多い。
音の変化に対する喜びも本人はものすごく楽しく、うれしい出来事でオーディオをやってきた醍醐味のようなものだと分かるが 赤の他人は皆 趣向、好みも違っている中で聴きに行く人も困る場合があるのではないかと個人的には思ってしまう。キタサンはその時のリアクション、表現が下手なので尚更である。

単純に飲みに行ったり音楽の話をするのが目的で その間に少し音の話が出てくるぐらいがキタサンにとってはちょうどいいぐらいだ。

CD雑感の話が飲みに行く話で〆てしまって申し訳ない(^_^;)

本日 久しぶりにアナログを聴いた。このレコードのモノラルオリジナルがユニオンの壁にかかっていた。(※写真はステレオオリジナル)
1万円弱で結構状態も良かったがCDの価格を見るともう余り食指が動かない…中古CDなら10枚は買える(^_^;)
b0323858_11120849.jpg


[PR]
by kurama66644 | 2016-11-19 11:20 | CD | Comments(5)

改めてMinimaを観る

ソナスファベールMinimaを使うようになり8か月が過ぎた。当初は4年以上愛用しているモニターオーディオのPL-100と併用していたがMinimaに固定してしまった。

機械を変える、アクセサリーを変える、部屋を変える…オーディオの環境が変わり音の変化に一喜一憂するものだが第一印象だけで良し悪しを決めるのは早計であろう。
自分は少なくとも半年以上同じ状態でないと本当に良かったのか判別がつかない。単なるその時の体や精神の状況により印象も変わったり、宣伝文句に洗脳?されブラシーボ効果であったり短期間では効果なんて分からない場合も結構あると思っている。

実際Minimaを自宅で初めて聴いた時 それほどの感動は得られなかった。というのも今まで使用していたスピーカーは殆どがモニターライクのスピーカーであり しかもこのMinima 能率が低い(84db) ジャズをメインに聴くキタサンとしては何じゃこれ?という感想であった。弱々しい鳴り方、帯域もPL-100やそれ以前に使っていたどのスピーカーより狭い、何となくこじんまりとした鳴り方をする。ちょっと失敗したかなというのが第一印象であった。 ただし音はともかくとして その造りは工芸品そのものである。奇をてらわないスピーカー然とした形ではあるがコーナーをラウンドさせた美しい曲面、バッフル面を皮で整え音の反射を抑えている、全体を厚手の天然木で覆ったエンクロージャーで艶のある木目は輝かしい。ミニコンポのスピーカー並みに小柄な筐体だが不思議な存在感がある。
b0323858_08230998.jpg
以前書いたかもしれないがキタサンが欲しかったのは同じソナスのエレクターアマトールであったが価格面と市場に余り出回っていない事などの理由と そして部屋の広さ等のバランスからすると このMinimaを選択した。

存在感はあるがジャズを聴くのにソナスのMinimaとは… オーディオを本格的に始めた10年前に最初に買ったのは定番?JBLであった(笑)
ジャズの熱さ、迫力を出すならやはりJBL! オーディオを知らない初心者のキタサンは周りの評判などから当然のようにセレクトした。
その後エラックやパイオニア、モニターオーディオとモニター系のスピーカーをセレクトして聴くようになった。ジャズだけではなく他のジャンルの音楽も楽しみたいという気持ちが多くなったきたからだと思う。

当初大した印象も持たなかったMinimaだがQUADのアンプと組み合わせ ひと月以上経ってから印象はだいぶ変わった。
響くのである。そう心に(笑) 音がどうこうでなく音楽を聴いて楽しくなる、ずーっと聴いていたくなるのである。
これはレコードだからそうと言うわけではなく 最近はCDを聴く事も多くなってきたがCDでも同じである。もちろん音の印象はレコードとCDではちょっと違うが聴いていたくなる気持ちは同じだ。 これはオリジナル盤、トーレンスのプレーヤ、QUADのアンプ、改造CDプレーヤーなどとの組み合わせでそうなった事も考えられるが
音を奏でる最後の段 スピーカーのMinimaが大きく影響しているのだと思う。

オーディオ素人のたわごとではあるがMinimaの「音の余韻」がそうさせているのではないかと思う。
現在では少なくなってきた 所謂箱鳴りで音を鳴らすスピーカー ハーベスやロジャース、そしてこのソナスなどもそうである。
ただし箱鳴りがするスピーカーが全て音の余韻を出すとは限らない。そして仮に出せたとしても高額なものでは庶民には手が届かない。
現にソナスのスピーカーは高級車が軽く買えるほどの高さのものばかりである。復刻したMinimaヴィンテージさえ数十万になってしまった(^_^;)

巨匠フランコ・セルブリンが手塩にかけて作ったスピーカーの傑作 エレクター・アマトールとMinima(オリジナル)。
ジャズを聴くようになって30年以上経つが まさかMinimaのスピーカーに行き着く?とは夢にも思わなかった。

以前キタサン宅に来られたベテランオーディオファイルは地下の暗い(笑)ジャズ喫茶ではなく 学生街にある明るいジャズ喫茶の香りがすると言ってくれた。
ジャズを聴いてあまり明るすぎるのも趣きはないが 確かにこのMinimaの音色は結構明るく元気なのである。色で言うとオレンジ、赤ほど情熱的で派手ではないがホンノリした明るさを持ち 暗い曲をかけても何となく包み込んでくれる感じがする。
落ち込んだ気分の時は やんわり気分を高めてくれ、高ぶった気持ちの時はそれを抑えてくれる そういう精神安定保持してくれる存在だ。

今日も朝からハワード・マギーの「ダスティ・ブルー」を聴いた。CDであるがちょっとかすれたマギーの音色と特徴のあるローランド・アレキサンダーのテナー、フルートが混然一体となって体を包み込んでくれる快感に浸っている。シビアなモニター系スピーカーでは絶対に出せない音の余韻を感じさせる貴重なスピーカーである…(と個人的には思っている)(^_^;)
b0323858_08225604.jpg

[PR]
by kurama66644 | 2016-11-13 08:45 | オーディオ | Comments(2)

レコードの日

先日11月3日は「レコードの日」だったそうだ。もちろん文化の日で祭日でもある、昨今は商魂たくましく?何でも記念日にして商売につなげるようだ。

文化の日にちなんで他にも記念日として掲げられているのが文具の日でありマンガの日というのもあるようだ(笑) 更にはごろ合わせでミカンの日、(いい(11)み(3)かん…)、サンドウィチの日なんてのもある(いい11)サン3)ド) もう何がなんだか分からない。

話はレコードの日に戻してCDショップやレコードショップでは記念日に合わせて様々なイベント、セールを行っていた。ユニオン、タワーレコード、HMVなどアナログレコードが値引き、代官山では国内唯一のアナログプレスメーカーが主催するイベントなど行われていた。

代官山の方に行こうと思っていたが晴天の折 なじみのお茶の水、神保町、水道橋の界隈をブラブラ散策する予定に切り替えた。
ユニオンは珍しくアナログコーナーは人は少な目で祝日は結構込み合っているのにゆっくり見る事が出来た。
もっとも手持ちのお金が少ないので(-_-;) 壁にかかっている盤は眺めるだけ(笑) 壁にかかっている割には手ごろな金額表示のものもあり食指が動いたが それでも今の自分にとっては高価であきらめる…。 エサ箱を眺めているとふと見た事が無いジャケットを発見。
b0323858_08405656.jpg
グラント・グリーンの「グリーン・ブルース」?
70年代のレーベル ミューズは音が良いので何枚か持っている。決め手はメンバーである デイブ・ベイリーにビル・ガードナー、フランク・ヘイズ、ベン・タッカー これで悪いはずはない。盤質もAでジャケットもシュリンク付き おーっ 中々良さそう(笑)、他にも2枚ほど調子にのって買ってしまったが合わせても壁にかかっている1枚には全く及ばない金額…それでも本人が満足しているのだからいいのである。(他の2枚は機会があれば紹介するつもり)

頻繁にレコードを買わなくなったからたまにこうして買うとやはり気分が良いものだ。御茶ノ水から神保町そして白山通りを歩き水道橋に向かったが あの有名なトニーレコードが閉まっている。シャッターに何やら張り紙が…どうやら移転したらしい 近くといえば近くなのだがビルの2階に移転という事でやはり地代(家賃)の高騰で移転せざる負えなかったのか?アナログブームと言えども愛好家の絶対数が少ないので商売としては難しいのかもしれない。
大手販売店だとこのレコードの日にかこつけて色々な販売戦略を考え催し事をしたりするが地道に商売を行う トニーさんのような所はそんなかったるい事できるか!と考えているかもしれない。ただ単に聴くリスナーはアナログやCD、配信と選択肢が増えて喜んでいるが商売として関わる方々は大変な思いをしているのだろうなぁと考えてしまった。

帰宅して例のグラント・グリーンのレコードをターンテーブルに乗せ視聴。
「う~んっ?」「どこかで聴いた事があるな?」裏ジャケットを良く見るとレコーディングが1961年、ミューズレコードは72年に出来たはず…
更にA面、B面の曲名をよく見ると 確かに聞き覚えのある曲名が… そう これはディブ・ベイリーの「リーチング・アウト」ではないか!!
曲順がシャッフルされており しかもジャケットが全然違うし レーベルも… メンバーのビル・ガードナーやフランク・ヘイズが入っている辺りで気づくはずだがウカツであった。

やられてしまいました(笑) リーチング・アウトはCDでは所有していたがアナログでは持っていなかったのでまぁいいのだが…
ジャケットはリーチング・アウトの方が断然良い(笑) ちょっと トホホな気分(^_^;)

ミューズは5001番から5500番台半ばまで製作されていたようだが飛び番があったり再発もあったりで実際は四百数十タイトル程度しか作られていなかったとの事
再発盤と新規録音の区別はレコード番号では分からないようなので注意が必要!と大阪のジャズ喫茶マスターが話していた。

レコードの日の制定日は1957年と結構古くからある。文具の日は1987年から「文化を生み出す役割を持っている」ところから作ったようだ。
マンガの日は2002年 漫画協会と出版社数社で制定 「漫画を文化として認知してもらう」という普及活動から作ったようである。ちなみに手塚治虫さんの誕生日でもあるそうだ。

[PR]
by kurama66644 | 2016-11-06 08:52 | Comments(2)

なぜレコードはCDより音が良いのか?

私の参加しているオーディオコミュでこのようなタイトルで記事を掲げた人が何人かいた。

まだ仮説を立て検証している最中のようで本当に音が良いのかどうか分からない段階のようである。

それに対して様々なコメント意見が寄せられている 好みの問題とか、物理的な事、アナログとデジタルに起因する事…等々

その中でも アナログレコードは針から拾い出す音が左右混ざり合う事が多く(クロストーク)そこで音場が発生し独特の音が発生する?…まぁこのような意味だと思うが へーっ そうなのか!と思ってしまった。

まぁ この手の話題は昔から尽きない話で デジタルとアナログの音の優劣なんかも様々な意見が存在し対立する事がよくある。

物理的、科学的な特性の優劣はそういう専門家に任せるとして 聴いていて音楽に浸れるなぁと思うのがCDよりアナログかなぁと個人的に思ってしまう。
単純に音だけ聴いているとCDの方が良い音かと思うが余り余韻が残らない感じがする。その余韻というのは表現が中々難しいが… 昔田舎では石炭ストーブを使っていたが火を消した後も部屋の暖かさは徐々に薄らいで冷えていく感じであった。それを石油ストーブに変えてからは火を消すとあっという間に部屋の中は冷え切ってしまうようになった。アナログとCDだとそういう余韻の違いがあるように思える(変な例えではあるが)もっとも部屋の壁や床を防暖仕様にすればぬくもりが残るかも知れない(^_^;)

オーディオを趣味とされる方の大半は定位や音場感の良さを表そうと努力されているだろうし 現実に目の前で演奏している臨場感を味わいが為に工夫されているかと思う。それと「良い音」を出す事を目指されていると思う、その良い音って何だろう? 五感を刺激して心地よくさせる音、心に変化をもたらせてくれる音、平穏をもたらす音 まぁ色々あると思うが これもひとそれぞれ違うんだろうなぁ~

結局 個人の問題、個人的な趣味という結論に至ったので理論は理論としてそれぞれ自分が感じられるように色々試して そのアプローチが自分と近い人なんかと交流して共感し合う、そして時々は全然 自分と違うやり方 気持ちの人と接したりして そこで何を感じるか、感じないか…

自分は子供の頃から一人でジックリ行うのが好きだったから 人との交流は根本的には苦手、でも飲み会は好きだから結構参加したりして(笑)

えっ? タイトルの「なぜレコードはCDより音が良いのか?」と言う話は… 音が良いという定義がハッキリ分からない(人により違う)のにそもそも比べることはナンセンス。柳は緑 花は紅 そんなところである

どっちが好きかでいいじゃない。

b0323858_11105177.jpg
リー・モーガンのイントロデューシング。実質的な初リーダー作 残念ながら赤盤ではなく茶盤なのでセカンド盤以降のもの 
このアルバム シッカリ調整されたであろう?システムで聴いたら ちょっと違和感があった。自宅で聴くとそうでもなかったのに…
多分 家のシステムがいい加減だから却ってアラが見つかり難かったのだろうと思う。 結果的にはそれでいいと思っている。

音楽のアラを探すために聴いているわけではないのだから。(負け惜しみ(-_-;))




[PR]
by kurama66644 | 2016-11-02 11:22 | オーディオ | Comments(2)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧