<   2015年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

美味しい音量

引っ越す前の部屋は壁や床も弱い いわゆる普通の賃貸マンションで隣室への配慮もあり音量は自ずと制限があった。
なるだけ隣室に人がいない?時に音量を多少大きめに鳴らす事をしていたが そういう心配をしながら聴く音楽は精神衛生上 余りよろしくないのかもしれない。

元々爆音でなくても平気だったし なによりジャズ喫茶通いが長かった事もあり いざと言うときはジャズ喫茶で聴けばいいやと割り切ってもいた。

引っ越してきた今のマンションも同じ賃貸だが隣室に音に対して理解のある住人(音楽家です)がいるのとベランダの先の空間が広い事もあり昼夜問わず大きな音量でも大丈夫な環境である。

アナログに回帰してから音量に対する調整がいかに重要か少しずつわかってきた。特にプリアンプをラックスマンC-06αに変えてから音量のさじ加減でかなり違う雰囲気が出るようだ。要は「美味しい音量」はそのレコード毎ないしはその曲で変わる。良い悪いというより自分の環境下でのベストな音(個人的な好みの音といいましょうか)を出すのに重要な役割を持っているのがボリュームであると思っている。

b0323858_22081402.jpg
この盤は トランペットの中間派奏者 バック・クレイトンの「Songs For Swingers」というアルバムでレーベルはコロンビアのモノラル盤である。
編成は8人編成でビックバンドとまではいかないがジャズでは適度に多めの人数での演奏である。
いわゆる6つ目のオリジナルアルバムだがコロンビアのモノラル盤は空間表現が同じモノラル盤でも他のレーベルより奥行き感が広く 総じてステレオ録音に近いものが多い。

このぐらいの人数編成で聴く場合「美味しい音量」に標準を合わせると ものすごく幸せな気分になれる。それ以上でもそれ以下でもダメで ある一点のボリューム位置でないといけない。その位置は やはり色々な大きさの音量で試さないと分からない。盤の数だけ この美味しい音量があると思う。ケーブルや電源周りを変えるのもよいのだが自分の場合 まずこの美味しい音量を盤ごとに探す事で今は精いっぱいである。

[PR]
by kurama66644 | 2015-01-27 22:26 | オーディオ | Comments(0)

珈琲復活!

プライベートジャズ喫茶「キタサン」と勝手に名前をつけジャズ喫茶もどきにして聴いていた時期もあった。ジャズも好きだが同じぐらい珈琲も好きである。

実を言うとここ数か月まともな珈琲を飲んでいなかった。もちろん缶コーヒーなどは仕事の合間に飲んでいたりしたが家では長年利用していたコーヒー豆屋さんから仕入れを止め 市販のスーパーで売っている豆を買って飲んでいた。 最初の一口で「不味い!」と思った。 その後 豆の状態のまま密閉容器に保管したまま思いついた時にその豆を挽いて飲んだ。「やはり不味い」(笑) 家で自分で挽いた珈琲を飲む機会が自然と減ってきた。それでは何を飲んでいたか?そうこのブログでも紹介していた白湯である。
白湯を飲んだのはお酒やコーヒーなど刺激の強いものを常飲していたので中和させよう?と考えて飲み始めた。何の味もしない白湯だが胃腸の調子が良くなり こころもちウエスト周りも細くなってきたようだ(笑)

何故 長年使っていたコーヒー豆屋から買うのを止めたかというと…単純に値段が高いからである。消費税の問題やコーヒー豆の不作も関係してか値段が高騰してきたからである。

先日久しぶりにコーヒー豆屋に少量だが注文して数か月ぶりに飲んでみた。
「…美味い!」コクがあり味が芳醇である。苦味の中にも少しの甘みがあり口の中が豊かになったような感じがした。ここの豆はハンドピッキングで不良品を排除しなるだけ豆を均一化しているようである。このハンドピッキングは中々熟練したものでないと難しいようである。さらに当然ながら焙煎の技術も簡単ではない。手間暇をかけて作っているので それなりの値段がするのだ。個々人の味の好みは様々だが良い物には普遍の原理があるようだ。立て続けに3杯も飲んでしまった。

珈琲豆とはいえ食べ物?なので鮮度も重要である。ハンドドリップでお湯を注いでいるが あっという間に部屋中に珈琲の香りが充満する。これはスーパー等で売られているコーヒーでは出ないだろうと思う。瞬間密閉されているとはいえ やはり鮮度が違うのだと思う。
b0323858_09425867.jpg
相変わらず写真は下手で本当はお湯を入れた瞬間 ボワッーと膨らむ様子を撮りたかったのだがタイミングがずれてしまった(^_^;)
我が家はドリッパーは陶器で円錐形のペーパーフィルターを使用している。

[PR]
by kurama66644 | 2015-01-25 09:54 | Comments(0)

アームを磨く

自分でいうのも何だが きれい好きだと思っている。きれい好きには2種類あるとどこかのブログに書いてあった。一つは汚れそのものを嫌い汚れを取り除き きれいにする。もうひとつは汚れより物の調和、すなわち整理整頓をしてきれいにする。という事だが両方の人もいるし その割合が半々だったりどちらかに片寄っていたりと色々だと書いてあった。

自分はどちらかと言うと後者の整理整頓好きだと思っている。もちろん汚れを落とすのも好き?だが乱雑なのは落ち着かない。潔癖症ではないのである程度は乱雑感がある方が好きだったりする…

オーディオ機器には無頓着だがプレーヤーのダストカバーやスピーカーの埃は気が付けば払ったりしている。端子の掃除もするが年末に1度ぐらいしかしない。カートリッジの針は埃が付着するのでレコードをかけた後 すぐ取り除く癖はついてきた。更には毎回ではないが針の汚れを落とすクリーナーで針先を掃除したりもしている。
現在トーレンスのプレーヤーを使っているがアームはSMEである。時代は経つが構造の美しさでは今でもピカイチではないかと個人的には思っている。ふと見るとアームの光沢が以前に比べてなくなっているように思えた。アーム部分は繊細なので余り触れないようにしていたがメタルポリッシャーと綿棒を使い丁寧に拭き 磨き上げた。
本当は台座から外して行うのがよいのだが これが結構な手間がかかるので止めて(慣れている方には何でもないことかもしれないのだが…)簡易的だが実行した次第である。

台座の黒い部分は相変わらず汚れっぽいがアームは光沢が戻ってきたようで安心した。(よーく見る とまだまだ汚れが目立っている(笑))もう4半世紀前のものだし  よく頑張ってくれている。 使わないと錆びついてしまうし 使うと劣化する。でも飾りじゃないから使う。そう使ってナンボのものである。大事にするからまだ頑張ってくれ!
b0323858_23135841.jpg
b0323858_23133728.jpg

b0323858_23141875.jpg
                                                      

[PR]
by kurama66644 | 2015-01-21 20:20 | オーディオ | Comments(0)

音を楽しめなくなった

前回のブログでも最後のあたりで話したが 最近はレコードというか音楽そのものを聴く事が激減している。

体調は特段悪いと言う事はない(お正月は大変な目にあいましたが…)そして音楽を聴く暇がないほど忙しいわけでもない。

アナログに回帰してから1年余り 遅咲きのオーディオを開始してから8年近く経つが始めた頃と確かに聴き方が変わったと思う。
アナログレコードのオリジナル、元の音の凄さを体感し今まで聴いて来たCD中心のジャズとは一味もふた味も違う事が確認出来た。機器の選択や調整も大事だと思うが自分は未だそこまでレコードを聴き入っていないので機械中心のオーディオの考えは自分にはまだ早い?とも思えるようになった。

CDやアナログの再発盤を長年聴いてきて そのオリジナルないしは近いもののアナログレコード(ジャズが多いですが)を手に入れ聴いた時は 結構な確率で心が揺さぶられる事が多い。ただし揺さぶられるのだが感動にまで至らなくなってきた…。まぁ聴きたくなれば聴けばよいし 無理して聴かなくてもよい。

今は音楽を聴かないでアナログジャケットを眺めている時間の方が長いかなぁ(笑) そういえば家の前の梅が開花していた。とても美しい! 感動した(^_^;)

b0323858_23083992.jpg

[PR]
by kurama66644 | 2015-01-19 23:12 | Comments(0)

インサイドフォースキャンセラーが効かない

昨年6月 ジャズジャイアンツの一人 ホレス・シルバーが亡くなった。ファンクの伝道師の異名をとりブルーノートに数々の名作を残した偉大な人物である。

そうは言ってもコルトレーン、マイルス,モンク、エリントン等のようにジャズの歴史に功績を遺したかというならば少し微妙な感じではある…。

以前 ブルーノートのオリジナルは高いといい敬遠していたキタサンだが そこそこの価格?それでも高いのだが(^_^;)でこちらの盤を手に入れた。

b0323858_19285799.jpg
ブルーノート 4017番 「BLOWIN' THE BLUES AWAY」だ。ホレスの作品の中でも有名な盤である。オリジナルか!といえば多分違うと思う。
b0323858_19315266.jpg
このA面は当時の住所から言って「47WEST63rd NYC」のはずだが
B面をみると…「NEW YORK USA」になっている。

b0323858_19320189.jpg
このNEW YORK USAになったのは1962年以降だから あきらかに再発盤(2rd)であろうと想像がつく。

ちなみにジャケットの裏面には このように
b0323858_19321252.jpg
「west 61st New York23」と書かれており これは61年から62年に表記されていたものであろう。

まぁどちらにしろオリジナルでない事は確かである。(^_^;) それでも盤自体 傷が無くプチパチもこの時期の物にしては極少なく良盤である。
2rdでもスタンパーは同じなのか?詳しくは分からないが ブルーノートの匂いを感じ とても満足がいくものである。

ところがひとつ残念なことがあり A面1曲目の「BLOWIN' THE BLUS AWAY」の最後の所が溝がつぶれているのかどうかよく分からないが内側に針が進まないのである。要は同じ個所で針が止まり繰り返して演奏する…(その次の2曲目以降は正常に作動する)。ターンテーブル、アームは正常に動くし他の盤をかけても普通に動く。 不良品なのである…。

完璧な盤ではないが私的に満足している。ブルーノートはやはり良いと再認識した次第である。(オリジナルかそれに近い物は…です)


それにしてもレコード 聴かなくなったなぁ~ というか音楽自体聴くことが減ってきた。色々原因はあるのだが その話は又 次の機会にでも話そうかな。



[PR]
by kurama66644 | 2015-01-17 21:31 | オーディオ | Comments(0)

今更ながらサキソフォン・コロッサス

ソニー・ロリンズいやモダンジャズ界の金字塔ともいえる「サキソフォン・コロッサス」 ジャズ初心者、ベテラン問わず一度は聴いた事があると思う。

私も20歳ぐらいの頃 当時はジャズに興味がなかったが ベースを弾いていたジャズ好きの先輩からこのレコードを勧められジャズへの抵抗感というか敷居が低くなった気がする。 モダンジャズのエッセンスのあらゆる美点がこの1枚に凝縮されている そんな名作でもある。

今このオリジナルはユニオンあたりで15万円ぐらいしているのか?最近ではあまり見かけないような…。私はこのアルバムはジャズ喫茶で有名すぎてあまりかからないが初心者の頃は平気でリクエストし 周りのベテラン連中から白い目で見られていたのを記憶する。「こいつは今更 こんな有名な盤をリクエストするなんて素人だな」と思われていたのだろう(笑)

アナログに回帰してからオリジナルを中心に探す日々が続いているが流石に6桁の物は手が出ない。
ただバンゲルダー録音の凄みを味わいたく こちらのアルバムは持っている。
b0323858_19275937.jpg
b0323858_19290335.jpg
プレスレッジのゴールドラベル おそらく60年前期から中期にかけて一時期でていたものでモノラル盤である。我が家の小さいブックシェルフスピーカーでも よく聴いていたジャズ喫茶の大口径のホーンスピーカーと比べても音の芯がシッカリしているという点では決して負けはしないと思っているぐらい優れた盤である。

この手の有名盤はCDも含めて何度再発されたのだろうか?なにか毎年のように手を変え品を変え再発されているように思う。もうすっかりオリジナルの音とは違ってきているのかもしれない。


上記のジャケット写真は今一つパッとしないので先日 日本盤ながら初期の頃?60~70年代に出たものであろう再発盤を購入して改めて聴いてみた。
A面とB面が曲が逆になっていてライナーノーツは評論家の岩波祥三さんが書いている、発売元はビクターである。
b0323858_19433873.jpg
やはり こちらのジャケットが見やすいというかなじみが深い。 肝心の音のほうだが この日本盤だけ聴く分にはさほど問題は無いような気がする。これはCDでも同じ様な事が言える。先にも書いたが違いは音の芯があるかないかのような気がする。この日本盤の再発やCDでは音のふくらみはそれなりにあり 一聴すると迫力はソコソコあるのだが 音の塊の中にしっかりした芯のようなものがないような感じである。うわすべりで ガッーンという感じがしない。ロリンズのサブトーンもズズズーッという引きづりがヴァンゲルダー録音のものに比べて弱いようである。

色々いちゃもんをつけたが一般の人が普通に聴く分にはこの日本盤 しかもモノラルでモノ専用針をつかえば十分ではないかと思う。
そこまでこだわりを持つ私は 「すっかりマニアになってしまった」と少し気恥ずかしいような何とも言えない気分になってしまった。



[PR]
by kurama66644 | 2015-01-13 20:00 | ジャズ | Comments(0)

日本人とジャズ

日本でいう演歌が本場アメリカではジャズにあたるのだろうか?近年はライトジャズというかおしゃれの演出としてジャズにスポットライトが浴びジャズの敷居がだいぶ低くなってきたように思う。アメリカでは今はジャズを好んで聴く人は減っていると言う記事を読んだことがある。同時に日本では日本の心?なる演歌は音楽業界の中では低空飛行の状態のように思う、ヒット作がないのと惚れた晴れたを情念を込めて歌う演歌は重いと感じる人も多くなってきたのかもしれない(あくまでも個人的な意見です…好きな人はものすごく好きなんでしょうけど)

変な前置きになってしまったが 要は言葉の持つ雰囲気が日本人=演歌。アメリカ=ジャズというイメージを持ち そういう紋切り型の概念が崩れてきて あるいはそのイメージが嫌でそれぞれの国で栄えた音楽がお互い自国では疎遠になってきたようにも思える。

私がジャズを聴き始めた若い頃 日本のジャズは見向きもしなかったし さほど興味もなかった。日本人が演じるジャズはどことなく おとなしいし?所謂ノリが少し違うように感じた,更には今までの本場アメリカの模倣から脱却し日本人ならではの個性を出そうと必死になってもがいている姿を見 逆に不自然に思ったからである。わざと和楽器を用いたり日本の民謡を題材にしたり…さも日本では こういうジャズもありオリジナリティを出そうとすればするほど滑稽に見えた。 真似でもいいから普通に演り そこで何かしらの日本人の特徴的なものが垣間見る分には構わないと いつも思っていた。

話は又 飛んで恐縮だが日本の役者で真田広之がいる。最近は海外の方での活躍が多く人気があるようだが無理に日本風というかアジア的な所を出さないようにしているとか。
とかく日本というと忍者やサムライ、武士道とオリエンタルで神秘的な演出をする監督が向こうでは多いようだが真田さんは現在の素の日本人、日本を演じる事が出来ればよいと言う考え方であるらしい。確かに向こうの映画で日本というと着物を着てちょんまげ姿、お香を焚いていたりと いつの時代かよ?という間違えた描写が多いが それが向こうでは受けていたから演出上仕方なかったのかもしれないし 海外で活躍していた日本人俳優(あるいは日系人)もそれにしたがっていた風もある。

この真田広之のように日本人のジャズマンないしはウーマンも昨今は無理に日本人ならではの個性を前面に出そうと思わない人も増えてきたように思う。経済もそうだが所謂グローバル化が進んできたからであろうか。アメリカンジャズを踏襲しつつ偶々演奏しているうちに自然と日本人ならではの くせのようなものが演奏に出る。
そういう演奏をする日本人が増えてきたようにも思う。あくまでも私の勝手な想像を述べているのだが そうであるならばやはり日本人にはジャズが合わないのかなぁ?
ドッカン、ガッチン,ズッコーンと言うダイナミックさは日本人には出せない感じがするので それが出ている50,60年代のジャズをどうしても聴いてしまう。
b0323858_19403232.png

[PR]
by kurama66644 | 2015-01-11 19:43 | Comments(3)

センターレーベルはレコードの顔だ!

ジャケ買いも時々するキタサンだが実はレコードのセンターレーベルもジャケ買いに近い感覚で注視している。

半世紀前の古いレコードは盤自体も ボロボロ?傷ありも多いが経年劣化で仕方ない事もある。当然音に影響があるので綺麗な盤にこした事はないのだが それでも好きな盤があったらランクがBぐらいであれば買ってしまうような気がする(笑) ただしセンターレーベルがかなり傷んでいたり落書きが多かったりすると 購入するのはあきらめ次回を期待すると思う。

レーベルで有名なのはブルーノート青白ラベルやコロンビアの六つ目、リバーサイドのオープンリール、ヴァ―ブのトランペット、買収されてからのT文字など 規模の大小合わせると かなりのレコード会社、レーベルが存在し 個性が溢れている。(ジャズばっかりでスイマセン(^_^;) 他ジャンルは疎いもので…)

このセンターレーベルを特に意識するようになったのは当然ながらオリジナルの判別に欠かさないからである。
年代によるデザインや色、記入されている住所、社名、溝あり、溝なし、モノラルとステレオ、同じレコード会社でもジャンルによっても違っていたりする。
そうそう国内と国外での違いもある。 ジャケットによる判別もあるが海外のものは中身がホンモノでもジャケットが違っていたり、逆も多いので盤そのものをしっかり見ないとオリジナルかどうかの判定は難しいと思う。

本当は音や音楽がどれだけよいのかが重要なのに こんなセンターレーベルに愛着を感じるキタサンは他人から見ると ちょっとおかしな人?と思われる事であろう。

ところで数多いセンターレーベルで一番 気に入っているものがこちらである。
b0323858_20350818.jpg
西海岸コンテンポラリーレーベルでステレオ盤のセンターラベルだ。モノラルは黄色に黒文字でこちらも目立つが あまり好きではない。
このコンテンポラリー ステレオ盤はレコー盤自体が漆黒で更にセンターレーベルが少し薄い黒?いやチョコレート色といってよいのだろうか 同系色の黒系である。
通常黒のレコード盤に同じ黒を余り多用しない。(※とは言っても時期によりリバーサイドやプレステッジその他にも意外と黒をつかっていたりするが…)
そこに金文字である。そう気品があり高貴な感じがする(個人的な感想です)  写真写りはイマイチかもしれないが これが中々良いのである。

それにしても益々マニアックになってきた…。 大丈夫だろうか(^_^;)

[PR]
by kurama66644 | 2015-01-07 20:51 | オーディオ | Comments(0)

3枚聴き比べ

お腹の調子がまだ本調子でもないのにマニアックな聴き比べをするキタサンは今年も相変わらずです(^_^;)

白人ジャズメンにしては やけに黒い演奏をする稀有なアルトサックス奏者 フランク・ストロージャー。アート・ペッパーほど屈折していなくフィル・ウッズほど天才肌ではないが玄人受けする私の好きなサックス奏者の一人である。

ビー・ジェイやジャズランド レーベルに幾つか作品を残しているが どれもが西海岸の開放的な雰囲気を持ちつつ黒さもある流石の演奏だと思う。

以前から国内再発盤のこちらのアルバムを所有していて愛聴していた。
b0323858_18501267.jpg
b0323858_18502796.jpg
ジャズランドレーベル 「ロング・ナイト」だ。メンバーは全員シカゴ出身、かつて在籍していたMJT+3のリーダーでもある ウォルターパーキンスも参加している。
さらにマイルス・ディビスクインテットのメンバーでもあったジョージ・コールマンが ここではテナーを吹いている。(※初期の頃はコールマンはアルトが多かった)
ピアノのクリス・アンダーソンも知る人ぞ知る名手である。61年録音でフリージャズの萌芽が出て来た頃、そしてモードジャズの進行、ファンキージャズの台頭と従来のハード・バップと決別しようとする動きが色々起こる中 見事なまでの(笑)ハード・バップを真面目に演奏している。今聞いても普遍的な輝きを持つハード・バップ。
私は大好きである。


そういう大好きなアルバムはやはり元の音を聴いてみたくなる。年末 お腹の調子が悪くなる前に購入したこちらのアルバム
b0323858_19011042.jpg
b0323858_19012578.jpg
オリジナル ステレオ盤である。ディーブグルーブがクッキリとしている。盤の状態もさほど悪くない。



更にこちら
b0323858_19032667.jpg
b0323858_19033553.jpg
オリジナル モノ盤である(^_^;)
2枚買ってもブルーノートのオリジナル1枚買うよりは安いのは それほど人気がないのか もう少し評価されても良いアルバムだと思うのだが…。

そうそう肝心の音の聴き比べであるが日本盤再発はステレオだが音が左右のスピーカーに綺麗に分かれるケースが多く 明らかに不自然な部分が多い。しかし音はそれほど悪いわけではない ストロージャーの軽やかだが黒いアルトの音は小気味よい感じである。

オリジナル ステレオ盤だが国内再発盤ほど音が左右に振れない 非常に自然な出方である。音色に関しては国内再発盤とさほど遜色ないように感じられた。若干ピアノの音色に張りと艶が感じられたが ブラインドテストされると どちらがどうかという事はよく分からないと思う。

モノオリジナルはステレオ録音のものより力強さは感じられたが格段と違うと言うほどの事は無かった。音の出方としてはステレオ録音のものと大差はないように思った。これはステレオがモノっぽいのか モノがステレオっぽいのか今一つ分からない。

一つ言えるのは 音色はともかく国内再発盤が一番不自然ぽい感じである。もちろん国内盤だけ聴いただけではわからないだろう 聴き比べて初めて分かる事である。
アンプや音場補正機器等で音の調整等できるが やはり元の音を聴いて納得した上でいじるのがベターであろうと思った。


[PR]
by kurama66644 | 2015-01-03 19:30 | ジャズ | Comments(0)

ブルースでお正月

明けましておめでとうございます。

私にとっては長期?の休みなので心ウキウキ状態だったのですが年末31日からお腹の調子が悪く腕をみると鳥肌が立っていました。 これはカゼ?ひょっとするとノロウィルスか?と思い この2日間 白湯以外食事もとらずにいた状態です。日頃の行いが悪いのか 罰が当たったのでしょうか!ヤレヤレです(^_^;)

ようやく起き上れるようになってきたので久しぶりに?(わずか2日間ですが)アンプのスイッチを入れターンテーブルを回してみました。
いつもなら迷わずジャズを選ぶのですが年末からブルースを聴きたくなり 年始聴き初めのアルバムはこちら。
b0323858_19441350.jpg

ジョン・リー・フッカーの「モーニン・ザ・ブルース」です。 確か一度だけ来日していたようですが もう30年ぐらい前でしょうか。
ジャズは良く聴くキタサンですがブルースは実の所余り聴きません。結構淡々として流れていくところが飽きちゃう感じなんですね。(ブルース好きな人御免なさい…)
この淡々とした流れが お腹の調子も整えてくれるようです。(本当かな?)

病み上がりにすぐ聴く曲がブルースなんて相変わらず変人、AB型のキタサンですが 今年もよろしくお願い致します。

[PR]
by kurama66644 | 2015-01-01 19:49 | Comments(4)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧