<   2014年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

プチプチ・パチパチ盤

前回のカゼヒキ盤に続いて 今度はプチプチ・パチパチ盤。説明するまでもなく盤に傷、埃などがあった場合 発生する。その他に針側の汚れ、埃付着にもよる事があると思うがアナログ再生で余り起きてもらいたいとは誰しも思わないはず。逆にCDほど静寂感がありすぎるのも不自然ではあるが それでも限度があるであろう。

私の好きなジャズマンでジェローム・リチャードソンがいる。この名前を聞いてもピント来ない人は多いとは思うが所謂マルチ・リード奏者である。楽器分類的にはフルート奏者と位置づけられるとは思うがテナーや時にはバリトンサックスも吹く。作品数は少ないが「ミッドナイト・オイル」と「ローミン」が有名である。(有名と言ってもマニアックな人しか知らないと思うが…) 日本ではウェイヴ・スペシャル・プロダクツが出したものしかアナログではなかったような気がするが中々 音的には素晴らしいと聴いて感じた。

しかし80年代の再発の為 ステレオ盤で音は良いのだが今一つガッツが足りない。ここはMONO盤オリジナルしかないと思ったのだがヴァンゲルダーさんがエンジニアをしていた NEW JAZZレーベルでオリジナルは メチャクチャ高いのである(^_^;)

そこで偶々 オークションで「ローミン」のアルバムを格安で見つけた。しかもオリジナルである… 格安というのは何か問題があるはず! そうジャケットが付属していない。あと盤質の評価があまりパッとしない。でもオリジナル…。まぁCDや再発盤の音は知っているから どれだけ違うか勉強代と思い購入。(オークションでありましたが私以外買い手がつかず直ぐ落札でした)
ちなみに これが「ローミン」のジャケ。
b0323858_21445227.jpg
そして今回購入の盤のみ
b0323858_21561769.jpg
私の好きな深溝があります(笑) レーベルの部分だけですが盤は傷だらけの人生でありまして… まぁ小傷、すり傷が多いですね、分かっていて購入したので仕方ありません。
小傷が多くてもちゃんと聴ける盤は沢山もっていますので余り気にせず?いつものようにアルカリ活性イオン水で洗浄、聴いてみましたがやはり「パチパチ、プチプチ」が多い… ちょっとうるさい、いや かなりうるさい…(^_^;) 通常はアルカリ活性イオン水で洗浄した場合 面白いように埃が至る所に浮き出てくるのだが この盤は珍しくそういう事は少なかった。ということは埃、汚れによるものより傷などの損傷でプチパチが起きているのであろう。

そういう中 演奏される音楽は リチャードソンのバリトンサックスの音がゴリゴリして ジョージ・タッカーの流石の太いベース音がするなど想像していた通りであった。再発盤も良いのだがオリジナルの軽快だが重い?何とも言えない音の波動が心地いい。(少し意味不明な表現です)

うーん それにしてもやはり綺麗な盤も欲しい!足げに探すしかないですね(笑)


[PR]
by kurama66644 | 2014-09-28 09:34 | オーディオ | Comments(0)

音楽ファンでもオーディオファンでもない。それでは何ファンなのか?

毎日 朝 出勤前に1枚のLPをかける。必ずしも毎日違うものを かけるわけではなく連続して同一のLPを かけて聴く場合もある。
朝かけるのは 多分テレビをつけっぱなしにして音を出す感覚なのだと思う。そう私の家にはテレビが無い。ラジオでも良いのだが たまに聞き入って時間の経過を忘れる事があるので こちらの方は聞かないようにしている。

帰宅してからも 食事時に1~2枚ぐらいかけ聴く。この時は朝とは違い ゆったり聴く事が出来るので比較的真剣に?聴く。
その後は書斎?(布団部屋)でパソコンとにらめっこ(笑) ここでは殆ど音楽は聴かない。(正確に言うと聴かなくなった) たまにユーチューブで音楽を流し聴きする程度である。

休みの日も似たような感じ、特に昼間 まとめてアナログ盤をジックリ聴くわけではない。時々思いついた時に聴く程度 この時もどちらかというと真面目に?聴いているかな…。外に出かけているか読書をしている事が多い。携帯プレーヤーは持っていないので外で聴く事はまずない。

以前CDを大量に持っていた頃は時間がある限り 部屋の中では音楽が(CD)鳴りっぱなしだった。オーディオ機器と言えるものを揃えたのは7年ぐらい前だが その前はミニコンポやラジカセで聴いていた、ソフトは沢山持っていたので音楽ファンだと自分でも自覚していたと思う。
オーディオを本格的に始めた7年前 最初の頃は機器も色々替え アクセサリーも高額の物は買えなかったが それでも身分不相応な物は結構買ってきたつもりだ。この時点でオーディオファンの仲間入り?かなとも思っていた。

オーディオブログやコミュを見ていると必ずしも機器だけの話題ではなく音楽の事も記事が出ている。参加している方は皆 貪欲に音楽を聴いているように思えてきた。
別に悪い意味で言っているわけではない、一生懸命なのだと思う。家のみならず外に出る時も携帯プレーヤーやヘッドフォンを持参して聴く人も多い。
始終心地よい音楽を聴いていたいという事のようだが それほど音楽の無い世界が酷いものなのかと穿った見方をしてしまう。(気を悪くされたらスイマセン…)

普及帯価格のオーディオ機器だが それを使ってこれまた今ではマニアックなアナログレコードを聴いている。
傍から見ると立派な?オーディオファンで音楽ファンのように見えると思う。ただ実態は音楽無しでも平気だし 音が無い方が良い場合も多い。

以前 趣味で油絵を描いていた事をこのブログでも書いたが 読書や絵の方がやはり好きなのかもしれない。
かろうじてアナログをやっているのはジャケットに魅せられている部分も多いからのような気がする。

うーん…音楽ファンでもない、オーディオファンでもないとなると 今まで付き合ってきた仲間の方たちと益々疎遠になっていくかな?

[PR]
by kurama66644 | 2014-09-24 20:14 | Comments(0)

カゼヒキ盤

レコード蒐集をしていて先日 初めてこのカゼヒキ盤に遭遇してしまった。レコードをメインで再生のソースとしてまだ日が浅いのだが最初はカゼヒキ盤とは何の事なのか知らなかった。製造工程のプレスの段階で起きるようだが近年の(とはいっても10年、20年前ぐらい) のものは製品管理もしっかりしているので このような不良品は少ないのかもしれないが 半世紀前のレコードが主流だった頃 弱小メーカー、レーベルは製品にもバラつきが多かったようである。

一応 そこそこの価格の物は検盤するようにしているが先日購入したこの盤
b0323858_09202667.jpg
バリー・ハリスの「breakin' it up」というアーゴ レーベルのオリジナルMONO盤であるが 針を落とした瞬間からザーッ,サーッと言う音が聞こえ続ける。
いつものようにアルカリ活性イオン水で洗浄してみると ものの見事に埃が浮き出て盤自体は結構きれいになる。しかしザーッ、サーッの音はそのまま。
俗にいうカゼヒキ盤なのである。しかも盤に少し反りがあるようである(^_^;)
恥ずかしながら何の為の検盤をしたのかと 自分の目利き、知識、経験の無さに落胆する。

まぁ そうは言ってもこのジャケットは昔から素朴ながら結構好きでジャケ買いでもOKな所があったので良しとしたい。
肝心の音楽、音質については CDで飽きるほど聴いたがオリジナルアナログはCDほど過度に高域、低域に音圧をかけていなく極自然に音が出ていた。
CDの時は 時折音量を小さくする時はあったが こちらのオリジナルはそのような操作も必要のないほどバランスが取れて かつ中域に厚みがあるようである。

最近 某コミュでもCD毎の音質の違いが話題になっていたがアナログほど見た目での判別は難しいと思う。
カゼヒキ盤の見極め方は 私にはまだよくわかっていない。やはり失敗を繰り返して分かってくるものなのかもしれない。

[PR]
by kurama66644 | 2014-09-23 09:40 | オーディオ | Comments(6)

化学調味料と音源

田舎育ちだったので新鮮な食材は比較的手に入りやすかった。私の母親の作ってくれた料理で子供心に不味いと思った記憶はない。
どちらかというと地味な料理が多かったので都会?の精練された料理も食べたく文句も言った事はあった。

昭和一桁台の女性であったので昔ながらの手間が掛かる料理の仕方をとっていたようであるが 時々 台所の棚から ある物を取り出し料理の途中、ないしは仕上げに振り掛けていたのを覚えている。 そう「味〇素」化学調味料である。
私は最初、塩や砂糖かと思っていたが その白い物を舐めると何とも言えない味がする。舌にすこし刺激がくるようであるが不味くはない、しばらく舐めていると癖になる味である。 主成分はグルタミン酸ナトリウムで近年はその他にも色々混じった複合化学調味料を 単なる調味料と表示しているようである。

素材のうま味を引き立てる為に用いられているようだが 実際は低品質の原料を使用しながら消費者のニーズを満足させる為には この化学調味料の技術を利用するしかないという事なのだろう。
その他に人体への影響が大きな問題のようであるが ここではその事に深く言及しない。

料理とオーディオは似ていると以前このブログでも書いた。実際 この化学調味料に当たるものを録音した音源に振り掛ける事は今や当たり前になっていると思う。
私は元の音源を知りたくオリジナルないしはそれに近い物を選ぶようにしている。しかし厳密に言うと消費者に届く段階で元の素材の音に何かしらの「化学調味料」が既に含まれているのだと思う。

ここで化学調味料の批判を言いたいのではない。化学調味料があって素材の味を上手く出した美味しい料理も沢山ある、その料理に満足して幸せな気分になれれば又最高なのである。 ただ出来るだけ化学調味料のかかっていない音源を聴き 音源というか音楽の違いを確認したいだけである。そこで初めて化学調味料の功罪が分かるような気がする。

最後にひとつだけ、何事もそうだが使いすぎはいけないと思う。近年の音楽、音源はこの化学調味料を使いすぎのような気がする。

※化学調味料と音源、音楽と言う言葉が比喩としてゴチャゴチャした分かりずらい文章になってしまった事をお詫びします。




[PR]
by kurama66644 | 2014-09-16 10:55 | Comments(0)

専門家

今 オーディオ機器を置いてある部屋があるがそれ以前は 書斎(別名 布団部屋)にオーディオ機器一式を置いて聴いていた。 狭い上にピアノの練習部屋として少し防音対策を施した部屋でもあるので聴くに堪えない嫌な音が度々出て困り果てていた。

ある事がきっかけで音響の専門家に見てもらう事ができCDを中心に聴いてもらった。
測定機器で測ったり、実聴で色々と分析してもらったが かなりデットな部屋である事が判明、さらには狭いが故 低音過多になり適度に吸音材を使っていた事にも指摘され低音を吸う以上に高音も吸い 生気のない音になっていると言われた。

分析データーのグラフを見せつけられても正直素人の私にはよく分からない。ただ数々の現場を見て、聴いているので音の良い、悪いのその専門家なりの基準があり判断してのアドバイスであるので 流石 プロ!とその時は納得した。


その後 高価なルームチューニング材を買ったり色々工夫をしたが結局は この部屋からメインのオーディオ機器を撤収させ 別の部屋で聴いている。
前にもこちらで紹介したが こちらが現在の書斎 布団部屋である。

b0323858_11184096.jpg
アナログプレーヤーも撤収したのでCD再生かラジオしか聴けないが こちらでは聴くのはもうユーチューブ音源をデスクのPC内蔵スピーカーで聴くぐらいである。


オーディオを長年やられている方はこのルームチューニングの改善点も的確に判断出来る人も経験上多いような気がする。
ただしあくまでも音の不快感、歪等を出来るだけ無くし音楽を聴くのに最適な空間を作り出すアドバイスに過ぎない事が多いと思っている。

音楽そのものを知っているわけではない。(知っている方もおられると思うが…) その音響的に最適な空間が?はたして音源の持つエネルギー、アーティストの伝える情熱等 感じ取られるかは別問題であると思う。 個人的な感性、とらえ方によるものも大きいとは思うが オーディオで部屋の問題(視聴環境の問題)はかなりの影響を及ぼすと誰しもが言うが 自分にとっては二の次三の次ぐらいに興味が失せてしまっている。

何だかんだ言ってもその部屋で長く音楽を聴き続けている人がその部屋での一番良い音(自分にとっての)を知っているはずであるから 他人がとやかく言ってもあくまでも参考程度に捉えておいた方が良いように思う。

専門家が何を言おうと最終的に決めるのは自分である。

[PR]
by kurama66644 | 2014-09-15 09:58 | Comments(0)

インクがいらないペン

普通ボールペンはインクが必要だが この度イタリアのあるメーカーが同国の文具メーカーと提携して インクがいらない一生使えるペンを発売した。
合金で出来たペン先が紙と摩擦して酸化し文字が書ける仕組みのようである。お値段は日本円で約12000円と高級筆記具の部類に入る。

インクのいらないペンは何年か前にも実案され発売された記憶があるが あまり評判にならなかったようだ。

今回のものも販売デモンストレーションを見る限り ボールペンのように濃い文字は流石に書けないようで鉛筆の硬度でいうとHぐらいの感じであろうか?
それでも文字やイラストなどある程度普通に書けるし かすれ方が見ようによっては中々味のある雰囲気?であるように思える。

パソコンやタブレットなどで文字を打つ、あるいはタッチしプリンターで印刷というパターンが多くなってきたが まだまだ手書きで使うペンは需要が多いと思う。

凄い事だと思い、これがインク並みの濃さまで色が出せるようになれば かなり売れるようになるかもしれないと思った。
と同時に筆記メーカーに携わる人は地獄を見るようになるかもしれないとも思った。
プリンターやコピーのトナー、髭剃りの替刃など 本体はめちゃくちゃ安くなっているのに この替え(消耗品は)結構高い。
そう この消耗品こそ販売業者、メーカーの命綱なのである。同じように筆記メーカーの命綱の替え芯が無くなるのは その命綱が切れる事を意味すると言っても大げさではないと思っている。

銀塩カメラがデジタルカメラに変わり 街の写真店、現像ラボなど姿を消した。現像した写真を綴じるアルバムも生産は縮小の一途だと思う。フイルムは化学だがデジタルカメラは化学とは別の異業種から襲っていきフィルム業界を駆逐していった。

関係してきた人たちはリストラなど血の涙を流してきた方も多いと思う。他の事業に方向転換できれば良い方だがそういう人はわずかな筈…

技術の発達で人は豊かになってきた。ただ別の面からみるとその技術の為にどん底に陥る人もいる。
おそらく今後も同じことが続くと思う。イヤー楽で便利になった!と喜んでいると急に背後から不便な事が迫ってくるのに気付かない事も…

便利さと幸せ、色々考えさせられる今日この頃である。 ※ちょっと暗いブログで申し訳ない。

[PR]
by kurama66644 | 2014-09-12 21:58 | Comments(0)

ミュンヘンへの道

ジャズ好きなキタサンだがジャズを聴き始める前は歌謡曲ばかり聴いていた。アナログに回帰した時 この歌謡曲も懐かしく聴いてみたいと思い、色々レコードを物色してきた。このブログを始めた当初(半年前)は 歌謡曲の記事もいくつか書いたのでよろしければご覧になっていただきたい。

さて歌謡曲もよいのだがアニメソングも意外と好きで 最近のものは全く疎いのだが子供の頃60,70年代のものはメロディだけでなく歌詞も覚えているものが多い。
便利なもので私が音楽鑑賞で比較的多く使う ユーチューブで当時の懐かしアニソンも聴くことが出来る すごい時代になったものだと感心する。

タイトルにある ミュンヘンへの道は 松平康隆さん率いる男子バレーボールチームが東京,メキシコそしてミュンヘンへと段階を経て金メダルをとっていく実録ものを練習風景や秘密兵器?開発も含めてミュンヘンオリンピックが始まる前に毎週30分番組で放送されていたものだ。

カテゴリー的に言えばアニメドキュメントと なるのだろうか? 冒頭の主題歌はハニー・ナイツが歌って 作詞は 阿久悠さん 作曲はアニメソングの大御所 渡辺岳夫さんだ。


監督の松平康隆さんは3年前に亡くなられたが 亡くなる2~3年前に当時の都知事 石原慎太郎さんと対談した番組があり現在のスポーツ界、指導者、選手に対する色々な持論を述べられていた。

面白かったのが戦術、戦略家でもあった松平さんが日本人に向くスポーツと向かないスポーツがあり 向かないスポーツに幾ら力を注いでも厳しいと言っていた事だ。
その代表的なのがラグビー、バスケットボールだと言っていた。すかさず石原さんがバレーもバスケも同じ空中戦を戦うのだから似ているのでは?と反論したが松平さんは 確かに似ているがバレーには床があり 要は床にボールが落ちなければ点は取られない何とかチャンスがあると言っていた。(※ラグビーやバスケを批判した内容ではありませんでした)話が長くなるので割愛するがリクリエーションで楽しむのなら何でも構わないが世界の頂点に立つためには選手個人の才能だけではなく、体格、精神、そしてそれを支えるバックボーン、さらには短絡的なものではなく目標(決められた時間、年数に向けての)を定めた戦略が必要になってくる。すぐに結果は出てこなく辛抱強さも必要であるという事を述べられていたように記憶する。

全米オープンで大活躍中テニスの錦織選手、先般のワールドカップで惨敗した日本サッカー、そして早くも?次期監督を招へいし 初戦敗退、それをこぞって批判するマスコミ。昨今のスポーツを見ていて何故か松平監督の事を思い出し、同時にこのミュンヘンへの道の主題歌も口ずさんでいたキタサンであった。


[PR]
by kurama66644 | 2014-09-08 19:59 | Comments(0)

生活している場所にふさわしい音楽美

五味さんの著書「オーディオ巡礼」の一説に書かれていた言葉だったと思うが中々含蓄のある響きをもつ。

このスピーカーだから低域が出ない。もう少し高価なツィーターなら気持ちの良い高音が出る。アンプが馬力のあるものでないと振動板が動いてくれない云々…。
機械だけみると何かと不満があり色々考えては悩み、あるいは買い換えてしまう事もある。あるいは部屋そのものがもう少し広ければ響きと余韻がよくなるのに、など部屋の広さも気に掛ける。大方のオーディオをやっている方は思う事ではないだろうか。

大抵はコンサートホールやライブハウス内での聴いた印象、イメージで それに近い音が出ないかと そしてその熱狂と興奮を我が家でも再現。と思い四苦八苦しながら工夫しているのではないかと思う。ただいかんせんそれらの会場、場所とは規模が違う。何倍あるいは何十倍という広さの違いがある一般家庭では(たとえ30畳規模の部屋でも)無理があるというもの。

ならばどうしたらよいか! それぞれの生活空間に合わせた音楽美を追求する事でしかないと思う。
ここで偉そうに「音楽美の追求」と言及したが実は その音楽美なるものの実態がわかっていない自分もいる。

その正体を突き止める為には やはりジックリ聴くしかないのかと思っている。
ジャズは長年聴き続けてきたつもりだが 以前のブログにも書いたが ながら聴きでジックリ聴いて来なかったと思い起こす。

聴く時の気分、心持ちによって曲の印象も変わる事があると思うが それでも聴き続けられるアルバムは自分にとっての音楽美を追及できるアルバムなのだと思う。

生活環境に合わせた機器で自分にとっての音楽美が追及でき 何となくうれしく心豊かになっていけばそれでいいのかもしれない。
自己満足でも自分の気持ちがウキウキすれば 他人に対しても優しく出来るようになる気がする。
決して自己満足は悪い事ではない(笑) 

b0323858_10461869.jpg
リチャード・エバンス トリオ (ARGO LP-658 オリジナルMONO盤)を聴きながら秋雨の中での独り言でした。

[PR]
by kurama66644 | 2014-09-07 10:57 | オーディオ | Comments(0)

同じアルバムを何度も聴く

私はミニコンポやラジカセで長年ジャズを聴いていた。機器がこのようなものだったので当然CDでの再生だったわけで頻繁にCDは購入していた(主にジャズですが)。狭い部屋にCDはいっぱいに溢れかえり 余り聴かないCDは売却、空いたスペースだけ又 購入の繰り返しであった。

売って失敗した!と思ったものを再度購入した時もあったし 内容が同じでもジャケット違いのものを購入する事もあり 最新盤を購入する事もあった。
家にいる時はBGMがわりにジャズはいつもかかっていた。今から考えると本当に真面目に聴いていたのか疑問である。

どちらかというとジャズライブやジャズ喫茶での方が真面目に聴いていたかもしれない。
もちろん聴き方は色々で肩ひじ張らずに気軽に聴くのもありだと思っている。ただやはりBGM的な聴き方だと曲を流すだけ アルバムも頻繁に取り替え 出来るだけ数をこなす?感じだったのかと今振り返り思っている。

今年の夏前ぐらいから アルバムを購入する頻度が極端に減ってきた。
そして今 家にあるアルバムでも同じアルバムを繰り返して聴く事が多くなった。心境の変化なのか自分でもよく分からない。
じっくり聴きたい、いや聴いていられる、聴きほれてしまう そのようなアルバムが我が家にもある事には感謝に値する。

変な例えで恐縮だが お腹がそれほど空いていないのに無理に3食 食べてしまう。今まではそんな感覚だったのかもしれない。
今は欲している時、欲している量だけをゆっくり噛みしめて食べるといった感じであろうか。
私はCDは聴かなくなったので音源的にレコードは400枚程度しか持っていない。普段アナログの話題が多い割には少ない数なのだろうと思う。

その400枚の内 よく聴くのは1/10程度だ。以下のアルバムはオリジナルの物も有るし、国内再発盤、再発盤でもオリジナルと同一スタンパ―使用のものと様々だが
ここ何か月繰り返し聴く頻度が高いアルバムである。

b0323858_15181074.jpg
b0323858_15182432.jpg
b0323858_15175794.jpg
b0323858_15174353.jpg
b0323858_15173384.jpg
b0323858_15171790.jpg
b0323858_15170555.jpg
ハハハッ…ジャズアルバムばっかし(笑) クラッシックも少しあるので それはいつか掲載します。




[PR]
by kurama66644 | 2014-09-03 15:24 | オーディオ | Comments(2)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧