<   2014年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

オーディオと料理

オーディオ再生と料理は似ているとよく言われる。

最初に料理するのがエンジニアであるのだがオーディオ再生でかなりの影響がある事はここ1年ぐらいで何となくわかってきた。
演奏という素材をいかに上手に味付けして料理として完成させるかで そのあとのオーディオ再生が全く違ってくる。

料理として完成されたものをいったん フリーズドライか冷凍してパッケージ化する。

それを解凍なりして食べるのが我々リスナーだ。

ここでただ単に解凍したものを紙のトレーにのせ どうぞと出されても  私は今一つシックリこない。
見た目も大事にして 聴覚だけではなく視覚でも味わいたい、それと無味乾燥した何も無い部屋でなく 自分の好きな物に囲まれた生活感のある中で食べた方が落ち着く感じがする。

順序が逆になってしまったがオーディオ再生機器類は ここでいう解凍マシンにあたるのかもしれない。
適正な温度で復元させる精度も大事だが あまりこだわらなくても良いように最近は思っている。
それなりの名の有るメーカー(ガレージメーカーも含め)は それほど品質が極端に落ちる事はないと思う。

問題はその精度調整がある程度自分の裁量で出来るかどうかが大事であるように思う、自作でアンプなど製作する人は別として技術者でない限り 細かな調整まで出来ない、それに準ずるのがアナログだと思っているので どうしてもアナログ中心の再生になってしまう。

料理と言う段階で素材そのものが形も触感も味も?変わってくる。どうしても素材そのものを味わいたい場合は 生演奏を聴きにいけばいいだけ。
遅咲きのオーディオを始めて7年が経過するが 今 オーディオを始める前ミニコンポで何気なく聴いていた頃の心境に戻っている。

私の大好きな料理のひとつ、ジョー・ワイルダーの作品です。日本の再発盤ですが当時のキングレコードの料理人(エンジニア)が試行錯誤して作ってくれたものです。感謝しながら味わっています(笑)
b0323858_09112833.jpg



[PR]
by kurama66644 | 2014-02-28 09:13 | オーディオ | Comments(2)

竹林と雑木林

一時期 ルームアクセサリーに凝っていたことがあり 私の持っている機器より高い物も購入した事がある。

居間にもこのルームチューニング材を置いていたが 現在は隣の布団部屋に一部持って行き ルームチューニング材は
極平凡な平らの反射板が何枚か置いてある。

そのルームチューニング材の特徴は音を拡散することにある。
拡散する事は音に広がりを持たせ 聴きやすくする。悪い事ではない。
平らな板でももちろん反射して広がるが その反射を繰り返していくうちに遠ざかっていく。
円柱、円錐になるとその周りを移動するだけで遠ざかっていかない。

実際の放たれる音の源ではなく その円柱なり円錐形のチューニング材あたりで音が漂ってしまう事になる。

ベテランのオーディオファイルから「どうも音が拡散されて逃げていっているようなんだよなぁ…」と
そのルームチューニング材を置いてある部屋で音楽を聴きながらボソッと話していた。

その人曰く 音の実在感が無い!と。

私の書斎兼布団部屋にはこのルームチューニング材ともう一つ 円柱形の反射板が置いてある。
b0323858_21293249.jpg
b0323858_21294610.jpg
竹のようにきれいな円柱形のもの それが沢山ある竹林で音を聞くと どこから音が聞こえているのかその実態はわかりづらい。
同時にその空間は静寂感が漂う。 反面 様々な形で出来ている木々の 雑木林も音は拡散されるが 音の源は何とかつかめる。

オーディオをやるにはかなり狭い部屋で不利な条件のこの部屋に2つ円柱形のルームチューニング材を使った事は ある意味正解だと思っている。
メーカーの方は狭い場所こそその効果がわかりやすいと言っていたが納得である。
だからと言って その拡散された聴きやすい?音が誰しも好みかと言うとそういうわけでもない。

使い方によって毒にも薬にもなる。ルームチューニング材はあまり懲りすぎないのが精神衛生上良いのかもしれない。



[PR]
by kurama66644 | 2014-02-27 21:47 | オーディオ | Comments(0)

ソウルと演歌

ソウルと言っても韓国の首都の事ではない。最近ジャズ以外のレコードを買うことが多くなったキタサンだが半世紀前 アメリカ ソウルの殿堂アポロ・シアターで当時のトップスターが勢ぞろいした こちらのアルバムを手に入れた。

 

b0323858_19564065.jpg

アポロ・シアターはハーレムの真っただ中にある。新人のRB/ソウル・シンガーがこの劇場に出演することはスターへの道の登竜門らしい。有名なオーティス・レディングのまだ駆け出しの頃の歌が聴きえる貴重な録音だ。その他にザ・ファルコンズ、ドリス・トロイ、ベンE・キングなど出演で会場は大盛り上がりの様子。

 

ジャズを長年聴いていて このソウルというタイトルのアルバムは数多くあるが このアルバムに収められている演奏はもっと泥臭く 感情むき出しの演奏である。

それなのに私はあまり感動しない。ライブ録音で状態もさほど良いわけでもないが やはり琴線にふれないようだ。

 

それと比較して最近聴くようになった演歌。もちろん日本の魂?でソウルなのである。

こちらの方が何故か感動することが多い。子供の頃はもちろん40歳代までは見向きもしなかった演歌なのだが…

 

ソウルはどちらかというとジャズのエッセンスがある、逆にソウルにジャズのエッセンスがあるのか?演歌の方に感動が多いのは幼年の時から身近で聴いていたせいもあるのだろう。もちろん真剣に聴いたわけでは無いし テレビやラジオからの音源だったが始終かかっていたような記憶がある。その懐かしさからくる事もあるのだと思う。

 

いずれにしても 又 アナログ再生の興味の対象が増えてしまった。

演歌はアナログで日本の機器を使って聴きたいところだが残念ながらスピーカーだけは国産の物をつかっていない! イギリス製とドイツ製だが まぁ しょうがないか.


[PR]
by kurama66644 | 2014-02-26 19:59 | Comments(4)

自分だけの為に演奏してくれる

あくまでも個人的な妄想であるので軽く聞き流してほしい。

最近 思うのが自分だけの為に演奏してくれるオーディオは聴くと楽しくなってくる。

自宅でのオーディオなんだから今更何をと言わないでくれ!

これはオーディオを趣味としている人は皆思うのではないだろうか?

コンサート会場と違い そこには自分と相手(オーディオから奏でる演奏者)しかいないから当然の事?。

 

実はこの感触は今まで感じていなかった。オーディオ装置のグレードが上がったわけでは無いのだが そう感じるようになった。

 

明らかに心の持ちよう、気持ちの変化なのかもしれない。

ニアフィールド リスニングも影響があるのか より身近に聴こえる環境の方が親密になれる気がする。そうなると狭いからと言って悪い面ばかりではない。

 

広がりが少ないので確かに圧迫感があり音が飽和し易い、その欠点ばかり気にしていた。

良い面も見るようにしないと楽しくない。

 

先日話した MONO専用部屋でMONO音源をモノラルカートリッジで聴いている。

疲れるから始終聴けないと このブログでも書いたが 何のことはない 音量を下げればいいだけの事。それでも部屋の狭さを生かしMONO音源特有の分厚い音は 音量を下げただけでは鮮度は失わない。今 耳に心地よい音量で聴いている。

 

ジャズは迫力のある音で聴かないと爽快ではないのかもしれないが 必ずしもそうではない! 現に私のMONO音源専用部屋では7080dBの音でも十分迫力が伝わり 実在感がある。至福の時である。

 

すっかり自己満足 ブログになってしまった。すまん…。

※こちらは以前のプライベートジャズ喫茶「キタサン」 現在は純喫茶「キタサン」の部屋の様子。時々 居酒屋「おもてなし」に変わる。

b0323858_20134782.jpg


[PR]
by kurama66644 | 2014-02-25 20:22 | オーディオ | Comments(0)

男性用プレーヤーと女性用プレーヤー

以前、プライベートジャズ喫茶「キタサン」と自宅の7畳足らずの部屋をそう呼んでいた。

オーディオ機器を置いてジャズ喫茶風にしたが 結局は半年ぐらいで閉店。

 

アナログ機器を揃えているうちにジャズ以外のアルバムに食指が動き かならずしもジャズに拘らなくなったからだ。

 

現在こちらの部屋にはトーレンスとヤマハのプレーヤーを置いてある。

b0323858_19413825.jpg
b0323858_19415204.jpg



ステレオ針とMONO針で分けて使っていたが最近はMONO針によるMONO音源再生に疲れてしまい、

とうとうMONO針を外してしまった。ユニバーサルアームだから気が向いたら又付ければよいと気軽なものである。

 

 

2台用意したのはMONO針による再生の為で このMONO針を外し2台ともステレオ針では余り意味がないのかもしれない。ところが知らず知らずのうちに この2台を使い分けていた。トーレンス+SPUカートリッジの方は女性アーティストをヤマハ+DENONカートリッジは男性アーティストを主に再生している。 

どういう事かというと 私は音楽的表現が下手でうまく言い表せないがトーレンスの方は曲線的、それに対してヤマハは直線的な音の出方を感じた。そして艶っぽい感じ(トーレンス)に対し一方は骨太な感じ(ヤマハ)がしたからだ。カートリッジの違いももちろんある。SPUの方がワイドレンジである一方 DENONはレンジが多少狭いが押し出し感が強いように思える。スピーカーやアンプ類は共通なのでプレーヤー、カートリッジの違いが影響しているのだと思う。

 

世の中で このように変な?プレーヤーの使い分けをしている人は少ないと思うが色々なやり方、聴き方があってもいいと思う。

オーディオは趣味ではないと!公言したわりにはいささかマニアックか?

これもアナログ機器だから出来る事なのかもしれない。

 

まてよ!もう1台 書斎に置いてあるケンウッドのプレーヤーは男性用?女性用? まだよく分かりません…。


[PR]
by kurama66644 | 2014-02-24 19:45 | オーディオ | Comments(2)

MONO音源の部屋

我が家の書斎兼布団部屋は4.5畳~5畳ほどの広さしかない。現在ケンウッドのプレーヤーと廉価なCDプレーヤーの二つで音楽を聴いている。

 

b0323858_09452851.jpg

居間には2台のプレーヤーが置いてあるがMONO音源専用にしていたヤマハのプレーヤーから先日MONO専用カートリッジを取り外して もう1台のトーレンスのプレーヤーと共にステレオ針を付けて共存させることにした。

 

という事でMONOカートリッジを眠らせておくのももったいないので この布団部屋のケンウッドを新MONO専用プレーヤーにすることにし、ここをMONO再生の部屋にしてみようと思う。

b0323858_09463222.jpg

そもそもアナログに回帰したのはジャズのMONO再生に驚愕して復帰したわけだが MONO専用カートリッジによるMONO盤再生は 正直疲れてしまう。情感むき出しな表現とステレオカートリッジでは出にくい強烈な迫力ある再生は私の所のような狭い部屋だと圧迫感が半端ではないのである。

 

更に狭いこの布団部屋をあえてMONO専用にしたのはALR/JORDANCLASSICという超小型の密閉式スピ-カーを使っているからだ。低域はそれほど低い所まで出ない。

ただ締まった本物の低域?に近い音がする。そしてシルヴァンという調音材が適度に音を部屋に散らし拡散させる、さらにMONO音源自体 あまり広がらないので却ってこのような極小の部屋でもマッチすると思ったからだ。

 

個人的な感想だがMONO音源は狭い部屋の方がシックリくると思った。

広い部屋だと どうもステレオ再生と変わらない気がした、ただし広い部屋でもMONO音源特有の一定の押し出し感のようなものは はっきりと感じられる。

 

前述したように毎回聴くと疲れるので たまにしか聴かないようにしている、それなのにMONO音源専用部屋とは?我ながらおかしな事をしていると思う。しかもMONO音源自体 このように数十枚しか所有していない。(今後少しづつ増えていくと思うが…)

b0323858_09504079.jpg
実は普段 こちらの部屋では廉価なCDプレーヤーでBGM的に音楽を鳴らしている。頭の中をグチャグチャに音楽というより音で搔き廻らせたい時にMONO針によるMONO音源再生をする。感情が揺さぶられる感じがして高揚感が起きる。
ある種のトランス状態に陥る危険性もあるので 繰り返すが始終聴けない。


[PR]
by kurama66644 | 2014-02-23 09:57 | オーディオ | Comments(0)

港町ブルース

私はこの歳になるまで(50代前半)演歌は苦手であった。

子供の頃 テレビで聴いたりはしていたがアイドル歌手の方がもちろん好きであった。

青年になってからジャズに傾倒して益々演歌は疎遠になってしまった。

 

昨年からアナログに嵌ってしまい、ジャズ以外のレコードも色々聴くようになり たまたま こちらの森進一のアナログ盤を手に入れた。

 

b0323858_16430483.jpg

b0323858_16422721.jpg

 

若い頃のヒット曲を集めた2枚組のアルバムだ。

当初 ジャズを聴くときに使っているトーレンスのプレーヤーにSPUのカートリッジで聴いていたが ちょっと気取っている歌声のように聴こえた。何となくコンサートで歌っているように得意げな感じである。ちょっと違うなぁと思った。

 

今度はヤマハのプレーヤーにDENONのカートリッジをつけて聴いてみた。

こちらの方がシックリくる。分析的に聴くのは余り得意ではないがA3曲目の大ヒット曲「港町ブルース」で違いがわかった。
1番から6番まである歌詞のそれぞれ最後の方に
「港、港 函館、…釜石…高松…」とそれぞれ地方の港町を叫ぶ箇所がある。

その冒頭の「みーなと~」の「み」の発音の気合が違うのである。

 

ヤマハ+DENONの国産タッグの方が トーレンス+SPUの外国タッグに比べ演歌の抑えどころが違うのである。やはり演歌は日本の心である、使う機器も日本のもので統一したいものだ。とはいってもスピーカーは外国製のもので残念である。

 

同じレコードでプレーヤーやカートリッジを変えただけでこんな偏見の感想を言うのは知らない人から見ると ばからしいと思えるかもしれないが個人的な感想なので勘弁してほしい。


[PR]
by kurama66644 | 2014-02-21 16:46 | 歌謡曲 | Comments(4)

ブログ復活

某プロバイダーでブログを書いていたが突然 機能不能が起き 閉鎖してしまった。

今度 こちらで再開することにした。

オーディオの事を中心に書いていたが 私にはオーディオは敷居が高い趣味だと思っていた。

そんな中 アナログを聴くようになりオーディオというよりアナログの魅力に惹かれてしまった。

今までジャズメインであったが アナログでは色々なジャンルの音楽を聴くようになり楽しくなってきた。

そんな わたくし「キタサン」のオーディオ日記ではなくアナログ日記の始まりである。(時々はアナログ以外の事も書くと思うが…)

b0323858_20032803.jpg


[PR]
by kurama66644 | 2014-02-20 20:25 | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧