カテゴリ:自転車( 4 )

何の為に…

先日 友人に最近自転車に乗るようになり休みの日に20~30kmぐらい走っている旨を話した。

そうすると「何の為に走っているの?」と聞きかえされた…。そういえば何の為に走っているのだろうか…と改めて考えてしまった(^_^;)

そもそも自転車に乗っていた(を趣味としていた)若い時分は健康の為というより その当時趣味らしきものがなく手軽な物として自転車があったから乗った次第である。
そして乗っている内に見知らぬ街の風景、自然に遭遇し走る距離も増えていき 休みの日は(土日)は100kmぐらい走るのが普通になった。快適に走るためグローブやウェアーも購入し自転車関連のパーツも徐々に増えていく、自分でも楽しみながらやっているのが分かる。結果、体調もよくなり 気分も爽快になっていった。
自転車を乗らなくなったのは一日で走る距離(移動出来る距離)が限られている事もあり もっと色々な知らない場所を見たいなど欲望?が強まった事も理由で それならば車かバイクの方が当然 走る距離も違うのでそのひとつバイクにシフトしていった。

それならば現在はどうなのか?もちろん健康の為という事も少しはあるが おそらくは自分のやっている趣味?オーディオ自体に満足してしまったからかもしれない。別の言い方をすると飽きてきたのかも…。それで別の道、趣味を模索していたのだろう。

真面目に何十年もオーディオに取り込んでこられた方からすると たかが10年未満しか行っていなく何にも分かっていないなど お叱りを受けるかもしれないが…。


先に自転車の話を出したのは当初は「趣味の一つもないと恰好悪い」としょーもない動機で始めたのがやっている内に目的、目標が変わっていく場合もある。その目的、目標の為に研究し、努力、楽しみ 心の充足をはかっていく。そしてそれが自分なりに達成できれば次のステップ、ないしは別の事を模索していく。

私は何十年もミニコンポやラジカセで音楽を聴いてきた。たまたま8年前にJBLのスタジオ―モニターを手に入れ(購入)それならばそれに合うアンプ、CDプレーヤー、ケーブル、アクセサリー、ルームチューニング材など「いい音」を聴くために散財?してきた。そしてオーディオコミュで出会った方たちとも交流し勉強させていただいた。

長年聞いてきた音楽で好きなジャンルはジャズで50~60年代の物が中心である。その再生、再現では元の音であるアナログレコードがシックリくるように感じた。それと盤の製作の善し悪しで音も違ってくることも分かったきた。
ラックスマンの名機であるアンプやフォノイコライザーを手に入れる事ができ、ヴィンテージアナログプレーヤーの名機TD124も手元にある。近年発売されている国内外の目の玉が飛び出るほどの高額な製品に比べてオモチャのような製品かもしれないが自分の中ではもうお腹いっぱいの状態で満足してきている。

アナログオリジナル蒐集も上をみるとキリが無い。欲しいと思うLPも金額的には自分の許容範囲を超えるものが多くなってきた。そしてそこまでして欲しいとはだんだん思わなくなってきた。

趣味の世界も傍から見るとバカのように思われる事もある。しかしそのバカさ加減が趣味には必要であるのかもしれない。
ただし某コミュでも書いてあったがバカになるにはそれなりの資財も必要である。

かえりみて 「何の為にオーディオを始めたの?」 …  結論「好きな50~60年代のジャズを当時のアナログで聴きたくて」「そうして心地よい気分になりたい」

もう既に目的は達している…。


そろそろ潮時かもしれない。


[PR]
by kurama66644 | 2015-08-19 21:19 | 自転車 | Comments(0)

お尻が痛い

お尻が痛い!といっても痔ではない…そうロードバイクに長時間乗るとお尻が痛いのである。

普通の自転車だと ある程度サドルにクッション性を持たせているのでそれほど痛くなることはないのだがスポーツ用のサドルは薄くて固いのである。

昔乗っていたマウンテンバイクでさえ長時間走るとお尻が痛く パッドが付いたスパッツのような専用ウェアー(半ズボン)をはいて乗っていた。
今回のクロスバイク用サドルはマウンテンバイクの時より固いサドルである。案の定 初日の20km走ってからお尻が痛くてしょうがない。

もう昔のように専用のウェアーをつけて疾走するつもりはないので インナーでその手の商品がないか調べてみると色々ある事がわかった。

お尻から又にかけてなるほどゲルで出来た?パッドが付いている。素材も薄いしこれなら その上にジーパンをはいても外からは分からない。値段も手ごろな感じであるのでネットで購入、翌日には届いた。

一足早いお盆休みの最終日 街乗りだがディスクユニオンまで自転車で疾走。往復で30kmぐらい走ってきたがお尻は痛くならない。
洗濯とかすると使えなくなるのはいやだが耐久性はソコソコあるとの評判。まぁ安かったので消耗品と思い使用して行こう。


ユニオンは廃盤セールを行って1~2日経っていたようだが平日ともあり空いていた。休みの日だと傍若無人(笑)な輩が多いが今日はゆったり見れた。
いつもならモノラル盤ばかり追いかけるがモノラル専用機が不調の為このところステレオ盤ばかり聴いている。ステレオ盤中心にエサ箱を探してみると…
ペギー・コネリーは渋いジャケットで購入。ただしフレッシュサウンド盤の再発だと思うが…
b0323858_19403393.jpg

ソニー・クリスの紺ラベルのステレオ盤が何枚も置いてあった。その中の1枚をゲット。
b0323858_19401164.jpg


更にはデニー・ザイトリンのライブ・アット・ザ・トライデントのステレオ盤があった。これ欲しかったんだよなぁ~(笑)
b0323858_19402398.jpg
我ながら満足のいく収穫であった。


[PR]
by kurama66644 | 2015-08-12 19:44 | 自転車 | Comments(0)

エイリアンの頭

荒川の土手にはサイクリングロード?があり自転車野郎(女性もいます)が疾走している。

そこで気になるのは その いでたち(服装など)である.。総じてカラフルなのは一般道も走るが故 自動車やバイクにその存在を分からせる意味もあるのだと思う。
側道を走るとはいえ不安定であり風のある日は特に危険である。どんな格好で走ろうと自由であるのだが いつも感じるのは頭の部分、ヘルメットのデザインが気になる。 そうあのエイリアンの頭のようなデザイン どうしても被る気にはなれない…。
b0323858_11110112.jpg

おそらくデザイナーなり、生体学者なりが機能性と快適性、安全性などを考えると結果的にあのようなデザイン、構造になってしまったのであろうが 自分は絶対に被る気はしない。

自転車もスポーツバイクとなると軽く時速40kmmぐらいは出てしまう。若い頃ロードバイクを初めて乗った時 そのスピードにビビッてしまった、素人でさえ坂道なら軽く70km以上は出てしまう。バイクや自動車と変わらない、しかもむき出しの状態なので頭部の保護は必要だが正直言うと お飾りのような気もする。

大型バイクに乗っていた時は ある人からヘルメットは事故が起きた時 頭部の損傷にはあっても無くてもさほど変わらなく どちらかと言うと飛び散る脳みそを外に出さないようにするためにヘルメットを着用すると聞いた事がある。それだけ事故の衝撃はすごい。(ヘルメット着用を否定してるわけではありません)

そうそう あと日射病防止の面もあるのかもしれない。他にデザインの違うヘルメットがないか調べてみるとこのようなものもあるようだ。
b0323858_11224086.jpg
通気性をよくし、ひさしがついた帽子の様だが なんだかなぁ…恰好悪い。いっそうの事 タオルや頭巾を頭に巻いて走るのもいいかもしれない。

ロードバイクに頭巾か…流石にそれを付けて走る勇気はない。

今日も20kmぐらい走ってきた。背中や太ももなど今まで使われていなかった筋肉の細胞が活性化しているのが分かる。
疲労感はないが 困った問題も出て来た。又次の機会にでも書こうと思う。


[PR]
by kurama66644 | 2015-08-10 08:31 | 自転車 | Comments(0)

クロスバイク

20代後半から30代前半にかけて自転車に凝っていた時期がある。当時はマウンテンバイクが流行り始めた頃でマウンテンバイクとロードレーサー両方に乗っていた。

先日 超久しぶりに自転車に乗りたくなり(笑) ちまたでどんな自転車が流行っているのかネットで調べてみるとクロスバイクなるものがあった。

分類的にはスポーツ車らしいが街乗りにも対応するものも多いようだ。早速近くの大きな自転車販売店に行き 現物を物色してきた。

価格もピンからキリまでありフレーム構造、作りや機能などよーく見るとかなり違いがある。変則ギヤも18段や21段など昔乗っていた自転車にはついていたが正直そこまで細かく変則があっても使わない。やはりここはオーディオ機器と同じく実用的でシンプルなもの そしてデザイン性も加味し 安すぎず高すぎず 第一印象が大事と思い小一時間ぐらい眺めていた(笑) そうすると自分の条件に近い物があり試乗してみた。多少前傾度が高いかなぁ?それとサドルがロードレーサー用に近いので長時間はきついかなと懸念事項はあったが 慣れれば何とかなるだろうと思い 即決で購入してしまった。

諸手続きを済ませそのまま試乗して持ち帰り 着替えて再び乗ってみる。うーん ママチャリとは違う!当たり前だがそこはスポーツバイク 結構なスピードは出る。
スチールフレームだが細身で車体も軽いので軽快な動きをする。その軽快な動きに当初は反応できなく歳をとったなぁと少し落胆。慣れれば昔の感も取り戻せる感覚は乗っていくうちに実感してきた。荒川の土手付近のサイクル道をしばらく走ると暑い日ではあったが風を感じて苦にはならなかった。
復帰1日目?という事で20kmぐらいで止め帰宅すると 適度な疲労感があり心も軽くなった。

オーディオを始めるようになってから余り動的運動はしなくなったがオーディオよりこちらの方がシックリくる感じはしている。
b0323858_17020377.jpg
こちらも趣味の世界、オーディオと同じで1台100万ぐらいするものもある。移動する手段としては同じなんだけど まぁ人それぞれかなぁ。
買ってから知ったのだがルイガノと言うのはカナダのメーカーらしい。どちらかというと初心者向きなのか?よくわからない。


[PR]
by kurama66644 | 2015-08-09 08:23 | 自転車 | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧