2017年 10月 14日 ( 1 )

ジャズ床屋

ジャズ喫茶はよく行ったがジャズ床屋は生まれて初めての経験である(汗)

実は頭を刈りに行ったのではなくオフ会でおじゃましたのである。参加しているオーディオコミュの方のご紹介で「営業が終わった後オフ会をやるのでどう?」というお誘いのもとずうずうしくもお伺いした次第である。

場所は都内亀有駅前 亀有なんて30年振りぐらいであろうか有名なこち亀の両津勘吉の金色の銅像があった(写真失念…)
駅前ですぐ分かる場所にあるとの事だったが方向音痴のキタサンはその場所を通り過ぎあっちをウロウロこっちをウロウロ…電話で場所を確認するとホント駅からすぐの場所
こういうときスマートフォーンは役立つのだがアナログ人間のキタサンは所有しておらず…そろそろ買い換えようかなぁと考える

なんとかたどり着き まずはJBL4343Bにご挨拶(笑)
b0323858_07102127.jpg
いやいや~壮観であります。JBLにマークレビンソン、そしてマッキンのプリ、クラウンのパワーとジャズの王道スタイル。
送り出しはソニーのHDプレーヤーというのが又 現代的でよろしいかと。この組み合わせだと普通はガラードやトーレンスのアナログプレーヤーとくるところだが営業の傍ら始終盤交換などもってのほか利便性を考えてオーナーがセレクトしたものであります。
b0323858_07103501.jpg
今回はプリはマッキンのC28を使い
b0323858_07104843.jpg
パワーはクラウンのDC-300Aを使用
b0323858_07171364.jpg
パワーもマッキンを使用していたらしいが故障でこちらの業務用アンプを今は使っているとの事

早速 音楽をかけていただいたのだが久しぶりに聴く大型のJBL とくに80年以前の4343Bなんて鳴らすのがとても難しいSPとてもよく調教?されてこりゃ楽しい~
昨今のスピーカーはトールボーイ型ないしは小型のものが多く このようなバッフル面が広いのは家庭環境、場所の問題もあり敬遠しがちである。
奥の方に音が固まるのではなく前に音が来る これが本来のオーディオの姿(と自分は思っている) 自然な音の出具合もオーナーの日ごろからの細かな調整の賜物であると思う。一聴してジャズだけではなくクラッシックその他どのジャンルもオールマイティに上手に再生できると思わせる。  変な味付けをしないのはオーナーの感性,嗜好なのだろう。

いつも思うのだが部屋の制限がある中 このような大型のスピーカーそしてユニットの多いスピーカーを鳴らすのは大変な努力がいるはず。実際制限がある中 スピーカーの足元そしてバッフル面の角度など微調整しながら音を詰めていったというお話を聞き(あとマルチにもしたのかな?)  ずぼらなキタサンはこの手の作業は無理 すなわちオーディオマニアにはなれないと改めて思う次第…でもそういう苦労(作業)を楽しんで出来る事が趣味としての醍醐味なんだろうなぁ。

営業が終わってお疲れの中のオフ会 2時間程度が話がはずみ3時間に延長 途中音楽とは関係ない飼っている大クワガタの話になったりでとても楽しい時間を過ごさせていただいた オーナー様、そしてM様ありがとうございました。




[PR]
by kurama66644 | 2017-10-14 08:58 | オーディオ | Comments(4)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧