2017年 10月 08日 ( 1 )

日本語の詩(うた)

「五月雨は緑色 恋しくさせたよ一人の午後は」 「夕映えはあんず色 帰り道一人口笛吹いて」

久しぶりに村下孝蔵さんのレコードを聴いた 上記の歌詞は名曲 初恋の中に出てくる一節である。
b0323858_10005639.jpg
村下孝蔵さんは99年に46歳の若さで亡くなった シンガーソングライターで殆どの歌を作詞、作曲しており透き通った声で歌詞をかみ締めながら丁寧に歌う村下孝蔵の世界を作っていた。

キタサンはジャズのインストをメインに聴いてボーカルは聴く頻度は低い つまりメロディやリズム主体に聴いているのだが楽器の音が時として歌声にも聴こえ何かゴニョゴニョ(笑)訴えているようにも感じる時はある 楽器の音=声=言葉として捉えても良いのではないだろうか。 ジャズの場合ボーカルの歌詞は英語だが日本の歌謡曲の場合 当然ながら日本語である 日本人として理解度は日本の歌謡曲の方がニュアンスも含めて分かる。 ジャズの他にこの日本の歌謡曲も好きなのであるがそれはあくまでも昭和歌謡で現代の平成歌謡曲?(そういう呼び名はないのかもしれないが)は殆ど聴くことはない。 和製英語がいたるところに現れ ありきたりのフレーズの使いまわし そして言葉が高速なのである(笑) 速くてついていけない…歳をとったからそう感じるだけなのかもしれないがテンポの速いのはどのジャンルでも昔から存在する つまり早くてもよいのだが伝わらなければ意味がない。

村下さんの書く曲のメロディーラインはとても美しいそして特筆すべきは作詞である。ほぼ日本語だけの詩をつづり自然の情景を織り込む そこに登場人物の思いや感情が入りドラマが出来上がる そう歌の中で映画を観ているかのような感覚を覚える。

この風景が見えてくる曲は昭和歌謡には沢山存在した それは日本語による詩が大いに影響していると思う。そしてその詩の持つ意味や感性を捉える受け手側も対応していないと意味がない。昭和歌謡は子供の頃テレビでリアルタイムで見て、聴いていた ただその時はその詩の意味も分からないで聴いていたと思う そしてこの歳になりそのときに聴いていた昭和歌謡の詩に託された意味も分かるようになり素晴らしさ(遊び心も含めて)を再認識している。

オーディオファイルでこの昭和歌謡を好んで再生する人はあまり見かけない。それは昭和歌謡が オーディオファイルが好きな音像や定位など実は余り必要としないからだと思っている つまり日本語の歌詞を理解できる人であれば その歌詞で音像を超える風景が思い描けるのである だからカセットやミニコンポなどでも十分なのである(と思う…)
詩の世界だけで情景を映し出せる日本語の歌  西洋には無い独特の音楽といってよいのではないだろうか。

個人的に作詞家では岩谷時子さんが好きである。時代を問わずジャンルも歌謡曲だけではなくドラマ主題歌、訳詞と幅広く活躍された 4年前に亡くなられたが戦後の日本歌謡を支えた重要人物であると思う。


[PR]
by kurama66644 | 2017-10-08 11:55 | 歌謡曲 | Comments(6)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧