2017年 06月 12日 ( 1 )

バーバラ・キャロル

今年の2月に亡くなったバーバラ・キャロルは亡くなる前まで現役でピアノを弾いていた女流ジャズピアニストである。(享年92歳)

女流バップ・ピアニストとしては元祖的な存在であったが元々はクラッシックを演奏していたらしく結婚後暫く引退していた事もありジャズピアニストとしては一般的には今一つなじみが薄い存在である。 女流ジャズピアニストは今では珍しくないが当時はごく少数の存在であった マリアン・マクパートランドやユタ・ヒップ、日本では秋吉敏子などアルバム等残しているので知っている人もいるだろうがバーバラはそれほど沢山のアルバムを残していない。

昨年新宿のHMVで76年頃ブルーノートに録音したバーバラの作品を買って初期の作品を聴いてみたいと思いつつ1年が経過してしまったが「ララバイ・イン・リズム」という54年のモノラルオリジナルを手に入れる事が出来た。
b0323858_11135830.jpg
ジャケットは少し汚れているが盤はDG入りでシッカリしている 盤質自体Bクラスだがそれほど汚れもなくまぁまぁの状態である。
そのエサ箱には再発盤できれいな「ララバイ・イン・リズム」が2枚ほどあった もちろん盤質はAである。価格はオリジナルより若干高めであったがオリジナルのセンターレーベルRCAニッパ犬に導かれ(笑) オリジナルを購入した。
b0323858_11140909.jpg
淡々と弾くピアノは好みもあるが考えてみると自宅の小さなMinimaからなる響きの良い音はこういうタッチのピアノの音がよく似合う。
黒いピアノでもなく白いピアノでもない凛としたピアノ それでバップを演奏するのだから独特と言える表現であろう。

JAZZLANDで同じ女流ピアニストのジョイス・コリンズも似たような感じを受けるが こちらの方は若干大らかな余裕のものが感じられる。
それは時代による差であると思う。ララバイ・イン・リズムを演奏していた頃は男性主流でまだ女性はジャズに対してそれほど市民権を持っていない頃であったように思う。女性がジャズピアノを奏でる事にどのような意味を持って接してきたのか迷いのようなものをピアノに感じられる(…ような気もする(^_^;))それから10年以上経ったコリンズのピアノには気負いが感じられない 我が道を行くというスタイルを通している。
b0323858_11141843.jpg
個人的にはそういう気迫、気負いの様なものがジャズにはないとスイングしないのでは?と思ったりする。一見ユッタリしている演奏でも凄みを感じるアルバムは沢山出ている それは単純に演奏時の気迫という事だけではなく時代に対する挑む姿勢と言ったらよいのか その辺りは圧倒的に昔の(50~60年代)アルバムに多いと個人的には思う。



[PR]
by kurama66644 | 2017-06-12 08:37 | ジャズ | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧