2017年 03月 25日 ( 1 )

オフ会考

オーディオのオフ会と言うのを経験したのが始めてから5年目ぐらいの頃であった。

それまで一人で黙々と行う趣味であると思っていたが仲間内同士でお互いの音を聴きあう?オフ会なるものがあり興味を抱いた。

どれぐらいの音量で聴くのか、聴く場所の広さはどれぐらいあるのか、どんなオーディオ装置をどのように使っているか、配置しているか等々…
なによりどんな「音」がするのかは一番知りたいところだと思う。

その頃はオーディオコミュにも参加しだした頃で2回ほど他人宅を訪れたが まず驚いたのがオーディオそのものより家や部屋が立派な事である。
この趣味は当然部屋の中で聴く趣味でもあり 住環境が大きく影響する。専用部屋では無くても立派な佇まいの所が多く キタサンのボロ家 しかも狭い部屋とは大違い(笑) 聴く環境が悪いといくら機器を奮発してもダメなのかと打ちひしがれた気分になった。
それから暫くはオフ会には参加しなかったが とあるお宅に複数人で参加することになり参加した方が年齢も様々でそれぞれ個性的であったことから話が弾み とても楽しいオフ会となった。その後その参加した方達と交互にオフ会を行うようになり それぞれ別の友人も参加するなど交流が広まった。 もうそうなるとオーディオというよりかワイワイ騒ぐのが目的になり 最初こそオーディオの音は真面目に聴くがあとは酒をかわし 又ワイワイと騒ぐ…その繰り返し(^_^;) オーディオのオフ会ではなく 単なる飲み会と化す事が多かった。 
一方でオフ会というと真面目にオーディオの音を追及する方も多い中 自分は不真面目で場に合わないなぁと思っている。

そこで今 自分のシステムを以前のようにミニコンポに変えたらオーディオ仲間が聴きに来るだろうか?と考えた(笑)
殆どは何らかの理由をつけて断ってくるような気がする。オーディオオフ会とは他人のシステムを観てその音を聴くもの、オーディオの趣味とは高価な機器類(あるいは自作した機器)から自分で工夫した自分の音を鳴らし いかに満足するかの趣味。色々な考え方はあると思うが個人的にはそう思う。
そうなるとお酒を飲みワイワイガヤガヤ行っているのは単なる飲み会?… 自分はそちらの方が合っている、オーディオの事よく知らないし…

人の音を聴いて自分のシステムの為にするなんて考えた事もない。人の音はしょせん人の音、自分の音ではないし…オーディオの趣味自体 自分の音を追及し音という自分の作品を作り満足して行く趣味、音楽をそこで見いだすのは中々難しいと思う。

昨年11月 対向法という特殊なスピーカーのセッティングを行ってからオーディオは殆どいじっていない。ステレオ再生を諦め、音の追及(初めからそんなものはしていないが…)を諦めると 不思議と不満も無くなってくる。何となく音楽が部屋から聴こえるなぁという程度に音を意識しなくなる。
相変わらず隣の布団部屋でドアを少しあけ 漏れ聴こえる音楽鑑賞をしているが セミオートではないトーレンスのプレーヤーだといつの間にか演奏が終わり 針を無駄に摩耗してしまう事もしばしば、もっぱらCDプレーヤーやケンウッドのセミオートプレーヤーを使う事が多くなった。これ最新のミニコンポより安い価格でコストパフォーマンスは物凄く良い  これがキタサンの最近の音楽の聴き方。

全然 オフ会考ではないですね(-_-;) 単なる酔いどれ日記でした。

b0323858_10052526.jpg
マッコイ・タイナーはコルトレーンカルテットの一員で最初は余り好きではなかったがカルテットを離れて紆余曲折 色々な遍歴を経た後のマッコイはいい歳の取り方をしていると思った。もう20年ぐらい前 来日した時にトリオ演奏で聴いたが芳醇なピアノの音色がした。一緒に行った音楽関係の友人も褒めていたのを思い出す。 マッコイのレコードで今あるのはこの1枚だけ、インパルスもオリジナルはどんどん高額になって もう余り買おうとも思わなくなった。

[PR]
by kurama66644 | 2017-03-25 10:26 | オーディオ | Comments(2)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧