オリジナルと再発盤

明けましておめでとうございます。
基本的に連休は殆どないのだが3日まで休みと人並みの連休を満喫しているキタサンであります。

新年1発目は前回の記事「オリジナルと私」の続編でもある。CDを聴いていた時もオリジナルの存在自体知っていたが興味はわかなかった 一応アナログプレーヤーは持ってはいたが同じ内容が入っているソフトにそれほど違いはあるとは思っていなかったからである。音がちゃんと出ていればそれで十分であり音質は機器の性能がものをいうものと思っていた。

オーディオを始めて5年ぐらい経ってからオフ会を行うようになりその時初めて同じCDでも機器の違い(セッティングなども含め)により自宅では聴こえない音や音楽のニュアンスなど変わっている事が分かった。ただ単に長い間?ボーっとしてしか(笑)聴いていなかったのでその時の衝撃は忘れられない そしてオフ会も続けるようになった。

続ける中で聴こえなかった音が聴こえる、高域が伸びる、低音がハッキリ聴こえる…などオーディオ目線で捉え 好きで聴いていたジャズをジャズとして捉えなくなってきた。そもそも今まで聴いていたCDの音を基準にしてあれやこれや言っても元の音源がどういうものか知らないと他人宅で聴いていた音も本物?かどうか分からないような気もしたのであった。

3年ぐらいオリジナルと再発盤の聴き比べをしたことは前回述べたが再発盤のほうが自分の好みだった盤もそこそこあった。それは年代の古い物ほどそうであった アナログ盤の当時のRIAAカーブを採用していたか微妙な盤、50年代のモノラル盤などである。それらの再発盤は作成された時期やエンジニア等もオリジナル時と違う 再生する自身の環境もフォノイコライザーやアンプが当時の録音状況とも違うだろうしスピーカーも然りである それらは自分の再生技術もそうだが時代とのアンマッチがそうさせているような気もする。音自体それほど違いはないのかもしれないがその時代のにおいや雰囲気、空気感のようなものが装置、メディアのパッケージ、なにより自分自身がその時代の状況的なものを知って、感じていないと音楽は体に入ってこないような気がする。

その時代の音源を時代に合わせた装置で聴く それを実践している人を何人か知っている すごい事であり徹底していると思う。オーディオ再生に正解はあるのかどうか現時点で分からないが これはひとつの正解であるとも個人的には思う。しかし自分には出来ない…オーディオは結構面白いがそこまでの情熱は無いし もっと一般大衆が普通にやる趣味であると思っている、結局貧乏性で昔からラジカセやミニコンポで気軽に聴いていた不真面目さがあり現在でも変わらないという事であろう。

休みの日はアンプをQUADとDualのアナログプレーヤーに切り替えて聴いている そして再発盤を楽しむ事も多い。50~60年代のジャズを主に聴いているが50年代はまだ生きていなかった…60年代の時代からは肌感覚で分かる たとえオリジナルが50年、60年の時代に発売されたもので70年、80年代に再発された盤でも時代背景やその時代を生きていた感覚は持っている。再発盤とオリジナルの音の違いはあるし どちらが優れているのかいないのか それは先に述べたように時代に合わせた機器等の選択使いこなし 再発当時の技術面、エンジニア等での違いも出てくるので一概には言えない。

時代の音を聴くオーディオのスタイルは懐古主義と捉えられかねない。しかし古い音楽ではなく現在の音楽にも時代は存在する そして現在の音楽は敢えてオーディオで聴く必要は無いと思っている 普通に(生演奏を)聴きに行けば済む事である(場所や経済的な理由で聴きにいけない場合も当然あるが) そういう意味で自分が生きてきた時代の音楽は肌感覚でシックリくる 更に自分の好みのジャンル(ジャズや歌謡曲、当時のアニメ、CM、映画音楽)においては尚更である。

オリジナルも再発盤も中身は同じ演奏の録音である しかしそれぞれ製作された時代の技術、製作者、背景が違うのでニュアンスも違っている。オリジナルも素敵な盤は多いが再発盤も その再発された時期の時代の音を聴ける。オリジナルの音と再発盤の音は確かに違うが その時代の音として捉えるとどちらも楽しんで聴くことは出来る。…と楽しんで聴けるのだが最初期の音源は作られた方々の思いが再発盤とは異なる その思いを感じたくオリジナルを買う自分がいる。

b0323858_13050369.jpg
休みの日はこの装置で聴いている。さしずめ形は古いが高級(安価ではあるが)ミニコンポという感じでもある(汗)オリジナルでも再発盤でも楽しんで聴けるのには間違いがない。CDやPCオーディオとは明らかに違う その時代を鳴らす装置には再発盤かオリジナルかどうかの区別もあまり意味をなさない 時代の音にはマッチするが時代が違う音源は寂しい鳴り方をするような気がした。(QUAD44 84年頃、 QUAD405 80年前後、Dual1019 60年代後期製 シュアーN44-7カモメマーク オリジナル針)

[PR]
by kurama66644 | 2018-01-01 10:20 | ジャズ | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧