CD再生は難しい…

アナログに回帰して4年が経つ その間 CDの大部分とCDプレーヤーは売却して手元には無くひたすらアナログ(オリジナル中心)を再生して楽しんでいた。

昨年の7月に廉価品のCDプレーヤーを元ソニーの技術者だった方に改造してもらいCD再生を復活させたが頻繁に聴くのはどうしてもアナログになってしまう。
CD自体は1987年ごろからミニコンポではあったが聴いておりオーディオを始めた10年前もアナログではなくCDを中心に聴いていた。決してCDは嫌いなわけではないのだが今では聴く頻度はアナログ8~9に対しCDは1ぐらいである。色々考えてみたのだがCD再生は結構難しいからではないかと思うようになった。

CD再生が難しい? 「CDをプレーヤーに挿入してボタンを押すだけ アナログの再生に比べ圧倒的に簡単ではないのか」と大半の方は思われるであろうが操作性ではなく再生音のバランスが上手くいかないように思う。レコード録音は高音域が大きな信号になるように補正して録音されている、高音域は低音域の100倍のレベルに増幅して補正され それを再生時には1/100に抑制するという特殊な方法を用いる。それに対してCDは信号強度を変えずにそのままのレベルで録音している マスターリングその他 音源の調整過程でエンジニアの腕、個性により音は変わっていくがいったん製品化されたCDは再生する側からすると録音された素のままが如実に出てアンプやスピーカーその他セッティング等で好み(あわせる)にするしかない。 そうすると自分の納得するような音?にするための解答が無限に存在し その組み合わせで試行錯誤 機器の入れ替えやセッティングなどやればやるほど深みにはまり 無限ループに陥りかねないように感じる。

アナログは外的要因でプレーヤーの水平化や盤そのものの傷み、埃、針と盤の接触面の圧など調整度合いにより時にはひどい音が再生されかねないが録音自体は結構自然なものが多く基本さえ抑えておけば帯域バランスも自然で部屋環境に余り縛られなくても心地よく聴ける。

CDもデジタルイコライザー等で部屋の音場を補正する手もあるが自然に持って来ようとすればするほど却って生気がなくなり不自然になってしまうことが多い。
あと最近のアンプは音質調整機能が付いていないものが殆どなのでアルバムによって自分好みに出来ないのも問題である。シンプル イズ ベストで清いのだが何でも簡単過ぎるのも考えものである。

ただCDは便利なので音にこだわらなければ曲想も分かるし音楽そのものを楽しむ事が出来る。自分はアナログ世代だがCDを聞いていた時間の方が圧倒的に多かったのでCD肯定派だが世の中はそれがPCオーディオやネットワークオーディオの配信系に変わってきた。

場所はとるし操作性はよくない、機器類もデジタルに比べ高額なものも少なくないアナログだがデジタルに比べ音質の調整は不用意にいじらなくとも意外と自然で心地よく聴ける。 省スペース簡単便利なデジタルは音質の調整は難航する どちらも長所、短所はあるが何に主体を置くかで選択も変わってくる 単純に音なのか音楽なのか使い勝手、再生する環境、お金の問題…様々な要素があり人によりまちまちである。

ここまで録音が自然だとか帯域等自然な感じがすると書いてきたが これはアナログのオリジナルと再発ならびにCDなど(これも再発に分類されると思う…82年以前のものは) を聴き比べてみての感想なので人によっては感じ方が違うかもしれないのであしからず。

b0323858_09120725.jpg
こちらのアルバムは最新のリマスター?したアナログよりCDの方が良かったような気がする…。(このアナログは強調される部分が多く聴いていて疲れたので売却)

[PR]
Commented by hidyh3 at 2017-09-01 17:13
kurama66644さん

たいへん勉強になりました!
Audioというのは深いんですねぇ…

いや、そもそも音楽という芸術が深いのですね。

Commented by kurama66644 at 2017-09-01 22:40
> hidyh3さん こんばんは。

それほど深い意味は無いのです 何となく普段聴いていて感じた事なので違うと思われる方もいるかとは思いますが…

デジタルvsアナログの論争がありましたが(今もあるかな?)音楽が表現するところの本質のようなものはデジタルだアナログだの上を通り過ぎているのでしょうね。

未熟な文章で申し訳ございませんでした。
Commented by akahanamizuki at 2017-09-07 18:13 x
キタサン お久しぶりです。ブログされてたんですね。偶然にも見つけてしまいました。

ファイルウェブでは、ウェブならではのよくわからんレスにご苦労されたようで・・・
ウェブ上ではオーディオはいかようにも文章で語れ、変な輩がでてきますが、実際には音が出てしまえば理屈など関係なく一瞬にしてレベルがわかってしまう厳しいものと感じております。

私はCD、DSを経て、現在はLPと蓄音機がメインです。
LPは空間表現・質感表現・臨場感とも優れており、当時へタイムトリップできます。
特に1950~1960年代のソフトは、クラシック・ジャズとも今より遥かにコストがかかったものが多く、音楽にお金が回らなくなった現代では同様の環境・コストとも再現不可能でむしろ現代の方が劣っています。
それらはアナログプレイヤーで再生するべく製作されたもので、CD、DSを考えてつくられたものではありません。

SPはLPよりも空間表現・質感表現・臨場感とも優れていると言えるかもしれません。ダイナミックレンジや解像度など性能は全く及びませんが。
蓄音器HMV163で聴くSPの生々しさ、自分が何も「オーディオテクニック(笑)」を使っていない、ポン置きした状態で奏でるSPの生々しさ、新鮮さにいつも驚きます。
同様にコストと才能を使って作成されたソフトが現代にあればCDやデータ、現代の機器を使用するのが合うのかもしれませんが、LP時代の名盤を聴いたり、SP時代の巨匠・伝説を聴くのであれば違います。
「リマスタリングにより初めて」「ハイレゾ化により初めて」「現代のハイスペックな機器により初めて」上記当時の音楽が素晴らしい音で聴くことができるようになりました・・・ってのは
売りたい側のセールストークか、それを我田引水し実際に聴いたことのないオーディオマニアの嘘っぱちと考えます。(なのに、なんでみな強弁したがるんでしょうかねぇ。根拠がないからでしょうか・・・)

何を聴くか・・・が決める、と思います。で、私が聴いている環境ではSP>LP>CD>データです。

Commented by kurama66644 at 2017-09-07 20:05
> akahanamizukiさん こんばんは。

ファイルウェブの人もたまに見てくれる方がいて時々コメントをいただきます。

こちらのブログの方がメインで時たま同じ内容をファイルウェブに記事として書きますが
言葉を選んで書いているつもりも色々な考えの人もいて あのように炎上?してしまう場合があるんですね 改めてネットだけのやり取りが怖くなってしまいました(笑)

それにしてもお元気そうで 相変わらず精力的に活動されているようですね~ 文章からも とても熱いものを感じます。一応SP針は持ってはいるのですが環境が整わずまだ使えていない状態です。

以前このブログでも書きましたが世の中 とてもクールになりました。どこか冷めたような…
何とも言えない空気を感じます。クラッシックの事はよく分かりませんがジャズの当時の(50~60年代頃)は 熱を感じるものが多いように思えます。それは音楽全般に言える事かもしれません。

昔は良かった なんて懐古主義は嫌いですが作る側 聴く側も熱くなる物が欲しいですね。
akahaneさんからのコメントを頂き 久しぶりに胸が熱くなりました。ありがとうございます。

Commented by tempo at 2017-09-07 21:03 x
キタサン、こんばんは、ご無沙汰しております。

久しぶりにPhilewebを拝見しましたが(こちらのブログは時々拝見しておりました)、今回のPhilewebの記事についてはちょっと気の毒に感じてしまいました。キタサン自身が気にされていなければ良いとは思いますが、、、

私は色々とあってSNSは殆ど止めてしまいましたが(復活もしません)、止めた理由は何人かの書き込みに嫌気がさしたのとそれに関連して某所でブロックされたりしたことでした。今でもその方達とは遠回しでも一切関わりあいたくないという心境です。

私はキタサンの日記は共感できるところも出来ないところも(色々な考え方があると思うので全て共感できるというのは難しいですよね)含めて好きですので、またコメントさせていただくかもしれませんが、その時はよろしくお願いいたします。本文に関係ないコメント、失礼いたしました。

PS…最近はジャズのオリジナル盤よりロックの初期プレス盤をちょこちょこ漁ってるんですが(安いのが多いです)、結構楽しいですね
Commented by kurama66644 at 2017-09-08 20:18
> tempoさん こんばんは。

tempoさんのブログを楽しみにしていた方も多いと思いましたので止められたのは残念でした。
個人的には又 再開してほしいなぁと思っています。(変な記事や誹謗中傷などあれば削除やブロック機能もあると思うので…)

久しぶりに超小型のスピーカーをこの間買いましたが レコードやCDも余り買う事は無くなってきました。同じ盤を繰り返し聴いています それでも飽きないのは満足しているからなのかもしれません。 下らない内容の記事も書いてしまうかもしれませんがよろしくお願い致します。
by kurama66644 | 2017-09-01 09:21 | オーディオ | Comments(6)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧