過去に生きるジャズ 現代に生きるクラッシック

50~60年代のジャズが好きで30年以上聴いている。音楽そのものは好きでも嫌いでもないのに何故かその頃のジャズに惹かれる。
モダンジャズと言われるのは一般的に50~60年代にジャズが一番ジャズらしく盛んな時代であった頃のジャズをさす。
そしてジャズは個性の音楽と言われる 個性とは個人で 曲より誰それの音、誰の音楽(ジャズ)と個人名で呼び合う ※マイルスの音楽、コルトレーンの音、エリントンサウンド等々。スタンダード曲に限らずオリジナルでも個人の捉え方で曲想も全く違う風になる そこでも誰それのサウンドと個人に還ってくる。

現代のジャズは はっきり言ってつまらなくなっていると思う。個性的で有能なミュージシャンも沢山出ているが結局は50~60年代の焼き直しに過ぎない。
現代の彼、彼女達が悪いわけではない 50~60年代で既にジャズは終わっていると思っている。70年代あたりからとたんにクールになって今は凍り付いているように感じる。雅と俗で言えば雅ばかりになった感じではある。

それに対してクラッシックはジャズに比べさらに過去の音楽?だが見事に現代に生きていると感じる。指揮者やソリストなどもちろん個性的な人も多いが曲に対して古い新しいは関係なく現代の演奏として聴衆を魅了する。ジャズは50~60年代に活躍した人は殆ど亡くなった 毎年訃報を聞く その度にそのアルバムをかけて聴いたりする その人が亡くなっても永遠に語り継がれるというが自分はその人が亡くなったらそれでその人のジャズは終わったと思う。そのアルバムは遺品であるとも思っているのでそれほど持っていたくない。オリジナル等持っているのは未練なだけで徐々に減ってきている 音楽好きは名盤、名曲であれば奏者が生きていようが死んでいようが気にしないと思うがキタサンはジャズが好きなだけで音楽は好きでも嫌いでもないのである。

以前 クラッシックをよく聴かれる方にオリジナルに こだわるかどうか聞いた事があったがオリジナルでも再発でも音楽やホール感などすばらしければ気にしないと話されていた。それは再生する装置が古くても新しくても今 この瞬間がシッカリしていれば構わないというスタンスなのだと思う 正に今を生きるである。

キタサンは過去を引きずっているが過去のジャズを聴いて懐かしがっているわけでもない。過去のジャズはまだ雅俗の混交があった その混交に心のどこかで揺さぶられるものがありそれがスイングとして現れる  今のジャズは本当にスイングする事が減ってきた  スイングしないことでジャズはかろうじて現代に生きている。でもそれをジャズとは言い難い気もする…

若い人の新しいジャズも認めてあげたらと 人から言われたことがある。CDを集めていた頃 むしろそういう人(若手中心)のジャズも沢山持っていた しかし最終的によく聴くのは50~60年代のジャズになってしまう。肌に馴染めなかった 感覚が古く頭が固くなっているのだろう

b0323858_08045979.jpg
オリジナルではないが中々よく再現されている。CDも悪くはないがこの時代のジャズはアナログの方がまだ雅俗の混交が体現しやすいと感じた。


[PR]
Commented by hidyh3 at 2017-08-20 03:45
kurama66644 さん

いつも愉しみに拝読させていただいております。

わたしはクラシック音楽畑のものですが、やはり年代や時代の影響というのはありますね。とくにクラシッックは演奏の自由度が極度に狭いですから。プレイヤーの個性を発揮するのも大変です。

ひところは、かのフルトヴェングラーのように素材をどう料理するのか、というような演奏者の解釈に異常に熱狂していた時代もありましたが、さいきんはそういう傾向ではないようです。

わたしの考えでは、ほんとうにいい曲はだれがどう演奏してもビクともしない強靭な精神のカタマリだと思うようになりました。ですから演奏会などに行っても、演奏に感動しているのか、曲のほうに感動しているのか判らなくなります。
Commented by kurama66644 at 2017-08-20 09:20
> hidyh3さん おはようございます。

ジャズが好きでよく聴かれる方からするとちょっとひんしゅくをかう内容かもしれませんが
頭が固くなったオヤジのたわごとかと軽く流していただければと思っています。

演奏者の力量か曲のもつすごさなのか確かに判別しにくいものもありますね。
どちらにしろ心が動かされ色々な気づきがあれば善しというところでしょうか。

素材をどう料理するのかで同じ素材でも全く違うものができてしまう。音楽もジャンルを問わずその傾向があるので面白いですよね。
by kurama66644 | 2017-08-19 08:28 | Comments(2)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧