コンパクトな名機

部屋も小さいが機器も小さいとはキタサンのオーディオである(^_^;)

オーディオは単体機器ではなく部屋環境も含めた総合的な繋がりで音は決まるが各自これはと言った決め手のものがあるかと思っている。
それがプレーヤーであったりスピーカーだったりアンプ はたまた部屋そのものだったり色々だと思う。
4年前に越してきて部屋内は変わっていないが機器類は様変わりした スピーカーもモニター系のものから箱鳴りの小さなものへ アンプも高精細な現代のアンプから一昔のアンプへ(ヴィンテージ?) プレーヤーも古い型のものへと時代を逆行するように変えていった。

オーディオを始めた当初で一番の変化を感じたのはアンプをセパレートにした時とスピーカーを大型のものにした時である。それは未だに印象に残っている。

アナログに回帰しLP-12からTD-521そしてTD124に変えた時も変化はあり感心した。ただアナログの場合 同時に音源そのものを見直していた時期でもあるので(オリジナル探し)そちらの方が変化が顕著で興味深かった。 それと未だにそうだがアナログ機器の使いこなしは中々難儀であり 扱い自体はかなり慣れたが本来の機器の能力を発揮出来ているかは疑問なままである。オーディオマニアではないのでそこまでこだわらないと自分の中で決着がついているのでそれは構わないと思っている。

そうオーディオに余りこだわらない オーディオの世界から少し離れて見つめて行く中で 単純な音の変化ではなく内面的な変化 自分の部屋で聴く空気感の変化と言ったらいいのだろうか? それを感じるようになったのは昨年の年始に QUADのアンプ(パワーアンプ405)を導入した事が転機になったような気がする。
b0323858_08451795.jpg
スピーカーは海外の物も使っていたがアンプに関しては国産のものばかり使っていた。性能的には申し分なく不満もなかった それがこんなコンパクトな全面にフィンがついた独特のデザイン パワーアンプにしては物足りない大きさの筐体 さらには中古で市場に沢山出回り価格も安い 何故このようなアンプを買おうと思ったのか未だに分からないのである。ジャズを鳴らすのに「最後のアンプ」とまで言わしめたアメリカのCROWNのものを(※業務用アンプである)購入したばかりなのに(笑)  それに引きずられるようにイタリアの歌姫 Minimaまで購入 ジャズを本格的に?聴くファンでこのような組み合わせは殆ど見た事が無いと思っている。

QUAD405に関しては有名なカレントダンピング回路が搭載された事でもマニアの中では特筆すべきなのだろうがオーディオに疎いキタサンには最初何の事かも分からなかった…入力と出力の誤差を補正し合い出力時の歪を実質0にする 大出力のアンプ部分と小出力のアンプ部分を併用し適性を保っているらしい…それと低能率のスピーカーを使う設定で作られたアンプでもあるので今使っているminimaが84dbと低能率のスピーカーでこれも上手くマッチィングしているようだ。
※現在CD再生はこちらの44+405の組み合わせで聴いている Minimaとは思えない元気で闊達な音が出る

ジャズは勢いのある前に飛び出すようなゴリゴリした音で再現してこそのジャズオーディオという方が殆どだと思うしキタサンもそう思っていた。
それ自体間違いではないと今も思っているし好きな音でもある。今のキタサン部屋ではそれを可能にする環境ではないので行えないがQUAD405を手にして音ではなく音楽の楽しさを手に入れる事が出来た。音楽を聴かせるためにスピーカーを鳴らしているかのように味わい深い音質を作り出すQUAD405 自分にとってコンパクトな名機なのである。


[PR]
by kurama66644 | 2017-06-04 08:05 | オーディオ | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧