私有化する音楽

欲しかった物が手に入った瞬間 夢から覚めたようになった経験はないだろうか?

欲しかった物は当然大事に扱うが大事にしすぎて使わないでしまっておくこともある。人は所有するという欲望が満たされると安堵するものだ。
昔CDを集めていたが好きだから、面白そうだからついつい購入するが いざ購入してしまうとその後聴かないで棚の肥やしになっていたりする。
もちろん駄作もあっただろうし買ったのはいいが余り好みでなかった事もあるだろう。冒頭に書いた通り 手に入れた瞬間夢から覚めたように求め続けた情熱が急に冷えた感じになる。

書籍もそうだが今やデーター化され小さな箱の中に何万冊という書棚が出来上がる。省スペースで有り難い筈なのだが今一つシックリこない。
音楽も似たような様相になってきている。ハードディスクに大量の音源、アルバムが蓄積されその中の曲を自由に取り出し聴く事が出来る。
そういう利便性は以前から分かっていたが オーディオに関しては更に音質も向上している様子が見受けられる。

最終的にはスピーカーなりアンプやら部屋環境など出口の所はアナログだが先日オフ会で聴いたPCオーディオは音質も悪くは無かった、いやキタサンの所に比べると遥かに音質的には良かった印象だ。技術革新は急激に進んで行くものである。

今月初め70枚程のレコードを落札した事はこのブログでも書いた。好きな?歌謡曲だったのでうれしかったが最近はちょっと食傷気味である(^_^;)。
中には素晴らしいアルバムもあり落札して良かったと思ったりもするが朝から晩までレコード(音楽)を聴いているわけではないし好きなアルバムなどは何度も繰り返し聴くので70枚という数で結構お腹いっぱいなのである。仮に自分が小さな箱(HDDなど)に何万曲と入っていたものを所有してもそのどれだけを一生のうちに聴けるのだろうか?と考える。 いやいやスペースも取らないし持って置く分には構わないじゃない という意見もあるだろう。 その中にはとても素敵な曲があるかもしれないし沢山選択肢があった方が良いに決まっていると普通は思うのだろう…

実は音楽が手軽に聴ける(手に入る)、自分の手の内に沢山の音源があり自由に聴けるという状態は音楽を音楽でなくしているような気がする。

随分 可笑しな事を考えていると思われるかもしれないが豊かな状態の中で聴くのと 本当に音楽を欲している飢餓感の中で(ちょっと大げさかも…)ようやく聴けた状態では感じ方がかなり違うのではないかと思う。 娯楽が少なかったころの昔の音楽は乾いた心を満たしてくれた。いつでもどこでも音楽が聴ける状態、どんな音源も気軽に取り出せる状況に於いては楽しいかもしれないが 心の隙間がいつまでも空いたままのような気がしてならない。

お金持ちはその点 気軽に沢山買える事が出来るから楽で良いと言っているわけではない。そのお金は苦労して手に入れた(貯めた)努力の元 高額品を買ったり、大量に買ったりする分には意味がある事だと思っている。

この3年間 アナログに回帰し、オリジナル蒐集と お金が無いのに相当無理してきたように感じる。
昨年7月からCD再生を復活したが現在のCDは60枚程になった。昔は数千枚持っておりわずか2年ほどの間に何回かに分け処分した。今あるCD60枚の内以前に所有していた盤もそれなりにある、買って1回ぐらいしか聴かなかった盤もあるが 今は繰り返し何度も聴く。朝出かけに聴き、帰宅してから又 聴く事もある。特に有名盤というわけでもないが繰り返し聴く そうなるとこれから先 どれだけの数のCDやLPなど聴けるのか? アナログはだいたい500枚ほどあるが はっきりいって もうそれほど必要としない。

色々な考え方があるとは思うが もはや音楽は生活の中の一部であるのが当たり前になってきている。それ自体悪い事ではないがそれは音楽を私有化している証でもある。私有化するのは自分にとってほんの少しで十分となってきた。そういう意味でオーディオ仲間と付き合いを深めて来た事は良かったと思っている、なぜなら彼らは色々な音源を持っている 聴きたくなれば彼らの所に行けばいい。頻繁にお伺い出来ないからその時聴く音楽はより新鮮に感じるだろう自分にはそれぐらいがちょうど良さそうだ。
b0323858_08490176.jpg
私有化(笑)している音源 バーバラ・キャロルのCD  先日のオフ会で感じた事だがアナログであれPC音源(オーディオ)であれ その所有者の個性が出て楽しかった。
たまたまかけたアルバムでオリジナルの音源も所有していたので音の違いは分かったがそんな事はどうでもよい気持ちになって聴いていた。
それは その方がオーディオマニアや音マニア、コレクターではなく音楽好きな方であったので その表現方法が音源にこだわっていない事がわかったから それが個性であると思ったからである。

[PR]
Commented by ikumetal72 at 2017-01-31 21:35
はじめまして、ikuoと申します。
最近こちらのブログを拝読させて頂いています。
昨年何十年ぶりにアンプとCDPを買い替えて以来、オーディオを少し勉強しています。
と言ってもハイエンドとは無縁ですが、ちょっと無理して買ったアンプが良くて、今まで買ったCDをより新鮮な気持ちで聴き直しています。(聴く気にさせる音になったので)
所有しているCDはもちろん、借りてきたものまでPCでリッピングしたので、最近ではHDDがかなりの量を占めるようになってきましたw
CDもそうでしたが、PCだといつでも自由に聴けることからさらに聴くと言うことがぞんざいになってしまい、
また音に拘り過ぎて音楽が二の次になってしまうことも。
思えば高校生の頃、ひと月のお小遣を全て一枚のLPにつぎ込み、大事に聴いていた時が一番幸せだった様な気がしたりします。
まあ贅沢と言えばそうなのですが、、、

*アンプはラックスマン505ux
 CDPはDENON DCD1500RE
 スピーカーはサンスイSP6000です(かなり古い)
 

Commented by kurama66644 at 2017-02-01 19:48
> ikumetal72さん こんばんは。そしてコメントありがとうございます。

何気に思っていた事を正直に書いてしまいました(^_^;)。
選択肢が多いのも現代の特徴でしょうか、逆に多すぎると却って迷うような気もします。

文中にも書きましたが沢山CDを所有していた頃 持っている事に満足してシッカリ聴けたのはほんのわずかだったような気がします。
今はほんのわずかな数しか所有していませんが 繰り返し聴き結構満足しています。人にもよるんでしょうね(笑)

by kurama66644 | 2017-01-29 08:53 | オーディオ | Comments(2)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧