縦配置と横配置

対向法なるスピーカーの置き方で諦めていた部屋の横配置をした結果 色々と分かってきたことがある。

そもそもオーディオには詳しくないので分かっている人からはそんな事知っていると言われるかもしれないがそこは素人なので勘弁してほしい。

部屋に対してスピーカーの配置を縦側にするか横側にするかはオーディオの本などによく書かれている。
前提としては6~8畳位の普通の?部屋を想定して書かれているのだと思う。すなわち加工してある専用部屋(天井を高くしたり傾斜をつけたり壁、床を強化したり…)や何十畳もある広い部屋ではなく あくまでも一般的な部屋に於いて現れる音などの特徴である。

一番の違いはスピーカーからの距離 視聴位置による圧迫感があるかないかだと思う。近ければ当然圧迫感があり窮屈だ、それとスピーカーからの直接音を身近で聴く事になり音源のシビアさがよく分かる。縦配置では視聴距離を保てるので圧迫感は軽減されある程度音に対して俯瞰して聴ける、同時に音像や定位など視覚に変換して捉える事柄が比較的分かりやすい。反対に横配置では視聴距離が短くなるのでスピーカーとの距離もそうだが背後の壁なども近くになり心理的に圧迫感が出てくる。
それと近い分だけ直接音をより感じる事になるがスピーカーサイドの空間が縦配置にくらべ広く保てるので間接音の広がりを感じる事が出来る。

今のキタサン部屋で横配置は初めてだが印象としてスピーカーがストレスなく鳴ってくれている感じだ。対向法も特殊だが その視聴位置も真横に近い位置が普通に聴く場所なんてオーディオをやられている方ではまずいないであろう。スピーカーの斜め後方に位置している側のスピーカーの正面は見えない(笑) 反対にもう一方のスピーカーの正面バッフル面は見える(※前日のブログの写真を参考にして下さい)この箱鳴りのスピーカーはツィーターから放たれる高音など直接音もあるがスピーカー全体から放出されるそれ以外の音は殆ど部屋の壁や床、天井などから反射する間接音で成り立っていると思う。 そういう意味でスピーカーのバッフル面が自分の正面を向いていなくてもそれなりに聴こえる。

専用部屋ではないので部屋の動線が確保できたのはうれしいが今まで目の前にあったスピーカーが無くなった?(視覚的に)ので音楽に浸れる事が最大の収穫だと思っている。モニター系やホーンスピーカーでは横配置の対向法そして視聴位置は斜め後ろいう変則技は厳しいかと思う、結果的にMinimaで良かった。

ある方のブログで紹介されていたアルバム。
b0323858_10044308.jpg
トニ・ハーパーのデビューアルバム (55~56年録音 ヴァ―ブ) オリジナルが無かったので日本盤の再発…
ジャケット・レーベルともオリジナル仕様で盤質も良い、特に内容が素晴らしい!久しぶりに聴き入ってしまった。



[PR]
by kurama66644 | 2016-11-27 10:21 | オーディオ | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧