改めてトーレンスTD124

今年に入りアンプを英国のQUAD、スピーカーをイタリアのMinima、RCAユニットのフルレンジに、 そしてCDPの復活などオーディオ環境が目まぐるしく変わっているキタサンである(-_-;)

一時期離れていた某オーディオコミュへの復活?オフ会の参加と心境目まぐるしいが その中で何が自分の核になっているかと言うと トーレンスTD124である。

アナログ環境は以前にもLINNのLP12、トーレンスのTD521など整えていたが やはりTD124の存在が大きいと感じている。

改造CDプレーヤーはアナログのテイストを持って好ましい、入門機?のケンウッドKP-990も活躍してくれる。QUADも英国の音楽性が感じられ、Minimaの陽気な音が明るい雰囲気を醸し出してくれる… その中でもひときわ目立つのがトーレンスTD124なのである。

アイドラードライブからなるトルクの強さがブラッシュアップし 音楽に活力を与える。今はお休みしているドイツのDualのプレーヤーもアイドラーだがTD124の方が格調高い感じがする。ベルトドライブやダイレクトドライブに対して音楽のうねりが違っている。 かってLINNも所有してLINNの素晴らしさも認めるが「音楽のうねり」が希薄な感じがする このうねりは音楽には無くてはならない要素であると思う(個人的に…)

今はモノラルレコードはケンウッドのダイレクトドライブにモノラル針で聴いているが同じモノラル盤をTD124で再生しても(ステレオ針のまま)音圧や勢いにそれほど違いは無い。違いはステレオ針の方が縦横振動なのでノイズを拾いやすいぐらいで 先ほどから書いているウネリはTD124の方が明らかに感じられる。ベルトドライブやダイレクトドライブは言い方は悪いが静けさや滑らかさなどはあるが音楽が単調に感じられる。
マニアの方は定位を気にする。定位がきっちりと定まらないとダメで その焦点を合わせようと調整する。確かに定位が決まると安心して聴けるかもしれないが全てのものはとどまらず絶えず動いている 動いていないと言うのは死んでいる事だと思う 音楽も然りで動いていないものに活力は感じられない…

音楽は聴く個人個人の感性があると思うので様々なとらえ方、感じ方があり どれが正解とはいえない。
ましてや聴く環境が違うし装置も(アンプやSPなど)自分の所と全く違っているので どちらがいい悪いではなく あくまでも自分が感じた事なのでご了承いただきたい。

そしてCDを聴く環境も復活させたが やはりアナログで聴く方がジックリ聴ける 更にいうならTD124で聴く方がより深く聴ける いや聴き入ってしまう。
聴き入ってしまえるから音楽を聴くのに御大層な装置も必要ないし専用部屋や広い部屋も必要ないと感じてしまえるようになった。

b0323858_08142632.jpg


[PR]
by kurama66644 | 2016-08-28 08:40 | オーディオ | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧