真空管アンプ

改造CDプレーヤーを導入してからアナログは週2日ほどの視聴になっていたがモノラルカートリッジAT33MONOを買いアナログとCDの聴く割合は半々ぐらいになってきた。

改めてCDとレコードの両方を聴き S/Nの違いには驚かされる。レコードも程度の良い綺麗な盤などはS/Nも良いがCDにはかなわない。
メリハリがハッキリして細かなニュアンスが聴きとれるCDに対して荒波の中でのウネリのように感じるレコード、両者特徴がある。

そうCDとレコードは川と海の違いのように思える。スケール感で言うと海が大きいように感じるが海のように広大な川もあるし、天候によっては暴力的に荒れ、氾濫する川もあり 環境により左右される。ただし川の場合は人工的に作られたものもあるが…。同じ水遊びでも趣も違うので両方楽しさはある。


ところで拙宅のCDプレーヤーはQUADではなく自作の真空管アンプに繋いでいる。
b0323858_10473850.jpg
この真空管アンプは6B8系 5球式のステレオ真空管アンプだが作ってもらった人が夜逃げし もう保守も出来なくなった(笑)
価格が安い割には結構しっかりした作りである 一時期パワーアンプ代わりにしてMinimaで鳴らしていたがレコードではイマイチですぐ止めてしまったがCDでは中々上手く鳴っている…不思議である(^_^;)

オーディオ歴が来年の3月で10年になるので真空管アンプに着手しようか 考えていた中の お試しで購入したもので(実際はパワーアンプを全部修理に出し音楽が聴けない状態だったので購入)シンプルな回路構成と少ないパワーながらいい仕事してくれる。この真夏の最中に皆 真空管アンプは敬遠するがキタサンは余りそんな事関係なしで使う(笑)

b0323858_10472492.jpg
参加しているオーディオコミュで紹介してもらったアーマッド・ジャマルの初期の作品の何枚かまとめたもので2枚組CDの作品。
アーゴレーベルのドル箱スターであったジャマルはあのマイルスにも多大な影響を及ぼした偉大な音楽家であるが 静かな作品が多く余り目立たない人で過小評価されているジャズメンである。ジャマルは昔 CDで沢山持っていたが 何となく皆同じ様な曲調が多かったので熱心に聴かなかったが こうして改めて聴くと控えめながら一本芯の通っている演奏でそれでいて聴き疲れしない。他の演奏者の魅力を引き出す名バイプレーヤーではあるが自身がとても個性的な特徴を持っていながら それをあまりひけらかさない奥ゆかしい人なのであろう。

オーディオを始めた当初から機器が どんどんグレードダウン?(価格的に)していく…部屋や音楽、嗜好に合わせていくと自然とそうなってしまった。
ミニコンポやラジカセ歴が長いのでそちらで聴く方がシックリいくのだろう。最終的には昔のようにラジオに戻っていくのかもしれない。

[PR]
Commented by tempo at 2016-08-11 15:54 x
こんにちは、Jamalは独特な弾き方をする人ですよね、昔ArgoとEpic盤を何枚か持ってました、ご存知か分かりませんがアメリカのParrotというレーベルから出ているピアノトリオ(Argoからも再発していたような、、、)が欲しくてずいぶん探しましたが結局手に入らなかったですね。
今でもちょっと欲しいかも、、、出てきませんけど、、、
Commented by kurama66644 at 2016-08-11 17:52
> tempoさん こんばんは。

ジャマルのアーゴ盤やエピック盤は知っていますがパロット盤は流石に知りません(^_^;)

若い時は何がいいのだろうかと思っていたジャマルですが歳と共に普遍的なピアノの妙な部分が感じられるようになってきました。

何となく終わるのが良いんですよね(笑)
Commented at 2016-08-11 19:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kurama66644 at 2016-08-11 21:29
> sunouchi0918さん こんばんは。

暑い日が続きますね。そうですかHal,sさんに来られていたのですか。

私は5日に行ったのですがグリフィンの「ウェイ・アウト」と沢山あった中の シナトラのアルバムを買ってきました。 大阪から来られた方がいて 明日は某ショップでブルーノート特集の展示があると話していましたが おそらく沢山来て奪い合いになるのだろうと想像しました。

もう奪い合いをしてまで無理に買う気力もなくなりましたので余り関係ないと思っています。
お勧めの盤 チョイスされ良かったですね。 私も聴きたいです。
by kurama66644 | 2016-08-11 11:25 | オーディオ | Comments(4)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧