聴こえる音、聴こえない音

人の耳には聞こえない音の周波数限界があるのはよく言われている事である。年齢を重ねる毎に高音域の聞こえる限界が低くなっていくようだ。

巷で販売されているスピーカーの数々 おこずかい程度で買える物からマンションの一室が買える物まで価格差は大きいが再生周波数帯域は極端には違わない。
今では人の耳に聞こえる高音域限度の20kHz以上の周波数特性を持っているスピーカーはざらである。

そんな聴こえない音まで再生出来る能力は必要ないのでは?と思ってしまうが その能力に余裕があるほうが境界線ギリギリのところであっても楽に再生出来る事や収録される音自体 一般的に聴こえない音も含めて収められている、それを耳だけではなく体全体?で感知出来ているとの研究もされていたりで 可能な限り再生能力は高いに越した事がないのかもしれない。

CDの音は20KHz以上の音が入っていないから音が悪いと以前聞いた事がある。仮に耳で聞こえない音が入っていても先ほど供述した からだ全体(特に皮膚)で音を感じる事があるのなら確かに耳で聞こえないある特定帯域以上、以下の音も入っていないと違いはあるのではないか あるいは音の良し悪しに関係するのだろうと思っていた。アナログは特定帯域をカットしないで(編集の時はカットしたりもする)ダイレクトに収録されているので音の鮮度が高く 良いとも思っていた。

しかしながら最近は可聴帯域以外の音が入っていないからといって音の良し悪しには余り関係がないような気がしている。
それどころか聴こえるぎりぎりの高域や低域が聴こえるからより良いとも言えないような気がしてならない。一番心地よい?中域が充実している音楽は真っ直ぐで爽快である。

低域がシッカリ出ると音楽が安定し躍動感がある。高域が限りなく?出ると高揚感が増す。それでは中域は…音楽の音の芯の部分であると思う。
芯の部分をないがしろにしてはいけないと思っている。

オーディオ技術の発展はこれまで聞こえなかった音まで可能な限り出す事に腐心してきたように思うが別の方向性もあってよいのではないだろうか?
テレビ等の画像と同じく立体的な音像が目の前に映しだされなくても その音の持つ生命力と余韻にしたる事ができればそれでよし!とも今は思っている。


少ない物の中から そこに隠されている多くの物、事を見つける。 それが想像力であり、豊かな感性を持つことであると思う。
ただ いき過ぎると単なる妄想に終わってしまうかもしれない(^_^;)

b0323858_10302258.jpg
こちらのCDは私の友人から頂いた新譜である。「I WISH I KNEW」トランペットの五十嵐一生とピアノの辛島文雄のデュオ。
いまやCDプレーヤーが家にないので(笑) オフ会などで聴かせてもらっている(笑) 「命」の旋律が聴こえる。

[PR]
Commented by 七味とうがらし at 2016-06-24 22:37 x
こんばんは。
CDとLP、どちらが良い音かは正直なんともわからないのですが、20KHz云々は感覚的に違うように思っています。
何であれ、自分が良いと思う音でなってくれればOKです。
さて、質問なのですがお持ちのモノ録音オリジナル盤のEQカーヴはRIAAでしょうか?そのほかのこともありますか?
例えばNABとか…。クラシックには結構RIAA以外のものがあって表示がないこともあって、そのまま聴くと音が悪く感じてしまうのです。対処法など教えていただけますか?
Commented by kurama66644 at 2016-06-24 23:32
> 七味とうがらしさん こんばんは。

私も最近オフ会に行くようになりCDの音を聴いていますが LPとどちらが良い音か よく分かりません。しいていうならば どちらも悪くありません。好みの範疇と考えています。

ご質問のオリジナルですが 手持ちのものはRIAAです。ジャズの場合だいたい54年以前のものはRIAA以外のものもありますが その頃のオリジナルは所有していません。

RIAAカーブ以外のコロンビアやFFRR,AES,NABなどイコライザーがそれに対応しているものでないとダメだと思いますが 高価なイコライザーしかないです。唯一常識的な?お値段で合研ラボさんがそれらに対応しているイコライザーを作っています。私も過去に2台ほど購入した事がありますがコストパフォーマンス良いです。(知っていたらごめんなさい…)
by kurama66644 | 2016-06-24 10:43 | オーディオ | Comments(2)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧