窓を開け放つ

オーディオで音楽を聴く時に気を遣うのは遮音だと思う。隣室に音漏れしないように注意深く聴く、それがいやで防音処理をするぐらいであろうから。

一軒家で周りは気にしない環境の方もおられるであろうが大半は近隣を気にしながらの音楽鑑賞かと思う。究極はヘッドフォンになるのか?

部屋の音量と音圧はその部屋環境でかなり変わってくる。キタサン部屋は間口が狭く防音処理はしていない部屋で聴いている、ただし音量は結構上げられる環境なので爆音とまでいかないが昼夜問わずそれなりの音量を出せる。

出せるのはいいのだが部屋の狭さ、音通りの悪さから音圧の問題が生じてくる。簡単にいうと抜けが悪い、そこで部屋のドアを開けっ放しで聴く事が多いのだが それでもなお録音状況により音圧過多に聴こえるアルバムもある。

以前 伺ったお宅でベランダの窓を開けっぱなして聴いていた方がいた。その家は結構広く音圧も感じない心地よさであったのを思い出した。
音圧が足りないのはジャズやロックを聴くのには少し物足りないと当時は感じていたが窓を開ける事により果てしない外の空間と共有する事ができる。

音楽、音は空気の振動から生ずる、部屋内の空気の振動の変化に外の空気の影響もプラスされるわけだから音の風景が変わるともいえる。

試しにスピーカー背面のベランダの窓を少し開けて聴いてみた。

空けた途端 空気の流れが当然変わり 音楽を流すと今まで感じていた圧が減少した。こりゃーぁ面白いと思い、通常かける音量までもってきてしばし鑑賞。

やはり音の抜け道があると心地よい。ただし音圧が全くないと腑抜けの音になりかねない 窓の開閉具合にもよる これは微妙な所である。

ベランダに出てみて閉めた時と空けた時の音量を確認してきた。漏れ聴こえる音は隣人には余り影響がないようだ。

タイトルにある「窓を開け放つ」まではいかないが多少空ける事により外界とつながり音の変化が現れた。

このやりかたは万人向けではない。近隣から苦情がきても当方は責任を持てないので了解いただきたい…


b0323858_15561157.jpg
スピーカー右側に置いてあった簡易的レコード棚を撤去した。音の通り道が出来多少は響くようになってきた。これでもまだデッドな部屋である…。

[PR]
Commented by 七味とうがらし at 2016-06-19 20:50 x
初めまして。
窓を開け放つ。ようやく同じ考えの方に巡り合いました。
音が窓から抜けることで壁の反射音そのものが減るのが良いのだろうと思います。しかも全帯域ですしね。
部屋の吸音面積は部屋の総内面積の15~20%が理想といわれているようです。窓を開けることでそれに近い効果が得られるのだろうと思います。
もちろんお隣に配慮してボリュームはかなり小さめなので器楽曲とか室内楽が中心ですし、外からの騒音も入りますが自然な感じの音が気持ちいいですね。
Commented by kurama66644 at 2016-06-20 20:25
> 七味とうがらしさん こんばんは そしてコメントありがとうございます。

オフ会などに行っても殆どの方は閉め切った部屋で鳴らしています。
そういう状態で調整しているから当たり前といえば当たり前なのですが…

私はその辺は適当なので わざわざ隣の部屋へ行ってドアを開けっ放しで聴いたり 台所で聴いたりで余り真面目じゃないですね(笑)

部屋が狭いのでベランダを開けると澄んだ空気が流れて気持ち良いですね~ その状態で聴く音楽も中々です。 音は確かに逃げるかもしれませんが音楽は逆に寄り添ってくる感じでした。
by kurama66644 | 2016-05-27 16:09 | オーディオ | Comments(2)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧