2系統のモノラル再生

クラウン プリアンプを導入してからモノラル再生を2系統で楽しんでいる。

一つはケンウッドのプレーヤーに無理やり?オルトフォンCG25Dのモノラル針を付けファインメットトランス経由で再生。
もう一つはトーレンスTD124にシュア―M44-7のカートリッジを付けラックスマンフォノイコ経由で再生している。
b0323858_22312177.jpg
基本的には専用のモノラルカートリッジCG25Dを付けているケンウッドのプレーヤーをメインのモノラル再生としているが クラウンのプリアンプを導入してから様相が変わってしまった。
と言うのは ケンウッドのプレーヤーでは非常に端正なモノラル再生に変化してしまった(^_^;) 原因はよく分からないがトランスのせいかもしれない。このトランスはオルトフォンのカートリッジに合わせた昇圧比になっており高くもなく低くもないちょうどよい按配なのである。押し出し感や迫力はソコソコという感じで安定した音が出る。オーディオ的にはとても聴きやすくシッカリした音というのか…モノラル再生でこんなに安定して安心した音がでるのかと今更ながら思ってしまった。

片やトーレンスの方だがこちらのカートリッジはステレオ針である 説明にはモノラル兼用とも書かれているが CG25Dのように横振動しかしない本当のモノラル針とは違う。そして最近の市販品では9mvのような高出力の針はこのM44-7の他に見受けられる事はない。こちらでモノラル盤を再生すると かなりハチャメチャな音がする(笑) 以前LINNのプレーヤーを使っていた事があるがLINNではこのような音はまず出ない。というかベルトドライブ、ダイレクトドライブのプレーヤーでは出ないと思う。おそらくアンプを変えた事により可変装置が?働いてハチャメチャな音に変貌したのではないかと思う。
b0323858_22313285.jpg
しかしながらキタサンはこの音が意外と好きである。なぜなら躍動感があり生きている音がするからである。ジャズだからやかましく騒がしい音で ある必要はないがノイズを徹底的に排除し静寂感を出すようなクリーンルームで聴いている音はジャズでは断じてない。(私の勝手な意見です)

そうは言っても所詮はステレオ針 ステレオ録音の盤の方がシックリ鳴るような気もする…
それとクラウンのアンプは電源を入れてから暫くはパーッとしない音を出す…スロースターターなのか徐々に勢いを増してくる。
古いアメリカさんのアンプは色々な意味で面白い。

実はこの2系統の聴き比べ 以前にもこのブログで書いたと思うが隣の布団部屋から聴いての感想なのである。
ドアを少し開けっ放しにして漏れ聴こえる音が上記の内容である。正直モノラル再生なので定位がどうのこうの楽器の位置がどうこうと余り気にしない。
スピーカーの真正面で聴く必要もない、 もちろん部屋のスピーカーの前でちゃんと聴く事もある、音量やトーンコントロールを駆使して真面目に調整したりもする。
まぁ かなり適当な聴き方である事は確かだ(笑)

b0323858_20104610.jpg
絵面的にはラックスマンC-06αの方が恰好がいいなぁ(笑) これの木枠が欲しい。





[PR]
Commented by OIOI at 2015-12-13 18:22 x
キタサン、こんばんは!
 
M44-7ってMONO兼用なんですか?
 
AT3 MONOと比べどうなんでしょう?

そういえばM44の交換針で日本メーカーのMONO用があるみたいですね。
Commented by kurama66644 at 2015-12-13 22:01
> OIOIさん こんばんは。

M44-7はMONO兼用らしいです。しかし文中にも書いた通り本当のモノラル用ではないです。
あくまでもステレオカートリッジです。出力が高いのモノラル盤を再生しても音量の調整などで
迫力、押し出し感は負けていないと思います。AT3 MONOよりは中低域が濃いですね。

これの交換針でモノラル用はかってはあったようですが今はどうなのか?
一度ネットで見かけた事はあるのですが…

M44G用のモノラル交換針は装着できるのかちょっと試したことがないので分かりません。
by kurama66644 | 2015-12-12 19:50 | オーディオ | Comments(2)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧