部屋よりボリューム

今の住まいに越してきて3年近く経つが以前の方がオーディオ再生する部屋は広かった。まぁ広いと言っても10畳程度だったが(^_^;)

そして現在は7畳ぐらいで作り付けの壁面収納庫等あるので実質的には6畳ぐらいだと思う。更に間口が狭い、台所が続いているので細長いウナギの寝床(笑)に近い感じである。 一応分譲のマンションなので隣家との壁はそれなりに厚い、ただし天井や床は強固ではない。

オーディオを始めた当初は雑誌などで専用部屋や広いリビングに機器類を置いてある写真などを見 そういう部屋で鳴らせば気持ちの良い音がするのだろうなぁと 機器より視聴環境が何とかならないかなど考えたが これは金がかかる(笑) まぁオーディオの趣味は機器もそうだが この環境を整備するのに一番金がかかるのだろうと やっている内にわかってきた。 部屋の改装をするほどの情熱はだんだん無くなってき、ルームチューニングなども面倒くさくなり止めてしまった不真面目なオーディオファンであるが 越してきて一つだけうれしい事があった。ブログにも何度か書いていたと思うが 大きな音を出せる事である。

以前の部屋は壁が薄くてオーディオの音もおっかなびっくりしながら出していた。隣人がいない時を見計らって多少大きな音を出す時もあったが 内心はドキドキしながら音を出していた。現在より大きいトールボーイ型のスピーカーを使っていたが小音量再生の為 もったいない感じでもあった。

現在は昼夜問わず それなりの大きさで聴いている。それなりの大きさとは 要は音源(録音)に合わせた大きさである。大きい時もあるし小さな時もある、ボリュームを調整してこの部屋で一番シックリする音までもってこれる。そう自室環境下で最適な(自分好みの?)音量を試せるのが非常にありがたいのである。

耳の特性で小音量では低音が聞こえにくくなる事はよく言われている。音を大きくするのは音質の面でも色々関係してくる。加えて間口が狭く奥に長細い部屋なので単位面積あたりを通過する音のエネルギーが広い部屋より減衰しないという利点もある。そうまさにモノラル音源を聴く部屋に理想的なのである。(勝手な自己満足ですのであしからず(笑))
b0323858_20010044.jpg
モンゴ・サンタマリア(※ユースケ・サンタマリアではない…)のLa Bamba(コロンビア モノラルオリジナル?)をノリノリで聴いているキタサンであった。

注:夜間の音量の出し過ぎには注意しましょう!









[PR]
Commented at 2015-10-01 22:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kurama66644 at 2015-10-02 19:44
> sunouchi0918さん こんばんは。

欧米ではアナログかデーター配信かの二択で中間の?CDはもう殆ど扱わないような感じらしいですね。 米国でのアナログは新譜で伸びているのでしょうか?それとも中古?

新譜だとアナログの名称でも最新鋭の機器でデジタル録音でしょうから 昔のアナログとは別物なのかもしれません。それはそれで結構だと思います。

TD124MK2は現代のアナログでも中々いけると思います(笑) 
それにしても きゃりーですか(^_^;)
Commented by at 2015-10-03 02:01 x
こういっちゃ、、、言葉悪いですけれど(^^;;
データで残すのってファイルが壊れたら、それまで、ですし形の無い物で鑑賞するなんて楽しくない、と思います
やはり形ある盤でこそ長く楽しい趣味です!

Commented at 2015-10-03 10:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kurama66644 at 2015-10-03 19:32
> Oさん こんばんは。

正直言いますとデーター配信は味っ気無いです(笑) そこに尽きます。
音質やらダイナミックレンジやら音楽特性に関しては素晴らしい物があると思うし 今後この流れは止められないと思います(商業的にも)。

人間は形あるものに惹かれます、それは形が無いと不安定で落ち着かないからなのかもしれません。それでは音や音楽は形があるでしょうか? 人間って不思議ですね(笑)
Commented by kurama66644 at 2015-10-03 19:42
> sunouchi0918さん こんばんは。

そうですか やはり新譜ですか…アナログ人気は良いのですが中古のオリジナルが又 高騰してしまうのではと心配しております(笑)

アナログの方が形として大きいし(CDなどと比べて)所有感が満たされるのかもしれませんね。

私見ですが昔のアナログが良い?のは(全てではありません)音楽を伝えようとする作り手の情熱があったからなのではないでしょうか?正に命がけで そして試行錯誤しながら製作したものもあると思うのです。その情熱が伝わる作品は昔の方が圧倒的に多かった。技術が未熟だった点もあるので余計に真剣にならざる負えなかった。そういう作品が現在でもあればそれはそれで評価されると思います。アナログ、デジタル関係なしで。

by kurama66644 | 2015-10-01 20:11 | オーディオ | Comments(6)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧