アナログリラックス

何気なくネットを見ていたら「アナログリラックス」という言葉(サイト)に遭遇してしまった。

新開発のレコード用除電ブラシを扱っている会社?でZOOTカンパニーと言う所の商品名のようだ。

確かにレコードは帯電しやすく埃も付着する。それを取るためのグッズは昔からあるのだが どれも同じような感じで余り気にかけていないのが現状だ。
それでもレコード盤自体はフラッシュディスクランチ溶剤で埃や汚れを落としたり 除電ブラシ SKⅡ(化粧品ではありません)で聴く前に拭いたり、針先も掃除したり最低限の儀式?は行っている。

そんな中 ディスクユニオンでレコードを買った時レジ横でこの「アナログリラックス」が置いてあった。値段が5800円であったが たまたま買おうとしていた盤の内1枚が盤の状態が良くなく返却したので その盤の代わりにこちらを購入してみた。
それがこちらの商品である。
b0323858_19572549.jpg
先のネットでSTEREO誌や季刊analogなどの雑誌にも掲載している旨の記事が書いてあった。オーディオ雑誌はもう読まなくなったので詳しい事は分からないが評判は中々のようである。除電と同時に埃を除去できる画期的なものらしいが(素材が特殊との事)見た目は昔からあるアナログ用ブラシの形状と変わらない感じである。
それではという事で早速 購入したこちらのアナログ盤で試してみた。
b0323858_20061418.jpg
おっさん4人が森の中で たたずんでいる異様な光景(笑) そうロイ・へインズのアウト・オブ・ジ・アフタヌーンである。主役はロイではなく(失礼)鬼才ローランド・カークであり 名盤請負人トミー・フラナガンであるのは言うまでもない!  オリジナルと言いたいところだが再発盤 いわゆるインパルスでは赤黒盤である。
b0323858_20062331.jpg
価格は2000円ちょっと。オリジナルは高騰していて買えない…。それはともかくとして説明通り 盤にブラシを10秒ほど当て静電気を空気中にコロナ放電。
その後 溝に沿って拭き 埃取り。そして回転させ さらに埃をからめ取る… さてさてどのような結果になるか?

A面1曲目からビシバシ音が部屋の中に広がる勢いで こりゃーいい音である(笑) ローランド・カークもトミフラも絶好調。こんなに良かったっけ?このアルバム。
まぁCDとはちょっと別物の様相である。 いや 待てよ!そもそもこの盤 盤質はB+~Aである。それに こちらのオリジナルって聴いた事無かった(笑)
更に 除電ブラシをする前の状態を聴いていなかったという 相変わらずのボケをやらかしていたので比較は出来ない(^_^;)

その後 聴きなれているアナログをこのブラシを使用して聴いてみたがBクラスの盤質の物もプチパチノイズは少なくなったようだ(気のせいではないと思う?)
流石 巷のカーボン繊維とは違う材質 かつ0.03mmの刷毛の細さはダテではない。個人的には買ってよかった商品である。

それにしてもこちらの会社名 ZOOTカンパニーとは あのテナーサックスのズート・シムズから名付けたようで相当なジャズ好き、ズート・シムズ愛 の方なのであろう(笑)。
次なる新製品を期待する。

[PR]
Commented at 2015-09-27 23:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kurama66644 at 2015-09-28 10:20
> sunouchi0918さん こんにちは。

流石インパルスの赤黒盤(笑) 再発でも良い音します。

まだこれぐらいの価格なら何とかなるのですが5桁以上になるとオリジナルでも躊躇します。

レコードコレクターは別としてオリジナルを求める人は大抵は凄い機器をお持ちの方が多いので
それなりに買えちゃうのでしょうね(^_^;) ハハハッ。
by kurama66644 | 2015-09-27 08:29 | オーディオ | Comments(2)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧