音を替える

TD124を専門にフルレストアをしている千葉の業者さんのブログをたまに見る。こちらの視聴機にはシュアーのM44-7のカートリッジを使っているらしい。

私がアナログに回帰した時 あるオーディオ仲間から「キタサンはジャズが好きなのにシュアーは使わないの?」と聞かれたことがある。
シュアーのカートリッジはもちろん知っていたしジャズ、ロック向きのガッーンとする音という評判は聞いていた。反面 音が粗いしキタナイ音がする、低価格だしMCに比べ繊細な表現は出来ない等 悪評?も聞こえていた。

シュア―は老舗のカートリッジメーカーでこのM44系は60年代初期から作られており半世紀近く経つ、途中生産されなくなった時期もあるが廃れ流行の多い中 支持が多かったので続けてこれたのだと思う。もっとも近年は音楽というより若い人たちにはDJご用達のアイテムとして捉えられているかもしれない。

MCやMMカートリッジの中でも最低部類に属する価格帯であるにもかかわらず何故伝説のTD124レストア業者がこのカートリッジを愛用するのか? しかもこの方はクラッシックを主に聴かれる方で こんなバトル系(笑)のカートリッジを使う事に興味を覚えた。

そういうことで早速M44-7を購入(笑) 9.5mvの高出力である。装着するプレーヤーはもちろんTD124MK2 SMEのアーム3009S2中期型、SME純正ヘッドシェルの組み合わせである。ヘッドシェルの方がカートリッジより高くないか(笑) 針圧は2.0gに設定。はたしてどんな音を奏でるのだろう?
b0323858_22530391.jpg
b0323858_22531289.jpg
誰が音が粗いと言ったのか?どこが音がキタナイ?繊細さが無い? まるで逆! 繊細で情感的 モノラル音源並みの音の勢い(個人的評価です)一番の注目は音色だ。表現は難しいのだが簡単に言うと楽しくなる音色というところか…(説明になっていない?)とにかく抑揚感が物凄い!!気持ちの良い音だ。

b0323858_22532103.jpg
ベースのサム・ジョーンズがリーダーの「DOWN HOME」。大編成とまではいかないが人数多めのブラス作品。
オリジナル盤ではないが WAVEプロダクツの再発物。オリジナルよりはハイファイ調だが再発盤にしては中々の録音、シュア―のカートリッジにしてアンサンブルが濃厚になった。音の分離も離れず、近づかづの絶妙な感じである。これはSPUや今使っているAT33EVと比べての感想であるが俗に言う帯域が少し狭くなったような気がしないでもない、前述したがその分濃厚になったようだ。なによりも楽しく聴けるのがいい。

よくカートリッジは固有の音を持つと言われる、そうなると多少機器類を替えてもカートリッジの固有の音を引きずる事になる。
このシュア―のカートリッジは逆に個性が無く、機器の個性に追随すると千葉の業者は言っている。そうであるなら今鳴っている音が本来のTD124Mk2の音になるのだろうか? まぁよく分からんが暫くはこのカートリッジがMK2のプレーヤーのリファレンスで活躍しそうである。

ところで困ったことがある もう1台のMK1の方だがオルトフォンのモノラルカートリッジでMCである。こちらは昇圧トランスを経由しているのでフォノイコライザーのMMの口を使用している。2台あるプレーヤーのフォノイコ接続が両方ともMMでMMの口が1個足りなくなる、もちろん配線を繋ぎかえれば済む話なのだが…MM用のフォノイコ もう1台調達しないといけない…

[PR]
Commented by ばけぺん at 2015-07-05 14:24 x
キタサン、こんにちは。

銚子の方のブログ、私も以前よく覗いていたんです。で、それに感化されましてM44-7じゃなくてM44G買いました(笑)。前に自分のブログにも書いたのですが、これがまた雰囲気あって良い音なんですよねえ。今回の記事を読んで久しぶりにカートリッジ付け替えちゃいました。う~ん、良い音。満足です。このカートリッジは最新のフォノイコライザーを開発されている方も一つのリファレンスとして使われるみたいです。原器の一つなんでしょうか。室内楽聴いてもなかなかいい感じですよ。

ただ、ネットの情報を見るとどうやら個体差が大きいみたいですね。厳密に言うとカンチレバーが真っすぐ付いてなかったりとか。ちなみに僕の個体はTime Outの一曲目、シンバルの連打が団子状態でうまく再生できません。。まあ、そういう時はさっさと別のカートリッジで聴くようにしています。
Commented by kurama66644 at 2015-07-05 17:08
> ばけぺんさん こんにちは。

シュア―は中々良いですねぇ~ いい意味で期待を裏切られました。
いわゆる定番で長く使われるのは それだけの価値があるのでしょうね。
同じ型番でも年代により音が違うようです、それとおっしゃるように個体差が大きいとも言われていますね、価格が安いので色々試してみたい気もします。

文中にも書きましたが もう1台のモノラル専用機につなげるフォノイコはいずれ調達するかもしれませんが モノラルの昔のオリジナルでない限り 60年代半ばぐらいからモノラルとは言えステレオ用のカッターヘッドを使われているので大部分がこの針を使っても大丈夫のような気もします。しばらくは聴きこんでみます。
by kurama66644 | 2015-07-05 08:20 | オーディオ | Comments(2)

ジャズは好きです!


by キタサン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31