赤から青へ…そして悲しいお知らせ

現在 ステレオ録音のアルバム再生はトーレンスTD124MK2で行っているが使用しているカートリッジはオーディオテクニカAT33EVだ。
現代のカートリッジで半世紀前のプレーヤーとの相性を当初は不安に思っていたが繊細かつバリバリ鳴ってくれる。
b0323858_20012357.jpg
(写真は前の機種 TD521に装着していたもの)

SPUのカートリッジより音が前に出るのが気に入っている。どちらかと言うとウェストコーストのカラッとした明るいジャズ向きかなぁとも思っている。
カートリッジ沼に嵌りたくないのはオーディオに回帰した時から自分で決めていたが 現代のカートリッジではなくプレーヤーが使われていた時代のカートリッジを試したい衝動にかられてしまった(笑) 極端に古いのもなんなので70年代ぐらいのものをチョイスしてみた。
オークションで比較的手ごろな?価格の物を落札してみたのがオルトフォンMC-20である。

このカートリッジはのちに色々な後継機種が発売され比較的最近ではMC20Wそして形と色が不評な現在のQシリーズに至る。
このMC-20は色が青でAT33EVの赤(濃いエンジ色?)と好対照である。早速装着して聴いてみたが「……?」アレという感じである。
かなりナロー気味でAT33EVで出ていた弾ける様な爽快さはない。古い物だし暫く聴き続けないと何とも言えないと思いながらも 聴き続けたが今一つである。

プレーヤもそうだがリペアした新品同様のSMEのアームS2は機器にアラがあると即座に反応する羅針盤のような存在である。
やはりカートリッジ自体が良くないのだろうと思い 掃除も含めて点検してみた。接触不良がないか汚れが付着していないかなど丁寧に見て刷毛などで拭いてみた。
するとあろう事か手がすべり 指でカンチレバーを…やってしまった(^_^;)!!「ポキリッ…」その音が聴こえる様な気がした。
b0323858_20305205.jpg
音がイマイチだと感じたのはカートリッジが経年劣化で余りよいコンディションでなかったのか 私の腕のせいかよく分からないが自分にとっては悲しい出来事である。

この後 元通りにAT33EVに切り替えて再生すると元気溌剌サウンドが蘇ってきた。そうそうジャズはこれでなくては!と思いつつ本来のMC20の力も見てみたい、いや聴いてみたくなったが カートリッジ沼に陥るな!という神の暗示かもしれないと思い心を落ち着かせているキタサンである。



[PR]
Commented by モア at 2015-05-17 07:50 x
こんにちわ。針折れ大変残念ですね。
僕も昔ボロンのカンチレバーを折ったことがありますが…あの時のショックは未だに忘れません。
余計なお世話かもしれませんが、ローインピーダンスのカートリッジ(特にオルトフォン系)はトランスによって豹変することは
以前書きましたね。僕らの時代はトランスも安かったし、豊富に在庫が有ったので当時愛用していたMC20mk2に
純正のトランスや国産ではアントレー、FR、上杉など、海外ではコッターまで色々と経験しました。
ヘッドアンプやプリ内蔵のトランスなどで良いと感じた経験はごく僅かですが昔の経験しかありません
ローインピーダンス・カートリッジにハマると抜けられないほどの魅力がありと思います
これからも頑張ってアナログの魅力を語ってください。
Commented by tempo at 2015-05-17 08:08 x
こんにちは、カートリッジは残念でしたね。
ところで質問なのですがバリレラ(モノ用)って使用したことがないのですが例えば他のカートリッジに比べてノイズを拾いにくかったりするのでしょうか?針圧が高いのと横(左右)にしか動かない事(ヤフオクで見ました)からノイズを拾うことが激減する利点があるとありましたので、、、
Commented by モア at 2015-05-17 09:09 x
こんにちわ。tempoさん
経験上ノイズの利点はあると思います
構造上の利点もあるますがチップの大きさや形状の利点もあるように思えます
しかし、ステレオカッティングされたモノラルやステレオレコードは溝を削ってしまうので
注意が必要です
余談ですが僕らの時代は最新のカートリッジは形状や大きさが古いレコードの底の音溝しか拾わないスカスカの音だ
と言われていました《僕も経験しました》が最近のモノラルカートリッジはどうなのでしょう?
ステレオレコードの音溝は傷めないはずですが音を聞いたことがありません
Commented by tempo at 2015-05-17 10:00 x
モアさん、こんにちは。最近ずっと避けてきたblue noteのモノラルオリジナル盤を買う事があったのですが流石にピカ盤は買えないのでちょっと傷ありで妥協したらやはりチリパチが気になってしまいなんとかならないかと思った次第です、現在モノラル盤はspu mono g mk2で聴いていますが傷は普通に拾ってしまうので、モノ専用の安価なカートリッジを探していたらバリレラにあたりました。バリレラは昇圧トランスなしでも行けるようなので一度試してみたいと思います、でもアメリカは兎も角欧州の60年代初頭のレコードはモノラルかステレオか見ただけでは判別がつきにくい物もあるのでちょっと厄介だったりしますが、、、何れにしても情報ありがとうございました、キタさんお留守中に失礼しました。
Commented by tempo at 2015-05-17 16:30 x
何度もすみません、バリレラとCG25di mk2のノイズの拾い具合はかなりちがいますでしょうか?こういう情報ってネットにはなかなか無いですよね、、、
Commented by kurama66644 at 2015-05-17 16:31
モアさん こんにちは。

実はMC20装着して1時間も経たない内にこのような事態になってしまい しばらく固まってしまいました(^_^;)。

以前にご指摘いただいたトランスの件はやはり重要と感じ 下手にアンプを変えるより効果が大きい場合もあるようです。
ちょっと面白そうなトランスを手配中なので試してまたブログに書いてみようと思います。
Commented by kurama66644 at 2015-05-17 16:38
tempoさん こんにちは。

いちおうバリレラの説明はモアさんの言う通りです(笑)

私もバリレラは使っていながら余り詳しくないのですがMMでもMCでもなく その中間のMI型だったかな?すいませんうろ覚えです。専用のイコライザーがあるようなのでそれを通して使っている方が多いと思います。要はインピーダンス合わせなのかな?私はMMでダイレクトに聴いていたのですが今一つシックリこなかったです。音は確かにステレオ針よりノイズは拾わないかなぁ~ 私も傷盤が多いので(^_^;) モノラル針は重宝しています。
Commented by kurama66644 at 2015-05-17 20:42
tempoさん 追記です。

バリレラとCG25Dimk2のノイズの拾い具合の違いは正直言ってよくわかりません。ステレオ仕様対応の現代のモノ針よりはノイズは拾わないのは駄耳の私でもわかります。

ちなみに音のエジソンとい国内のメーカー?があるのですがそこのモノラル専用針も持っています。これは完全な横振動でカンチレバーの仕組み?かなにかで特許を持っているようですが
この針は0.7ミルの太さで現在のステレオ再生針の一般的な針の太さです。現在書斎で使っていますが 意外とノイズは拾うかな(笑) いずれにしろ私も余り状態の良くない盤も多数持っていますので盤と針先のクリーニングは結構マメにやるようになりました。
by kurama66644 | 2015-05-16 20:39 | オーディオ | Comments(8)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧