オリジナル盤の先に見えるもの

先日 こちらのアルバムを聴いている時に意外と良い音の出方と音色をしているなぁと改めて思った。
b0323858_21492883.jpg
このアルバムは再発盤であるが結構愛聴しているアルバムである。ヴァイブのアルバムはジャズでは少ないがこのレム・ウィンチェスターは元警察官でロシアン・ルーレットをやっている最中に死亡してしまったという何ともジャジーな人である。オリバー・ネルソンのウネウネ テナーも身がよじれるほど感情的でウィンチェスターのヴァイブのメタリック的な質感が出ていて心地よい。



聴き比べしたく以前からオリジナル?は所有していた。レーベルはプレステッジの傍系レーベル ニュージャズでありバンゲルダー録音である。一応オリジナルと銘打つっており購入したがおそらくはセカンドプレスかもしれない。オリジナルジャケットに載っているプライスが印刷されていないので多分そうなのだろう。
オリジナル(セカンド?)は先ほど書いたオリバー・ネルソンの身がよじれるほどの(笑)テナーが再発盤に比べより感情的でヴァイブの金属音も部屋中に響き渡るほど強烈である。
b0323858_08225240.jpg
b0323858_08230560.jpg
冒頭のレコードは再発盤でステレオ仕様、オリジナルはもちろんモノラルなので迫力等の違い、楽器のアタック感など質感の違いは聴きとれる。しかしながら再発盤でも心地よく聴こえるのは事実である。再発盤や復刻盤など演奏がヘナヘナ(笑)と芯の無い、気合いの感じられるものが多々あるが すべてがそうとも限らない。

私がオリジナルに興味を持ったのは元々の音がどんなものであったのか知りたい為でもあった。CDなどで何度も再発され加工されたものを聴き続けてきてオリジナルとの違いに驚かされた。大抵は何度も再発された様なものは内容が違うと思われるほど変容(どちらかと言うと悪く)していた。料理も元の素材が悪いと出来上がる料理も悪くなるが やり方によっては上手く仕上がる場合もある。オリジナル探索の旅はまだ始まったばかりだが この辺で再発盤でも良い物はあるのだろうから そちらの方にも目を向けてじっくり聴いてみようと思う。

これで益々お金がかかるようになるかもしれない…

[PR]
by kurama66644 | 2015-05-10 09:22 | オーディオ | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧