TD124Mk2の音

購入したTD124Mk2はロット番号が70000台の最後の方でMk2としては中期製造の時期にあたるものと思われる。
MK1はモノラル絶頂期からステレオ黎明期にかけて作られたものに対しMk2はステレオ再生主体として作られているのでその再生表現にも違いがある。

音の重心はMk1の方が低いのだがMk2も今まで使用していたプレーヤーに比べてもかなり低い印象を持つ。一番の違いは楽曲の中高域にかけて音が急激に広がる箇所と低域とのコントラスト(ダイナミックレンジ)がものすごい気がする。岩場に波があたりパーンッと飛翔し飛び散るような感じである。これは爽快そのものであり聴いていて楽しくなる。それでは音が軽いのかと言うと全く違う。重厚な響きも伴い時として軽やかに…何とも幻想的な音なのである。ジャズだけではなく70~80年代のロック、ポップスもいける。(演歌はまだ聴いていない…)趣味としてこれ1台でもいいのだが実在感のある再生を伴う50~60年代のモノラルでのジャズを聴くにはMk1のプレーヤーもキタサンには必須なのである。

この幻想的な音と言うのはオーディオ的 音と言い換えても良いのかもしれない。(個人的な感想です)オーディオの音は時として実在する音より美しく、各人の理想の音を奏でるように皆 工夫して創作しているのだと思う。そういう意味で生演奏の音では聴けない音が出たり実際の音よりきれいに出たりとリアリティが逆の意味で無い音のような気もするのだが…

このMk2は演奏者の腕が格段と上達した?音が出るようだ(笑)。
正直言うとオーディオ始めた当初から部屋の作りや狭さなどコンプレックスがあった。特にオフ会を行うようになってから大抵は私より広い部屋ないしは専用ルームなどが殆どで どうしてもエアーボリュームでの関係上 空間上の広がりに差が出来る。しかしこのMk2が奏でる音は部屋の狭さを感じさせない。私の部屋(7畳弱)の空気を振動させ その波動が耳だけではなく体全体に浸透し脳内で果てしない空間を作っているかのように感じる。もうこうなっては完全にオカルトの世界で お前はバカか!といわれてもしょうがないのではあるが…。

そういう夢見心地の世界から抜け出すには もう1台のMK1に切り替えてモノラル音源をバーンッと聴く。そうするとリアリティ溢れる現実の世界に戻るのである。
そしてMk1は逆に奏者の腕前のアラを即座に暴き出す。今では巨匠と言われているジャズジャイアントの若い頃の録音が多い50~60年代のものは演奏の未熟な所が露見するのが聴いていてわかる。

今回は妄想も含めての文面であり キタサンは この春の暖かくなってきた陽気でおかしくなったのかもしれないと思われても仕方がないような気がする(^_^;)
b0323858_08032127.jpg

[PR]
by kurama66644 | 2015-04-29 08:45 | オーディオ | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧