アームの調整とプロの腕

トーレンスTD124Mk2を購入し 音だしの為 SMEのS2 Improvetを即席でアームボードに取り付けて鳴らしていた。

元々SMEのS2も購入していたのだがプレーヤー本体だけ先に送ってもらい S2は購入先のA代表が持参し取り付けも含めて調整してくれるとの事であった。
アナログプレーヤーの販売、メンテナンス、レストアを中心に行っているA氏だがジャズレコードマニアでもある。同じ盤を再発、モノラル、ステレオ、オリジナル等々揃えて聴き比べたりし機器性能的な事もさることながら音源による違いで機器の扱いもオーディオではかなり違ってくると言うスタンスの持ち主である。

私は土日の連休がないので平日1日が休みであり、その平日に来ていただいた。
TD124に関して分からない点を幾つか聞き 自分で出来るメンテナンスなど教えていただいた。

そうしてアームの取り付けがなされた。S2とImprovetの違いなどせっかくだから聴き比べしてみましょうか?と言われ、取り替えながら聴いてみた。(この点TD124はアームボード毎 3本のネジを外すだけで着脱可能で楽なのである) 
違いは歴然であった…! 細かな表現は難しいが今まで聴いてきたステレオ再生は何だったのだろうと言うほどの違いである(笑) 同じトーレンスでTD521にもSMEのアームを付けて聴いてきており さらには即席で付けた Improvetも同じSMEであるのに…? SMEでも年代によってキャラクターが違う事は素人の私でもある程度は分かるが質そのものが違っている感じに見受けられた。アームの設置、調整は説明書にもある程度書かれているが 書かれていない事で重要な事も多いらしく 自身で数多くのプレーヤーならびにアーム類もレストアした経験からこうしたらもっとよくなるなどの知識を得たのだろう。流石プロである。
違いの大きな原因は何ですか?と聞くと調整もそうだがアームの整備にあるらしい事を話されていた。このプレーヤーと同じ半世紀近く前のものだから市販で流通されているもの(オークションなど)は整備不足で本来の力を発揮できていないようである。※ただし部品交換、改造は余程ひどい状態でなければ行わないほうがよいようである
b0323858_08135979.jpg
b0323858_08140959.jpg
b0323858_08135055.jpg
オーディオは個人的な趣味であるので仮にその道のプロ?だから正しいわけではなく好みの差も出てくると思う。オーディオを商売としていながら販売だけではなくメンテナンスそして何よりジャズが好きでレコード蒐集家でもあるので 同じジャズ好き アナログ蒐集、音源による聴き比べ等 自分と似通ったところがあり 私が何を欲しているのかよく分かってアドバイスしてくれた事も好結果につながったのだと思う。 

更に驚いている私に向かって「現状よりもっと血の通ったジャズ再生は出来ますよ」といい ”あるもの” を貸してくれた。
それを繋げて聴いてみると 更にさらに私は驚き 腰を抜かしたようになってしまった(笑)
現在は生産中止になっているようで視聴用に時々お客に貸すようである。一週間ぐらい貸し出しますよ!と言って帰られたが私は現在それを繋げて聴いていない。
耳の毒だから(笑) 聴かなきゃよかったと思っている。自分のチャチなシステムでも十分すぎる熱いジャズが鳴らせる事が分かっただけでもありがたいと思った。

レコードマニアもマニアックではあるがアナログ再生マニア?も中々奥が深いものだ。

[PR]
by kurama66644 | 2015-04-26 08:22 | オーディオ | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧