モノラル音源と音量

使っているモノラル用カートリッジは安いが出力が高いためステレオ用カートリッジで聴く時よりアンプのボリュームを下げて聴く事が多い。

私の所は狭いのでスピーカーまでの視聴距離はおよそ2.0~2.3mぐらいの位置で聴いている。いわゆるニアフィールドの範囲かと思われる。
そしてモノラルレコードをかけた時の音の大きさだが音圧計で測ると90dB前後で聴いている。狭い部屋の割にはソコソコの音量だと思うが壁や床がそれほど強固ではないので体に音圧を感じてしまう(^_^;) オーディオ的には壁や床の共振等の影響で音に歪が出来余り良くないのだろうがオーディオマニアでもないので もうそれほど気にしない。一応100dBぐらいまで音量を上げられない事もないが部屋の容積の関係からも変に圧迫感を覚えるのでそこまではしない。

狭い部屋は狭い部屋なりに自分の好みも考えての音のバランスがあると思う。自分にとってはモノラル音源(モノラルレコード)をモノラルカートリッジで聴く場合は この90dBぐらいで十分そのレコードの素晴らしさを味わえると思っている。
これがステレオ録音のレコードだと このモノラルより音量の調整がすごくシビアになる。モノラルに比べて広がりや空気感をより この狭い部屋(^_^;)で表現しようとするとボリュームのちょっとしたずれでかなり雰囲気が違ってくるように思う。 
そういえば1月にも「美味しい音量」のタイトルで似通った記事を書いたのを思い出した。歳のせいもあり?物忘れが激しいのか、あるいはネタがないのか過去に書いた記事と同じような内容のものも多くなってきたなぁ… わずか1年でこれだから長くブログを続けている方は大したものである。

そうそう最初の話に戻って90dBで聴くのはいいが朝などはボリュームを下げて70dB前後でモノラルを聴く。音量を下げてもモノラルの重くて深い感じはそう変わらない。
今朝もブルーノートのこの名盤を70dBで聴いて出社した。
b0323858_22222194.jpg
そういえばこの写真も以前書いた記事の使い回し…やはり最近マンネリ化が続いているのか。


[PR]
by kurama66644 | 2015-02-27 22:26 | オーディオ | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧