ラックスマン C-06α

先日に続き 新プリアンプ C-06αの視聴感想を書いてみる。簡単に言うと音楽を聴かせるならC-06α、音源の素性を確認するならオーディオデザイン、と思うが これはMONO音源を再生した時にも感ずる事である。 実は低域の押し出し感はC-06αの方があるがMONO音源の勢いというか迫力はオーディオデザインのアンプで聴いた方が勝っていたように思う。C-06αで出た音がへなちょこという事ではなく 音にベールを被せたような多少優しい音になった気がするのである。

この優しい音と言うのが非常に心地よく,今のラックマンと昔のラックスマンでは同じラックストーンと言っても結構違い このアンプが発売された1990年代初頭が新旧の音の違いの端境期であった事を考えると これがおそらくは昔のラックストーンを聴ける最後の作品であろうと思う。

私はこのブログでも音源、音源と音源の持つ素の音を確認してから機器の調整はそのあとの話という立場なので こうも どの音源でもある一定の音で心地よく奏でられると困ってしまうというか…音源をそれほど選ぶ必要性が無くなってしまう(^_^;)

ひょっとすると このアンプを導入するのは10年早かったのかもしれない。

それとアンプのボリューム、アッティネーターの重要さを再認識した。ボリュームの位置の少しの変化で音の表情がガラッと変わる。
目から鱗が落ちた感覚である。録音された音源の最適な音量というものがあるが部屋の関係、近隣への配慮の関係で中々自由に変えられない家庭が多いと思う中 我が家はその辺は自由に出せるので恵まれている方であろう。 ボリュームをレコード毎にいじるのが楽しくなったきた。


こういう音を聴いていると もうオーディオ機器で悩む事は無くなってしまう。もっと性能の高い、高価な機器が欲しいとは本当に思わなくなってきた。
そうは言っても人間の欲は無限であるので今度は 同時に発売されたパワーアンプを購入だ!なんて想いにふけるかもしれない。


[PR]
Commented by H at 2014-10-06 11:13 x
キタサンさん
ご無沙汰しています〜。
いつも記事を楽しみにしています。
こちらは最近は激務続きで余裕がないですが、12月には一旦落ち着くと思いますので、また飲みに行きましょう!
ウチのオーディオはその後だいぶ入れ替えて、ビンテージに近いので、C-06αの雰囲気は少し分かります。
自分も、もうアガリかなぁと思いきや、欲は尽きませんよ。物欲と製作欲が同時に湧いてきました(笑)。
マッキン×JBLでコッテリしてきたので、素直な小型フルレンジが欲しくなりました。バックロードは欲張りな感じがするので、バスレフで。冬休みに自作チャレンジしようと思います。
また、ウチでは比較的新しい1999年製のCDプレーヤーが逝ってしまいましたので、新品のCDPを探してます。
レコードはオークションにハマってます。高いのは買いませんが。
ではでは。
Commented by kurama66644 at 2014-10-06 20:27
Hさん ご無沙汰しています。お忙しいのはお噂で聞いていました。

私も10月で大幅な組織変更があり部署も変わりバタバタしています(笑)

機械には興味が無くなったと思いきや やはり運命だったのでしょうか? 心の中で想いえがいていたら現実に手に入れる事ができました。

昨年同様 又 忘年会シーズンに突入しますが ぜひ行きましょう。
Kさんもいっしょに。
Commented by OIOI at 2014-10-10 23:14 x
キタサン、こんばんは~

プリアンプ購入したのですね。おめでとうございます!
どんな録音でも音楽を楽しめるのは良かったですね!

細かな欲はつきませんが、部屋の片付けも進み色々と遊んでます。落ち着いてきたらまたゆっくり呑みましょう~。
Commented by kurama66644 at 2014-10-11 19:43
OIOIさん こんばんは。

その後 いかがですか? 私はちょっとバテ気味です(笑)

昨年同様 年末まで週一の休みです…。祝日があるとホッとしてしまいます。

オーディオにおけるプリアンプの影響は大きいですね。人間でいう頭脳に近いものがあると思います。 キャロル・キングのオリジナルを購入してちょっと拍子抜け? ユーチューブや他のアーティストのカバーで聴くのとは本人の歌い方表現の仕方がかなり違っているように思えました。
その辺の話は又 呑みに行った時にでも。それでは。
by kurama66644 | 2014-10-05 09:49 | オーディオ | Comments(4)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧