音が逃げる?

実はこの記事を書くのは誤解を生みやすいので以前から感じていたのだが書くのを少しためらっていた。

音カメラというのはご存じだろうか?音の様子(大小、高低、周波数など)を可視化できるカメラである。
具体的には音が存在する箇所に円が現れ それの大きさや色で音の大きさや高音や低音などが表される仕組み、画像が表示される。

実験でトランぺッターが雑木林と竹林で音だしして それを音カメラでとらえたものがある。
雑木林での演奏は 奏者のまわりに大小の様々な大きさの円が現れた。一方 竹林での演奏は見事なまでに円が奏者から離れて四方に点在し その円の大きさも小さくなっていた。

通常 音と言うのはどこから出ているか ある程度分かる。分かるからこそ存在感が感じられるはず。特に緊急時はその存在が分からないとパニックになると思う。

部屋の調音材は昔から平板を使ってその角度を変えたり、その盤に張られている素材などでルームチューニングを行っている場合が多い。
昨今 超高価な円柱形の(竹林のような)ルームチューニング材も人気のようである。私も分不相応に2台も買って しかも私の持っている機器単価より高いというアンバランスなものだった((^_^;)。「だった」というのは今はその調音材は部屋にはない。 当初導入して音楽を聴いていた時は心地よさがあり部屋に調和していると思った。

ある日オフ会に来たベテランオーディオファイルの方から音が分散され逃げていると指摘があった。その時は余り気にしなかったがアナログを聴きだしてから何となく逃げているというより その円柱状から音が離れない感じで いつまでもそこに音が残っているといっていいのか? そんな感じである。

部屋の中の どこかしらから音楽が流れてきてフワッとした気持ちになるのは心地良いものである。まさに癒しの感覚だ。
BGMとして聴く分には全く構わない。ただし奏者の思い、熱意、伝えようとする意志のようなものを その音楽から聴き取ろうとした時、何となく不自然な気持ちになってしまった。生身の人間が演奏、あるいは歌っている音像が現れないと不安になってしまった自分がいる。
隣の部屋でドアを開けっ放しで聴いている事もしばしばだが 奏者の気配が感じられないようではダメな音源、あるいは私のオーディオの調整がマズイ?のだろうとガッカリする。音像が現れる、現れないのは お前の頭の中の妄想だろうと言われてしまうかもしれないのだが…。

調音材も単に音を整えられるというだけで使うのも考え物である。メリットもあるしデメリットもある。
低域が膨らむから 部屋の響をよくしたいからと単純に考えて導入してしまうが いっそうのこと何もしないのが一番自然かとも考えてしまう。

生活している場所にふさわしい音楽美を求めるなら。




[PR]
by kurama66644 | 2014-08-17 11:56 | オーディオ | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧