イジラナイ

先月は仕事の都合で休日出勤も多々あり その振替で平日の今日 休みをもらった。少しうれしい(笑)

そういえば オーディオ機器は殆どイジラナクなった。ルームチューニングも5月頃 SPの位置を少しイジッタが又 もとに戻してしまった。ルームチューニング材も殆ど買わなくなった。ただ機器の掃除はする(軽く拭いたりする程度だが…)、アナログ針の埃取りやクリーニング、そしてアナログ盤のメンテナンス等は結構小まめにやっているつもりだ。

機器のみならず部品?やアクセサリー、ルームチューニング材を色々買い換えて音の調整をする。当たり前のように昨年までやっていたけど それってどうなの?と疑問に思ってしまった。

オーディオは何をしても音は変わる!とはよく言われている。それなのにあっちを変え、こちらも変えと頻繁に行っていると最初出していた音さえ分からなくなってしまうのではないだろうか?

携帯オーディオは別として基本的にはその部屋(自室、自宅)でしかオーディオは展開出来ない。機器のエージングもそうだが部屋でのエージングもありだろう。
あまりにもヘンテコリンな音が出てしまっては しょうがないが そもそも市販の機器でそんな変な音は出ないだろう。
高音の響が…低音が…定在波の影響が、フラッタ―エコーがどうのこうの… 何かに憑りつかれたように色々やっていたなぁ~。

反射パネルは何枚か置いてあるが 部屋に入ってオーディオを知らない人が「なんじゃこれ?」と 多分以前なら思われた部屋も 普通の部屋の様子に変わってきたと思う。
人によって考え方は違うとは思うが「生活の中のオーディオ」であると思っている。スピーカーや機器類ましてや変な?アクセサリー等が部屋の中で主張しているのは余り好きではない。

そうは言っても機器類、特にスピーカーなどは工芸品のような美しい物もあるし…まぁ部屋の中で違和感なく うまく調和していればいいか、と思っている。

某オーディオコミュでも9割以上の人は あれこれイジッテいるようだ。でも色々とイジルのは結構楽しんですよね(笑) 私もイジッテいたし…
いや 良い音を良い音楽を聴くためにそうしているのだという方もおられると思うが 感度や耳がそれほどよくない私は長く同じ状態で聴き続けないと よくわかりません。だからイジラナイ! 部屋に馴染むまで。

こうなると一般的にオーディオを趣味としている人とは言えないですねぇ(^_^;) ラジカセをポーンッと部屋に置いて聴いているレベルと変わりません。
そうそうカートリッジ交換ぐらいはするかも…(笑)

[PR]
by kurama66644 | 2014-08-06 10:37 | オーディオ | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧