本当の音と本物の音

本日 某オーディオコミュでお知り合いになったYさん宅におじゃました。4月にも お伺いして その時は「これがオーディオの最後のオフ会である」と このブログにも記事にしたが その後Yさんは引っ越され 以前より広いオーディオ環境になり 更には洋室から和室に変わり より原寸大に近い再生が出来るようになったと聞いた。 
先月Yさんから聴きにこないかとのお誘いを受けたが先月は仕事の都合で調整がとれず 今日に至った… 最後のオフ会と明言していた割には この原寸大の音とはどういう物なのか非常に興味があったので お誘いを受けてしまった(^_^;) 飲み会以外はお誘いは断るはずであったが意志薄弱なキタサンである。

以前のお住まいから多少 西方面に移られ最寄駅で待ち合わせし訪問、2時間ぐらい聴き その後 同じく某オーディオコミュでお知り合いになったNさんが途中から参加
3人でオーディオ談義となった。

システム自体以前と同じだが部屋が広くなった分 音の出方に余裕があるというのだろうか?相変わらずの迫力のある音だが不快感もなくゆったり聴けた。
更にはスピーカー間での音の奥行きが増し深みも出来たような感じを受けた。

私はジャズのLP(モノ音源、オリジナルないしはそれに近いもの)を持参。NさんはクラッシックのCDを持参し それぞれを視聴、さらにはYさんの秘蔵の?アルバムなども聴かせていただき あっと言う間に夕方6時近くになってしまった。

オーディオは基準の無い趣味であると何度かこのブログでも話してきた。基準がない故 迷走し人のシステムを見ては悩んで(劣等感を持ち)落ち込んでいた時期もあった。
私はアナログに回帰してから音源に興味を持ち 録音されてから年数が経てば経つほど(再発の繰り返し、メディアの変化等で)元の音源と異なり別物になっていく事実もわかってきた。 ならば元の音源を最低限しらないと話にならないとオリジナルを意識するようになり それを知った上で機器やルームチューニング等下流方面へ展開していけばいいと考え それを実行しているつもりである。もっとも音源といってもオリジナルの音源を探す事は手間と費用も掛かってしまう、残念ながら機器やルームチューニングなどのオーディオファンが胆としている部分まで手が回らないのが実情である。

オリジナルを探すというのは本当の音を探す事であると思う。ただ本当の音をわかっても それが本物の音になるのかは その人次第であると思っている。
機器の調整、音への感度、音楽性の追及、色々な要素が組み合わさり本物の音になっていく。

残念ながら今の私は本当の音は何とか探せ再生できるかもしれないが それを本物の音にしていくにはまだまだ経験が足りないと Yさん宅の音を聴いて感じてしまった。

Yさん お忙しい所 本日はありがとうございました。そしてNさんも お疲れ様でした。

PS:「およげたいやき君」のEP盤 まさにアナログ盤ハイレゾですね(笑) 驚きました!


[PR]
by kurama66644 | 2014-08-03 21:53 | オーディオ | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧